外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

外構(エクステリア)工事で設計通りに作るための現場合わせとは

 

外構工事(エクステリア工事)に限らず、工事は「設計」から始まります。お客様と打ち合わせが終わり、外構のデザインや工事内容をまとめて、設計士が図面をひきます。その図面が「設計図」と呼ばれるものです。

 

設計図に書いてある内容は、コンクリートの厚みや鉄筋の配筋(鉄筋を並べること)位置、水勾配(水たまりにならないようにつける傾斜)などの細かい情報が記載されています。

 

現場で工事をする際、設計図を基に工事を行っていきます。例えば、ブロックを並べたりタイルを張ったりする作業やウッドデッキの基礎の高さ調整など、全ての作業が1mm単位で行われています。

 

しかし、現場の状況によって設計通りに工事を進めることができないことがあります。設計通りに工事を行うことができないということは、「現場合わせ」をしなければいけないということです。現場合わせとは、設計を無視して現場の判断で施工をすることを指します。

 

職人の長年の腕と経験で設計より良いものを作り出すことを望めます。現場合わせができるかできないかで、見た目も機能性もよい外構工事をできるかできないかが決まります。

 

 現場合わせをして見栄えのある外構を手に入れる
素人さんだけ限らず、現場監督さえも「設計」にこだわる人がいます。たしかに、工事を行うにあたって守らなければいけないルールは星の数ほど存在します。しかし、設計にこだわったばかりに「見た目が悪い外構」になってしまうことは少なくありません。以下に例を挙げます。

 

例えば、玄関アプローチ(敷地の入り口から玄関へ続く路)の工事をする際、必ず水勾配をつくることで水たまりができないようにしらなければいけません。

 

水勾配は建物から道路側へ作るのが基本です。水勾配は2%から3%以上必要と言われています。

 

しかし、ただ単に水勾配を作っても、必ずしも全ての水が流れていくわけではありません。水には「表面張力」という性質があります。表面張力によって、水はその場にとどまろうとするので、適切な水勾配を作っても水たまりはできやすいです。

 

たった2%でも、アプローチが10mあれば20cmも高低差を作らなければいけません。しかし、建物のある土地が道路とほぼ同じ高さだと、十分な水勾配を確保することができないことがあります。この場合、設計通りに工事を行うと、見た目が悪い外構になってしまう確率が高くなります。

なぜなら、水勾配を無理やり作ろうとして、建物側の地盤を盛り土(土を盛ること)にしてしまうと、不格好な外観になってしまうからです。

 

 設計にこだわりすぎると良いものはできない

私が職人を務めていたとき、何度も現場合わせを行う場面に遭遇したことがあります。今回の場合、十分な水勾配を作ることができないので、ドレン(水抜き)を設けたり、一部を砂利などにして地面へ直接浸透させたりしてもよいと思います。

 

頭の固い監督さんや職人さんは、どうにかして設計通りに工事を進めようとするのですが、これは大きな間違いです。

 

私が職人だったときは、「設計以上のものを作ることができるなら、現場に対応した最高のものを作れ」と教えられてきました。

 

つまり、設計がすべてではなく、見た目や機能性が良くなるのであれば、「自分のもてる技術を最大限に活かせ」との教えでした。

 

現場に対応したものづくりをするのは職人としての勤めであり、お施主さん(工事依頼主)への心配りであると思います。もし、設計通りに工事進めることができない場面に遭遇する機会があったら、職人さんに「最善の策」を尋ねてみてください。必ず対処法を教えてくれます。

 

設計通りに工事を行うことは非常に大切です。しかし、現場の状況によって見た目や機能性が粗悪なものになってしまうのであれば、「現場合わせ」を検討してみてください。満足のいく外構工事をするには、あなたの意見が必要です。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


外構(エクステリア)工事で設計通りに作るための現場合わせとは 関連ページ

外構工事業者の選び方:悪徳業者を選択枠から排除する方法
エクステリア工事を依頼した業者が倒産すると工事がストップする
外構(エクステリア)工事とは、お庭の造園工事のことである
外構(エクステリア)工事を行う前に必ず学ぶべき5つのこと
新築外構(エクステリア)工事で安い業者に依頼すると失敗する
安心して外構工事を依頼できる失敗しない外構業者の選び方
外構(エクステリア)工事は必ず各社に相見積もりを行うこと
おしゃれな外構工事(エクステリア工事)を行い隣家に差をつける
外構工事を行い、フェンスやブロック塀で目隠し設ける
新築外構工事を行う際、近隣の方に手土産をもって挨拶に行く
外構(エクステリア)工事の費用・価格で業者を選んではいけない
外構(エクステリア)のリフォームを行う際の業者選びの注意点
「外構専門業者」と「ホームセンター」と「住宅メーカー」の違い
新築や外構(エクステリア)の失敗は手抜き工事が9割以上
新築や外構(エクステリア)の失敗は基礎の手抜き工事が原因
外構(エクステリア)工事の費用を安くするたった一つの方法
あなたの外構(エクステリア)工事の見積りが高い理由
外構工事で工事費用を抑え、手抜き工事を未然に防ぐ成功法則
外構工事を行う理由を明確にしなければ、大きく損をする
外構(エクステリア)工事バリアフリーを検討する際の考え方
新築外構の予算は曖昧にせず50万・100万円と明確にする
新築外構の工期を依頼から完成・引き渡しまでの流れで把握する
新築外構工事のトラブルを未然に防ぐ方法:全て書面に残す