外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

ニンジンを甘く真っ直ぐ育てる方法:生命力を引き出す栽培法

 

ニンジンは初心者でも簡単に育てることができるため、家庭菜園を行っている方には人気の野菜の一つです。

 

また、ニンジンにはビタミンA(カロチン)やビタミンC、カリウム、カルシウム、食物繊維などを豊富に含むことも人気の一つといえます。中でも、ニンジンは「ビタミンA(カロチン)の王様」と呼ばれるほどカロチンを多く含む健康野菜です。

 

また、ニンジンは種から育てることができるため、たくさん育てた中から良いものを選別して栽培することができます。そのため、苗を買ってそれを育成するよりも、育て方次第でおいしいニンジンを作ることができる可能性があります。

 

 ニンジンの栽培時期
ニンジンを種から育てる場合、種まきのタイミングは2回あります。ニンジンは冷涼な気候を好むものの、生育可能な温度域が広いため、関東地方では2月中旬〜8月上旬まで種まきを行うことができます。これを、「春撒き」と「秋撒き」と大別することができます。

 

春撒きの場合、2月中旬〜5月中旬頃までに種を撒くことで、6月初旬〜7月下旬頃の間に収穫できます。

 

一方、秋撒きの場合、7月中旬〜9月中旬頃までに種まきを行えば、10月下旬〜年末年始ごろまで収穫し続けることができます。また、根は耐寒性もあるため、秋に全てのニンジンを取り切れなかったとしても、越冬しても収穫することができます。

 

ただ、家庭菜園の初心者には夏から始める栽培がお勧めです。夏以降から育てるニンジンは、春に比べると病害虫の被害が少ないからです。そのため、ニンジンを育てる際は、秋撒きをお勧めします。

 

このとき、土作りは必要ありません。ニンジンは、土中に栄養分が少ないほど深く根を伸ばして甘くなるからです。

 

逆に、栄養素を豊富に含んだ土の場合、根を張ることを止めてニンジン本体が養分を吸収しようとしてしまいます。その結果、真っ直ぐ一本のまま成長せずに、枝分かれしてしまいます。また、有機物(栄養素)が多いと表面のきめが粗くなり、病害虫に侵されやすくなるので注意が必要です。

 

 

ただし、栄養素の低い菜園で育てたからといって、必ずしも真っ直ぐ健康に育つわけではありません。実は、種の撒き方で出来上がるニンジンの品質はある程度決まってしまいます。

 

 種まきを慎重に行う

ニンジンは、葉と根の間にある「胚軸(はいじく)」と「根」が肥大したものです。

 

そのため、地上部の葉の健康状態を調整するよりも、地中の根を良く育てることに意識を集中させる必要があります。

 

実は、根の生育には発芽が大きな影響を与えるため、種まきを丁寧に行うことで、健康なニンジンを育てることが可能です。

 

まず、ニンジンの栽培に適した畝(うね:作物を育てるために土を盛り上げた場所)の作成から始めます。幅40cm、高さ10cm程度の畝が良いです。このとき、表面は平らにならしておきましょう。

 

また、ニンジンの種の発芽は土の湿り具合によって左右されるため、土の状況を確認してください。確認方法としては、土を団子状に握ってもボロボロと崩れてしまうような乾燥気味の土壌が好ましいです。

 

もし、湿り気が強い場合、数日置いてある程度乾燥させておくことをお勧めします。

次に、スコップなどで深さ3〜5cm程度の溝を作ります。このとき、種をすじ状に撒くため、畝の表面に一直線の溝を作成してください。また、畝を有効活用するために、2列の植える場所を確保すると良いです。2つの撒き溝の間隔は、15cm程度空けると良いです。

 

最後に、0.5〜1cmの間隔を空けてすじ状に種を撒きます。これにより、種同士がお互いに助け合うため、一粒ずつばらばらに撒くよりも発芽揃い(一斉に芽が出ること)が良くなる上に、根を地中深くまで伸ばすようになります。

 

 

種が撒き終わって土をかけるとき、埋め戻した後に足で踏みつけたりスコップなどで転圧(てんあつ:力を加えて締め固めること)したりするようにしましょう。種と土が密着するため、適度な湿度を保つことができるようになります。

 

ただし、土が粘土質のように粘り気がある場合、締め固める作業は必要ありません。転圧してしまうと、硬くなった地表から芽を出しにくくなってしまうからです。また、種をまいてすぐに雨が降る場合、土の表面をわらなどで覆い、地表が固くなるのを防ぐようにしてください。

 

これさえ守っていれば、ニンジンは一斉に発芽し始めます。このとき、周りのニンジンとの距離が近いため、養分を吸い上げようとして根を深く伸ばそうとします。それと同時に、根に栄養分を蓄えようとして甘みのあるニンジンが出来上がります。

 

ただ、そのまま成長させてしまうと栄養を求めて地中深く伸びようとし続けてしまうため、細いニンジンになってしまいます。これを防ぐために、間引きという作業を行います。

 

 間引きを行う
間引きとは、苗を密植させた状態から、少数の苗を残して残りを抜いてしまう作業のことを指します。要するに、作物同士の間隔を最適化するということです。間引きを行うことで、細長く伸びたニンジンを太くたくましく成長させることができます。

 

ただし、一気に間引きを行ってしまうと、養分取り合うライバルがいなくなってしまうため、栄養を多く吸い上げてしまう可能性があります。そこで、ニンジンは2回に分けて間引きします。

 

一回目は、草丈が4〜5cmのときに行います。ニンジン同士の間隔は、5〜6cm程度空けると良いです。

 

次に、二回目の間引きは根の太さが5mm前後のときに行いましょう。作物同士のピッチ(間隔)を10〜12cm前後にすれば、そのまま収穫できる大きさまで成長してくれます。

 

間引きを行うことで、形が真っ直ぐした甘みのあるニンジンを収穫できるようになります。

 

ただし、園芸センターなどで売られているコーティング種子やテープ種子は間引き作業は必要ありません。種を撒く段階で、10〜12cmの間隔を空けて置くようにしましょう。

 

このページで述べてきた通り、ニンジンはただ植えてはいけません。種まきの段階から丁寧に扱い、栄養素の少ない畑で上手に間引きながら育て上げてください。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


ニンジンを甘く真っ直ぐ育てる方法:生命力を引き出す栽培法 関連ページ

エクステリアの見栄えを華やかにするガーデニング:基礎知識
家庭菜園の基本:野菜の成長を促進させる畑の耕し方
肥料の効き目をコントロールする方法:家庭菜園の豆知識
土壌病害を防ぎ、畑の土質を改善させる方法:有機資材を活用
家庭菜園の野菜をアブラムシ・害虫から守るバンカープランツ
家庭菜園を行わない冬期は春に備えて栄養価の高い土壌を作る
ガーデニングや家庭菜園の基礎知識:肥料と堆肥の違い
ジャガイモを病害虫に強く育てる方法:家庭菜園の裏ワザ
茄子の収穫期間を延長させる方法:家庭菜園の裏ワザ
コンパニオンプランツを植えて、無農薬で家庭菜園を行う
キュウリの本来の栽培方法:地這い栽培
家庭菜園やガーデニングを楽しむには、良質な土が必要である
家庭菜園やガーデニングに適した土の見分け方:良い土の条件
サツマイモの形をコントロールする方法:家庭菜園の裏ワザ
サツマイモを甘く育てる「つる返し」とは:家庭菜園の裏ワザ
玉ねぎの収穫量を増やす方法:家庭菜園の裏ワザ
大根を甘く育てる方法:家庭菜園の裏ワザ
ホウレンソウを甘く育てる方法:家庭菜園の裏ワザ
DIYで簡単に花壇を作る方法:花壇用ブロックを活用する