外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

ご近所とのトラブルを未然に防ぐ外構(エクステリア)工事の方法

 

外構工事(エクステリア工事)を行う際、難しいのはデザインや機能性を追求することではありません。一番大変なのは、10年後、20年後も快適で過ごしやすいエクステリアを作ることです。しかし、大半の方はこれを知らないため、早ければ外構を施工した半年後には、何かしらのストレスを感じてしまいます。

 

そこで、見た目と使い勝手のどちらかに特化するのではなく、両方をバランスよく取り入れます。すると、毎日使用してもストレスを感じることが少なくなるため、半永久的に外構工事を行わずにすみます。

 

ただ、これらはあなた自身の問題であり、実は、周り近所のことも考えなければいけません。これをおろそかにして自分よがりの外構工事を行ってしまうと、必ずご近所とのトラブルに発展します。

 

ただし、周りの環境を考慮したエクステリアを作り出すことができれば、これらの問題は一瞬で解決します。

 

そこで、周り近所の住宅のことも考慮した外構工事のポイントを以下に詳しくまとめました。これを知らずにエクステリア工事を行ってしまうと、小さなトラブルからご近所付き合いがこじれ、ストレスの原因になる可能性があります。人と人の間に発生するトラブルが一番のストレスの原因だからです。

 

 お隣さんに迷惑をかけないエクステリア
都心部のような街並みに限らず、隣りの住宅との境界を仕切っているのは、フェンスや壁一枚のみです。そのため、少しでもお隣さんに迷惑をかけてしまうような外構作りをしてしまうと、トラブル発生の原因になります。

 

例えば、境界付近に植栽を植える場合、枝葉が隣りの敷地に入らないように植える必要があります。隣近所に住んでいる方の邪魔になるばかりではなく、落ち葉や折れた枝の飛散し、さらには害虫の問題があるからです。枝葉の広がる樹木は、境界から少し離して植えるようにしてください。

 

特に、季節ごとに葉を落とす落葉樹を植える場合は注意が必要です。少し離したとしても、風で葉が舞ってしまうため、境界付近には落葉樹を植えない方が無難です。

 

 

ただし、樹木は成長し続けるため、将来的に隣りの方に迷惑をかけてしまうような植物は植えないようにしましょう。植栽は色々な種類があるので、デザイン性と将来性の両方を考慮して植えるようにしてください。

 

 隣近所に許可をとる
周り近所のことを考えたエクステリアのプランを考えたとしても、都心部などの密接した空間では、限界があります。どの家も寄り添うように住宅が隣接しているからです。

 

そこで、どうしてもお隣さんに多少の迷惑をかけてしまう可能性がある場合、工事を行う前に許可を取るようにしてください。これを行うことで、トラブル発生を事前に防ぐことができます。

 

例えば、敷地の限られた都心部の庭に落葉樹を植えたい場合、事前にお隣さんへ一言挨拶しておく方が無難です。落ち葉が舞っても隣近所に迷惑がかからないとしても、これを行っておくかどうかで今後のトラブルを未然に防げる確率は大幅に上がります。

 

「わざわざ迷惑をかける前にお願いをするのはちょっと……」という方は多いです。ただ、ハッキリ言いますが、このような考えをする方は庭に落葉樹を植えない方が良いです。人として最低限のマナーを守れない方は、必ずトラブルを起こすからです。

 

そもそも、「葉っぱ一枚も隣近所に落とさない」というのは不可能です。あなたが最低限のマナーを守っているのが分かれば、故意に文句を言ってくるようなことはまずありません。もし、ご近所トラブルで不安なことがあるのであれば、エクステリア工事を行う前に外構専門業者(エクステリア業者)に相談しておきましょう。

 

このページで述べてきた通り、小さなことでもトラブルに発展する可能性があります。しかし、少し気を使って事前に対処しておけば全く問題ありません。大切なのは「最低限の常識」です。あなた自身のことを考えるのはもちろんのこと、近隣住民のことも考慮して外構プランを考えてください。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


ご近所とのトラブルを未然に防ぐ外構(エクステリア)工事の方法 関連ページ

防犯対策で門扉を付ける際の注意点:ストレスのない外構
外構(エクステリア)工事で目隠しフェンスや塀を設ける際の極意
洋風の庭を造る際の過ごしやすい外構(エクステリア)のポイント
エアコンの室外機の設置場所を考え近所トラブルを未然に防ぐ
エアコンを使用しないエクステリアのつくり方:電気代の節約
ストレスを感じない駐車場の造り方:暮らしやすい外構工事
火事から家を守るエクステリア工事:植栽で防火壁を造る
門周りや庭の工事を行う前は、イメージ作りと情報収集を行う
優良な外構専門業者を選別する方法:打ち合わせのポイント
エクステリア工事完了後の引き渡しとメンテナンスの手順
エクステリア工事を行う前に心得ておくべき工事の流れ
外構工事で失敗する前に知っておきたい困りごとベスト5
庭に植えた植栽がストレスを緩和し、健康を保つ:外構工事
夜に外でパーティーをしても、虫や蚊寄り付かない庭の造り方
多くの方が悩む猫の糞や尿で困らないエクステリアを作る方法
敷地内や家の前にある、邪魔な電柱や支線を移動させる方法
バリアフリーを意識した外構工事を行う際の注意点
庭の除雪作業の労力を最小に抑える方法:ロードヒーティング
庭造りのプランを数回に分け、長期的な外構工事を行う
水勾配をとれない場所で排水性を向上させる方法:外構工事