外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

肥料の効き目をコントロールする方法:家庭菜園の豆知識

 

おいしい野菜を作るためには、水やりをしたり草刈をしたりするだけでは不十分です。こまめに施肥(せひ:肥料をまくこと)を行い、植物に栄養を与える必要があります。

 

ただし、肥料はただ撒けばよいというわけではありません。間違った方法で堆肥を混ぜてしまうと、枯らしてしまう可能性があります。

 

しかし、多くの方は施肥の方法を知らないため、適当に肥料を与えてしまいます。

 

そこでページでは、肥料の正しい施し方を紹介します。実は、施肥をきちんとした方法で行うことで、堆肥の効き目をコントロールすることができます。

 

 有機質肥料と微生物の関係性
家庭菜園で主に使用される肥料では、「有機質肥料」が一般的です。

 

ただ、有機物の堆肥は微生物によって分解されることで、野菜類はようやくその栄養を吸収することができます。そのため、微生物が活発に活動する環境を作る必要があります。

 

肥料の栄養を根から養分として吸収するためには、有機物を分解させる必要があります。これを助けるために、土中にいる微生物を活用します。微生物は、「酸素濃度が濃い場所」に繁殖し、自らも酸素を産生します。また、微生物は「有機物が多いほど活発に繁殖」する性質があります。

 

逆に、酸素や有機物が少ない場所では、微生物の活動は穏やかになります。

 

そのため、微生物の活動をコントロールできれば、有機物の分解スピードを早めたり遅くしたりできます。つまり、「肥料の効き目を調整できる」ということです。

 

 堆肥の与え方
施肥には、「元肥(もとごえ:野菜を植える前に施す肥料)」と「追肥(ついひ:後から堆肥を与えること)」の2種類が存在します。

 

このとき、先ほど説明した微生物の性質を利用すれば、効率よく栄養を吸収させることが可能になります。

 

・元肥
元肥を行う際、持続してその肥効(ひこう:肥料が作物の生育に与える効果)を発揮させる必要があります。そのためには、有機物の分解スピードがゆっくりになるように、施肥を行います。

 

方法としては、「10〜15cm程度の深さで層状に肥料を撒く手法」、あるいは「肥料を土に混ぜ合わせて使用する手段」があります。

 

層状に施肥を行う理由は、地中深くの酸素量が少ないため、微生物の活動が穏やかになるからです。すると、有機物の分解スピードもゆっくりになるので、少量の栄養を継続的に野菜に供給できます。

 

施肥の方法は、地表から15〜18cm付近をスコップや鍬(くわ)などで粗く耕した後、野菜を植える場所に穴を掘ります。次に、肥料を1〜3cm程度の層状に施して埋め戻します。そして、堆肥と土が混ざらないように、地上から10cm付近までを細かく耕せば完成です。

 

 

一方、肥料を土と混和させる場合、有機物が固まって存在するわけではなくなるため、微生物が繁殖しづらくなります。その結果、微生物同士が共同して活動できなくなります。そのため、ゆっくりと分解されていき、継続的に野菜に栄養素を与えることができます。

 

また、前述の通り、地中は酸素が少ないこともあり、有機物の分解スピードは上がらず、有機物は時間をかけて分解されていきます。

 

堆肥を与える方法は、先ほどと同じよう、まずは地表から15〜18cm付近をスコップや鍬で耕します。そして、土壌の表面に肥料を散布して、良く混ざるように地表から10cm付近までを細かく耕せば良いです。

 

このどちらかを行うことで、有機物はゆっくりと分解されていくため、持続して野菜に栄養を与え続けることができます。

継続的な肥効が期待できるため、種から成長していくまでの過程の手助けになり、健康的に育てることができます。

 

・追肥
元肥として与えられた肥料の栄養素は、野菜が成長する過程で吸収してしまうため、徐々に減少していきます。また、雨や水やりなどで肥料が流れることもあるため、追肥作業も重要です。

 

野菜は地上に出ている部分が大きくなると、根も広がっていきます。それと同時に、養分を吸い上げる能力が向上していくため、肥料を良く吸収できるようになります。

 

そのため、追肥を行う際は、肥効を最大限に発揮させる必要があります。

 

ただ、多くの方は「根の近くに肥料を与えれば良い」と考えているため、穴を掘って根の位置にたくさん追肥する傾向があります。実は、これは大きな勘違いです。

何度も説明している通り、有機性肥料は微生物によって分解されなければ栄養を吸収できません。

 

正しい追肥の方法は、野菜の根元付近の土壌表面に「筋状」あるいは「かたまり」にして肥料を埋め込みます。これにより、酸素が豊富に存在する地表では、微生物の働きが活発になります。そして、分解された有機質肥料は速やかに地中の根が吸収するようになります。

 

 

このとき、肥料を湿らせておくと分解速度が加速します。そのため、水を撒いたり堆肥の上に軽く土を被せたりして置くと良いです。

 

ただ、追肥は野菜の種類やその育ち具合などでも大きく変わるため、それぞれにあった肥料を必要な分だけ与えてください。

 

このページで紹介した方法で施肥を行うことで、成長スピードや野菜の大きさが変わってきます。もちろん、たくさんの栄養を吸収することで野菜のうまみも増します。こまめに堆肥を与えて、満足度の高い家庭菜園を行ってください。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


肥料の効き目をコントロールする方法:家庭菜園の豆知識 関連ページ

エクステリアの見栄えを華やかにするガーデニング:基礎知識
家庭菜園の基本:野菜の成長を促進させる畑の耕し方
土壌病害を防ぎ、畑の土質を改善させる方法:有機資材を活用
家庭菜園の野菜をアブラムシ・害虫から守るバンカープランツ
家庭菜園を行わない冬期は春に備えて栄養価の高い土壌を作る
ガーデニングや家庭菜園の基礎知識:肥料と堆肥の違い
ジャガイモを病害虫に強く育てる方法:家庭菜園の裏ワザ
茄子の収穫期間を延長させる方法:家庭菜園の裏ワザ
コンパニオンプランツを植えて、無農薬で家庭菜園を行う
キュウリの本来の栽培方法:地這い栽培
家庭菜園やガーデニングを楽しむには、良質な土が必要である
家庭菜園やガーデニングに適した土の見分け方:良い土の条件
サツマイモの形をコントロールする方法:家庭菜園の裏ワザ
サツマイモを甘く育てる「つる返し」とは:家庭菜園の裏ワザ
玉ねぎの収穫量を増やす方法:家庭菜園の裏ワザ
大根を甘く育てる方法:家庭菜園の裏ワザ
ニンジンを甘く真っ直ぐ育てる方法:生命力を引き出す栽培法
ホウレンソウを甘く育てる方法:家庭菜園の裏ワザ
DIYで簡単に花壇を作る方法:花壇用ブロックを活用する