外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

外構(エクステリア)工事バリアフリーを検討する際の考え方

 

外構工事(エクステリア工事)を行う際、長期的に考えることが大切です。外構工事は一生で何度も行うものではないため、慎重に計画しなければいけません。しかし、ほとんどの人は外構専門業者に知り合いがいないため、どの業者に工事を依頼すれば良いかわからないのが現実です。

 

外構工事は、安価な工事でも数十万円以上します。誰しもが、「高額な費用をかけて行う工事では失敗したくない」と思うはずです。

 

そこで、工事を行う前に「外構のイメージを長期的に考える」必要があります。そもそも、外構は建物と同様に、一生涯付き合っていくものです。また、駐車場やアプローチ(敷地の入り口から玄関までの路)は毎日利用するものです。そのため、10年後以降も変わらずに利用できるような、長期的なイメージが重要です。

 

特に、外構工事では「家族構成」について考えなければいけません。外構を利用するのは、家族全員です。家族一人一人のことを考えた外構にしましょう。この考え方さえ押さえておけば、数十年後もお気に入りの外構になるでしょう。

 

 外構(エクステリア)工事バリアフリーを検討する際の考え方

まず、家族構成について十分に検討する必要があります。例えば、「小さなお子様がいる場合」と「小さなお子様がいない場合」です。お子様のことを考慮して外構を検討することは大切です。

 

しかし、子供のことばかりを気にして、小さな頃しか利用できないアスレチックなどを設けてしまい、「何もせずに長期間放置した」という状況の方もいます。

 

このようなことが起きないために、外構工事を行う際は、目先のことばかりを考えてはいけません。前述の通り、10年後以降まで考えた長期的なイメージが大切です。数年後も見栄えがあり利用しやすい外構を目指さなければいけません。

 

また、一緒に住んでいるご家族の中にご年配の方がいる場合も、注意が必要です。外構工事のプランを立てるとき、ご年配の方の意見をとりいれなければ、扱いづらいものになってしまいます。中でも、足の悪いお年寄りがいる場合、歩きやすい外構にしなければいけません。

 

例えば、シンプルモダンな外構を望んでいたとき、外構専門業者(エクステリア業者)に「シンプルモダンな外構を希望している」ことだけでなく、「お年寄りも歩きやすい外構にして欲しい」ことも伝えなければいけません。

 

特に、アプローチ(敷地の入り口から玄関までの路)は頻繁に利用する外構です。車椅子でも利用できるように、バリアフリーにする方も増えています。その際は、事前に業者へ相談してみましょう。

 

これらを事前に知らせておく理由としては、工事が始まってしまうと、変更が難しくなるからです。

 

例えば、インターロッキング(ブロックとブロックを交互に並べたもの)を使用した工事と、コンクリートを利用した工事では、工程や値段が大きく異なります。

 

工事を途中で変更する場合、工事変更の費用がかさんでしまいます。初めからきちんと工事のプランを組み立てておけば、このような無駄なお金が出ていくこともありません。

 

外構工事の費用を抑えるためにも、工事をスムーズに終わらせることは鉄則です。こまめにチェックすれば、外構工事で損する確率が大幅に下がります。

 

 生活スタイルに関して

次に、洗濯物を庭に干す場合、洗濯場を確保しなければいけません。見栄えばかりを意識して外構プランを考えると、使いづらい外構になりかねません。

 

例えば、洗濯場はアプローチと同様、毎日利用する場所です。先に述べたように見栄えばかりを気にして外構作りをしてしまうと、非常に使いづらいものができてしまい、ストレスの原因になりかねません。

 

この場合、業者とヒアリングを行う際に、「毎日利用する場所は、どのようにしたら機能性豊かな上に見た目が良い外構になりますか?」と尋ねてみましょう。これを行うことで、あなたの生活スタイルを考慮したプランニングができます。

 

駐車場なども同様であり、毎日利用する場所は特に注意が必要です。雨の日でも歩きやすい外構にするため、素材にこだわる必要があります。ここで適当に決めてしまって雨の日に転びやすくなってしまうと、誰かが怪我をして嫌な気分になることがあります。

 

このようなことを避けるためにも、外構工事プランを積極的に考えることが、とても重要なことだと分かります。業者のヒアリング(相談)を受ける際は、家族構成と生活スタイルの両方を考慮してください。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


外構(エクステリア)工事バリアフリーを検討する際の考え方 関連ページ

外構工事業者の選び方:悪徳業者を選択枠から排除する方法
エクステリア工事を依頼した業者が倒産すると工事がストップする
外構(エクステリア)工事とは、お庭の造園工事のことである
外構(エクステリア)工事を行う前に必ず学ぶべき5つのこと
新築外構(エクステリア)工事で安い業者に依頼すると失敗する
安心して外構工事を依頼できる失敗しない外構業者の選び方
外構(エクステリア)工事は必ず各社に相見積もりを行うこと
おしゃれな外構工事(エクステリア工事)を行い隣家に差をつける
外構工事を行い、フェンスやブロック塀で目隠し設ける
新築外構工事を行う際、近隣の方に手土産をもって挨拶に行く
外構(エクステリア)工事の費用・価格で業者を選んではいけない
外構(エクステリア)のリフォームを行う際の業者選びの注意点
「外構専門業者」と「ホームセンター」と「住宅メーカー」の違い
外構(エクステリア)工事で設計通りに作るための現場合わせとは
新築や外構(エクステリア)の失敗は手抜き工事が9割以上
新築や外構(エクステリア)の失敗は基礎の手抜き工事が原因
外構(エクステリア)工事の費用を安くするたった一つの方法
あなたの外構(エクステリア)工事の見積りが高い理由
外構工事で工事費用を抑え、手抜き工事を未然に防ぐ成功法則
外構工事を行う理由を明確にしなければ、大きく損をする
新築外構の予算は曖昧にせず50万・100万円と明確にする
新築外構の工期を依頼から完成・引き渡しまでの流れで把握する
新築外構工事のトラブルを未然に防ぐ方法:全て書面に残す