外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

大阪市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点

 

大阪市で外構工事(エクステリア工事)を行う場合、値段やデザインばかりを気にして工事内容を決めてはいけません。機能性も考慮してプランニングしなければ、過ごしづらい庭になってしまうからです。

 

また、日本は都道府県ごとに気候が異なるため、エクステリアの見栄えが同じでも快適性は違ってきます。そのため、一年を通して過ごしやすい庭を作るには、あなたの住んでいる地域の気候に適したエクステリア工事を行う必要があります。

 

特に大阪市の場合、冬は比較的過ごしやすいのですが、夏季は蒸し暑く熱帯夜が続くため、対策をしておくことをお勧めします。

 

そこでこのページでは、真夏の大阪市でも快適に生活できる外構工事の方法を紹介します。

 

 大阪市の特徴
大阪府は府内全域が瀬戸内海式気候に属しており、大阪市も同様の気候を示します。冬期は降雪日数が東京より多いものの、雪が積もることが非常に少ないという特徴があります。そのため、年間を通して気候が安定しています。

 

ただ、夏は非常に蒸し暑く、都心部の大阪市ではヒートアイランド現象(都市部の気温がその周辺の郊外部に比べて高温を示すこと)が起こります。

 

昼間に熱せられた土地が冷え切らないため、夜間の平均気温が25℃以上の熱帯夜になることが多く問題となっています。7月から8月にかけて、実に一ヶ月以上は平年でも熱帯夜が続きます。

 

そのため、大阪府でエクステリア工事を行う場合、真夏でも快適に生活できる庭造りを行う必要があります。

 

例えば、右の写真のように、オーニング(折り畳み可能なひさし)を設けるだけでも良いです。夏の強烈な日差しを遮ることができるため、敷地内の温度が上昇するのを防げます。

 

また、冬は折りたたむことによって日光を取り入れることもできるので、一石二鳥です。

 

ただ、庭全体を覆うことができるわけではないので、日陰にできる場所と日が当たる場所が出てきます。

 

そのため、暑さが厳しい日は、夕方に打ち水(水をまくこと)を行うと良いです。水をかけることによって表面の温度を下げるのと同時に、気化熱によって暑くなった場所の熱を取り除いてくれます。そうすることで、涼しさを肌で感じることができます。

 

他には、風通しを確保しておくことをお勧めします。風は自然に発生するため、自動的に敷地内の気温を下げてくれます。また、空気がこもらなくなることで、蒸し暑さを緩和できます。

 

なお、通気性を確保するときは、できるだけ風を遮る障害物を置かないようにするだけです。

 

ただ、建物を囲う塀や植栽がないと不審者が安易に侵入できてしまいます。そのため、囲いの一部に植栽や風通しの良いフェンスなどを採用するようにしましょう。

 

 

このページで述べてきたように、外構工事のプランは機能性を考慮して決めるようにしましょう。実際に使うときのことを考えた上で、値段やデザインを吟味してください。

 

当サイトの大阪市での対応エリア

大阪市(都島区、福島区、此花区、西区、港区、大正区、天王寺区、浪速区、西淀川区、東淀川区、東成区、生野区、旭区、城東区、阿倍野区、住吉区、東住吉区、西成区、淀川区、鶴見区、住之江区、平野区、北区、中央区)

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


大阪市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点 関連ページ

北海道での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
札幌市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
青森県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
岩手県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
秋田県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
山形県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
宮城県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
仙台市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
福島県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
東京都での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
埼玉県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
さいたま市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
千葉県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
千葉市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
神奈川県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
横浜市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
川崎市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
相模原市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
茨城県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
栃木県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
群馬県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
新潟県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
新潟市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
富山県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
石川県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
福井県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
山梨県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
長野県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
岐阜県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
静岡県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
静岡市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
浜松市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
愛知県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
名古屋市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
大阪府での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
堺市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
京都府での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
京都市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
奈良県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
和歌山県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
三重県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
滋賀県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
兵庫県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
神戸市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
岡山県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
岡山市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
広島県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
広島市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
山口県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
鳥取県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
島根県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
香川県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
徳島県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
高知県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
愛媛県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
福岡県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
福岡市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
北九州市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
佐賀県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
長崎県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
熊本県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
熊本市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
大分県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
宮崎県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
鹿児島県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
沖縄県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点