外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

福岡市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点

 

福岡市で外構工事(エクステリア工事)を行う際、値段やデザインばかりを気にして工事内容を決めてはいけません。機能性も考慮してプランニングしなければ、使いづらい庭になってしまうからです。

 

しかし、大半の方は見栄えばかりを気にしてしまうため、雑誌やインターネットで紹介されている庭を参考にしてしまいます。その結果、使用しない場所にお金をかけてしまい、後悔する方は多いです。

 

実際に使うときのことを考慮せずにウッドデッキやテラスを設けてしまうと、半年後には物置状態になっている方がほとんどです。

 

このようなリスクを避けるためには、外構プランを決める際に「本当に必要なのか?」「実用性があるのか?」などをしっかり考える必要があります。

 

また、日本は都道府県ごとに気候が異なるため、あなたが住んでいる地域に適したエクステリア工事は必須です。四季がある日本で快適に生活するためには、過ごしやすさを第一に考えなければいけないからです。

 

そこでこのページでは、福岡市の特徴に適した外構工事の方法を紹介します。これを学ぶことで、機能性の高いエクステリアを見栄え良く作り上げることができます。

 

 福岡市の特徴
福岡県は日本海に面してますが、気候は太平洋側気候に属しています。そのため、冬期は晴天が多く乾燥して、夏は高温多湿になるという特徴があります。

 

冬の場合、東京都よりも平均気温が高いこともあり、比較的温暖で過ごしやすいです。そのため、雪が降ることは珍しく、積もることはほとんどありません。ただし、早良区南部や山間部では積雪があります。

 

一方、夏は昼夜を問わずに暑さが大変厳しいです。また、近年ではヒートアイランド現象(都市部の気温がその周辺の郊外部に比べて高温を示すこと)が起こるため、昼間に熱せられた地面が冷え切らずに熱帯夜になることが多いです。また、市街地が博多湾に面していることもあり、湿った海風が入りやすく湿度が高いです。

 

そのため、福岡市でエクステリア工事を行う際は、暑さの厳しい夏季でも快適に生活できる庭造りを行う必要があります。

 

そこで、湿度の高い空気が敷地内にこもると暑苦しいため、風通しの良い造りの庭にすると良いです。

 

例えば、敷地の周りを塀やフェンスで囲う場合、風が抜ける構造にすると良いです。外部と内部を完全に遮断するのではなく、その一部を植栽や可動式の門などにして、風の通り道を確保してあげましょう。

 

 

そうすることで、自然に風が入れ替わるため、蒸し暑さを緩和できます。このとき、庭に打ち水(水をまくこと)を行うと、体感温度はさらに涼しくなります。

 

エクステリア工事を行う際は、「実際に使用したときのこと」を考慮して工事内容を決めるようにしましょう。使い勝手まで考えることさえできれば、機能性の高い庭を見栄え良く造り上げることができます。

 

当サイトの福岡市での対応エリア

福岡市(東区、博多区、中央区、南区、西区、城南区、早良区)

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


福岡市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点 関連ページ

北海道での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
札幌市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
青森県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
岩手県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
秋田県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
山形県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
宮城県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
仙台市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
福島県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
東京都での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
埼玉県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
さいたま市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
千葉県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
千葉市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
神奈川県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
横浜市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
川崎市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
相模原市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
茨城県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
栃木県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
群馬県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
新潟県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
新潟市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
富山県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
石川県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
福井県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
山梨県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
長野県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
岐阜県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
静岡県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
静岡市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
浜松市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
愛知県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
名古屋市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
大阪府での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
大阪市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
堺市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
京都府での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
京都市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
奈良県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
和歌山県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
三重県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
滋賀県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
兵庫県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
神戸市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
岡山県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
岡山市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
広島県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
広島市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
山口県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
鳥取県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
島根県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
香川県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
徳島県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
高知県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
愛媛県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
福岡県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
北九州市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
佐賀県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
長崎県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
熊本県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
熊本市での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
大分県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
宮崎県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
鹿児島県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点
沖縄県での外構工事(エクステリア工事)の特徴と注意点