ブロック塀にモルタルを塗る方法:DIYで外構工事を行う

ブロック塀

外構工事(エクステリア工事)は、専門家に依頼すると砂利を敷くだけの小規模な工事でも数万円以上の費用が必要になります。材料費がかかるのはもちろんのこと、職人の人件費も加算されているからです。

そのため、全てを外構専門業者(エクステリア業者)に任せてしまうのではなく、あなた自身で行える作業は率先して行うと良いです。

そのこともあり、近年ではDIY(でぃーあいわい:業者に依頼せずに自ら施工すること)を行う家庭が多くなってきました。本来であれば高額なエクステリア工事を、材料代だけで行うことができるため、最小の費用で見栄えの良い庭を造り出すことができるからです。

例えば、ブロックで作られた塀や門扉は時間の経過と共に汚れたり風化したりしていきます。

そこで、DIYでブロックにモルタル(セメントと砂、水を混ぜ合わせたもの)を塗ると良いです。これがコーティングになり、耐久性を高めることができます。

また、モルタルは色や柄をつけることができるため、建物の印象を大きく変えられます。

ただ、「素人がモルタルを塗るのは難しいのでは?」と考える人は多いです。しかし、ブロック塀は平面なため、施工方法さえ分かっていれば比較的簡単にDIY可能です。

当サイトでは、外構工事を行う上で必要となる500ページ以上のお役立ち情報を無料で全公開しています。

ブロック塀にモルタルを塗るメリット

ブロック塀は擁壁(ようへき:コンクリートの壁)に比べて施工費用が安価なため、塀や目隠しとして多くの場所で採用されています。

ただ、従来のCB(コンクリートブロック)は柄や色が統一されているため、どこか味気ないです。

特に、古くなったブロック塀は黒ずんでしまうため、時間の経過と共に見栄えを損なっていきます。

だからといって、取り壊して新しく化粧ブロック(色や柄のついたCB)のような洒落た材料で作り直すには大きな費用が必要です。

そこで、ブロックをモルタルで塗り直せば、見栄えはもちろんのこと、耐久性も向上するため一石二鳥です。低予算で庭の印象を大きく変えたい場合はお勧めです。

また、モルタルを塗れば割れやヒビなども補修することができるため、耐水性も向上します。

もし、「塗料でブロック塀を塗りたい」と考えている場合、コンクリートブロックに直接塗装してしまうとどうしても目地が目立ってしまいます。しかし、下地にモルタルを塗ることで表面が平坦になるため、塗り替えを行った際の仕上がりが良くなります。

ブロック塀にモルタルを塗る方法

モルタル塗りに必要な道具は、「セメント」と「コテ(モルタルを撫でる道具)」、「コテ板(練り上げたモルタルを持ち運ぶ道具)」があれば良いです。

これらの材料は、ホームセンターやインターネットで手に入れることができます。

もし、どれを使用すれば良いか分からない場合、店員に相談すれば必要な材料を揃えてくれます。

施工方法はまず、モルタルを塗る予定のブロック表面を水洗いします。苔や砂などのゴミが付着している場合、モルタルの定着が悪くなるからです。また、濡れている間にモルタルを塗り込むことで、接着力が増します。

このとき、汚れてはいけない場所は養生(ようじょう:ビニールや新聞紙、マスキングテープなどで覆うこと)しておくようにしましょう。

次に、練ったモルタルを塗り上げていきます。塗る順番は、右利きの方であれば左上から始めて左から右へ、左利きの方であれば右上から開始して右から左へ施工します。

このとき、下から上へモルタルを塗っていくときれいに仕上がります。また、コテの進む方向を少し浮かし気味にして作業を進めれば、見栄え良く表面をならすことができます。

高さがある場合、一度で塗り上げようとすると仕上がりが悪くなってしまうため、上下半分ずつ施工すると良いです。このとき、下を塗装する際の順番は、上を塗ったときと同じように進んでいくようにしましょう。

全体を塗り終えたら、「周囲 → 全体 → 周囲」の手順で撫でていきます。そうすることで、コテの跡が残りづらくなり、見栄え良く仕上がります。

注意点としては、一点を集中して撫でるのではなく、上下左右に大きくコテを動かすようにしましょう。硬化する前のモルタルは柔らかいため、コテの後が残ってしまうからです。

このとき、コテの角度は初めにモルタルを塗るときのように浮かさず、全体の面を使って仕上げていきます。

あとは、コテの跡がなくなるまで撫でれば完成です。ただし、モルタルが完全に乾燥するには3週間前後の時間が必要です。そのため、施工直後は触ったり人が近づいたりしないように、バリケードを置くなどして対処しておきましょう。

また、モルタルを塗った後に塗装を考えている人も同じように、乾くまで待ってから塗料を塗ると良いです。

ただ、塀や門扉は敷地の入り口に位置する場所であるため、「建物の顔」といえます。そのため、「見栄えの良い外観にしたい」と考えているのであれば、外構専門業者(エクステリア業者)に施工してもらうことをお勧めします。素人が行うDIYでは、プロの品質には遠く及ばないからです。

また、ブロック塀は法規を守った上で正しい施工されたで作られたもので耐用年数(寿命)は30年程度といわれています。

そのため、ブロック塀の状態に応じてモルタルを塗るかどうかを判断してください。

表面をきれいにしたところで、ブロック塀の強度が無くなっている場合、地震や外部からの力(寄り掛かったり風が吹いたりすること)が加わったときに倒壊してしまう恐れがあるからです。

DIYを行う際は、いきなり大きな工事から始めずに、小さな作業から挑戦するようにしましょう。

>>この記事に興味がある方には、以下の3つの記事もお勧めです。

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します

疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子

電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています

お客様インタビュー


ご利用者様の声