ブロックで作られた塀や門扉の塗装方法:DIYの外構工事

DIY塗装

外構工事(エクステリア工事)は、引き渡し(工事が完了すること)の日が来たら終わりではありません。構造物は時間の経過と共に少しずつ劣化していくため、十年先も同じ見栄えの外観を保つために定期的なメンテナンスが必要だからです。

手入れを怠ってしまうと、次第に見栄えは失われていきます。最悪の場合、ものによっては壊れてしまう可能性があります。

例えば、ブロック塀はメンテナンスを行わなければ倒壊しやすくなってしまいます。

紫外線や雨水で表面のセメントが侵食していき、中に入っている骨組みの鉄筋が錆びて強度を失ってしまうからです。

ただ、エクステリア全般の手入れを外構専門業者(エクステリア業者)に依頼してしまうと、ランニングコストがかさみ、家計を圧迫する原因になりかねません。

そこで、自分自身でメンテナンスできる場所はDIY(でぃーあいわい:業者に依頼せずに自ら施工すること)すると良いです。自分で手入れできれば施工費用は材料代だけですみます。

例えば、ブロックで作られた塀や門扉を作り直すことはできなくても、塗装なら素人でもできます。

ただ、きちんとした手順で塗らなければ仕上がりが悪いだけでなく、塗料がはがれやすくなってしまいます。

そこでこのページでは、ブロック製の塀や門扉の塗装方法を紹介します。これを学ぶことで、CB(コンクリートブロック)の塗り方が分かります。

ブロック製の構造物を塗装する方法

ブロックを塗り上げる際、そのまま色を塗ってしまうと目地が目立ってしまいます。すると、いかにも「ブロックを塗装しました」という雰囲気になってしまいます。

そこで、ブロックに塗料を塗る前にモルタル(セメントと砂を混ぜ合わせたもの)を塗って表面を平坦にしておくと良いです。

すると、塗装する表面が平らになる上に、割れやヒビなどの補修も同時に行うことができます。

そのため、なにもしないよりも塗装した際の仕上がりがきれいになります。

※コンクリートブロック製の構造物にモルタルを塗る方法については、「ブロック塀にモルタルを塗る方法:DIYで外構工事を行う」で詳しく述べています。

モルタルが塗り終わったら、次に塗装を行います。このとき、汚れてはいけない場所は養生(ようじょう:ビニールや新聞紙、マスキングテープなどで覆うこと)しておくようにしましょう。この作業はとても重要であり、これをきちんと行うかどうかで仕上がりの良し悪しが決まります。

ただし、養生が終わって塗装作業に移る際、いきなり塗料を塗ってはいけません。シーラー(下塗り塗料:中・上塗りの密着性を良くするために、塗装面を整えるための材料)を散布して下地処理をしておかなければ、ペンキのノリが悪くてはがれてしまう可能性があるからです。

また、塗り上げた表面にツヤを出したい場合、下塗り材を使用しないと塗料の水分がブロックに吸われてしまいます。すると、塗料のツヤが出なくなってしまい、見栄えを損なってしまいます。

シーラーの種類は、ホームセンターへ行けば手に入るため、それを使用すればよいです。もし、どれを使用すればよいか分からない場合、店員に聞いてみるようにしましょう。

また、色の塗料の選び方が分からない場合、同じように店員に相談しておくことをお勧めします。中には、下地処理を必要としないものがあるため、用途に応じに材料を選ぶようにしましょう。

なお、シーラーや色の材料を塗る際は、すじかい刷毛やローラーを使用すると良いです。これらに関しても、ホームセンターで全て手に入ります。

ただ、塗料を塗るとき、端から塗りつぶしてはいけません。一度で仕上げようとしてしまうと、仕上がりが汚くなる上に作業効率が悪くなってしまうからです。

塗装する際は、塀の上下と両端をすじかい刷毛で塗っておくと良いです。細かい場所を先行しておくことで、残りを一度に塗り上げることができます。

ただし、塀の面積が大きい場合、先に塗った塗料が乾いてしまう可能性があります。その場合、塗りにくい場所を専攻して、その都度少しずつ仕上げていく手法を採用しましょう。状況を判断して、一番良い方法を選択してください。

ローラーの使い方は、掃除で使用するコロコロと同じような動きで使用します。ローラーの部分に塗料を付けて、それを壁に塗り拡げていきます。このとき、一度では材料が細部まで回らないため、重ね塗りするように意識してください。

ただし、ローラーに材料を付け過ぎてしまうと、垂れたりローラーの跡が残ったりしてしまいます。そのため、ひとまずはネタ(塗料)をおおまかに配り、それが乾かないうちにローラーで塗り拡げれば、村がない上に筋も残さずに施工することができます。

また、ローラーは軽く力をいれなければ塗料が細部に行き渡りません。そのため、押し付けるようにして塗り上げるようにしましょう。

ただし、力強く押し当ててはいけません。ローラーがすぐにボロボロになってしまうからです。その場合、「凹凸が激しいところを塗る用」のローラーを使うと良いです。

また、ローラーの跡を消すのは難しいため、塗装の継ぎ目を人の目線の高さからずらすように塗ってください。一見塗料のつなぎ目が分からなくても、光の加減で筋がくっきり見えてしまい、見栄えを大きく損ねてしまう可能性があるからです。

これらのことを意識して塗り上げることで、素人でも簡単にDIY塗装を行うことができます。
ただし、塀や門扉は訪れた人が必ず目にする場所です。家の顔ともいえる場所なので、DIY塗装を行う際は慎重に作業するようにしましょう。

もし、「見栄え良く施工できるか不安」と思うのであれば、無理をせずに専門家に依頼した方が無難です。

エクステリア業者に任せなくてもできる作業は自分自身で行い、庭の見栄えを維持するために必要なランニングコストを極力抑えるように努力してください。

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します

疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子

電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています

お客様インタビュー


ご利用者様の声