外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

外構工事で植えた植栽の手入れ方法

 

外構工事(エクステリア工事)を行う方の中でも、大半のお宅は植栽を植える外構を選びます。草木には生命感が溢れ、庭に植えておくだけで温かみのある外観になります。また。シンボルツリーやガーデニングといったように、気軽に植栽を楽しむこともできるようになりました。

 

近年では、手入れ不要の植栽も人気なので、特別な知識が無くても誰でも植栽を楽しむことができます。

 

しかし、本格的に植栽を楽しむ外構をプランニングすると、植栽に関する知識が必要になります。植物は生きているため、変化や草木の病気について無知でいると、簡単に枯れてしまいます。植栽は、適切な処置を行い育てていくことで成長していきます。

 

庭の手入れを行ってくれる造園業者へ依頼すれば、定期的に植栽の手入れを行ってくれます。一回のみから年間契約まであるため、予算に合わせて手入れをお願いできます。植栽の専門家が行う手入れを行えば、いつまでも美しい外観を保つことができます。

 

ただし、庭の手入れに毎月の維持費がかかってしまうと、家計を圧迫する原因になる可能性があります。

 

そこで、あなた自身で簡単に行うことができる3つの方法を紹介します。自分で庭の手入れを行い、メンテナンス費用を浮かせましょう。

 

 その1:季節ごとの水の与え方
草木である植栽は、水やりを怠ってはいけません。新しく植えた植栽は、新しい根を張るまでが一番大切と言われています。どんなに値段の高い植栽を植えても、枯らしてしまっては元も子もありません。

 

植栽を枯らさためにも、植えてから2週間前後は毎日水やりを行いましょう。新しい若葉がちらほら表れ始めたら根付いた合図になります。その合図が出た後は、2日に1回朝か夕方に水やりを行ってください。

 

なお、水やりを行う際は葉にかけないようにしてください。根元にやさしく水をかけ、土に浸透するのを確認しましょう。

 

また、季節によって水のやり方を考えてください。夏は土が乾きやすくなるため、できるだけ毎日水を与えるようにしてください。ただ、忙しくて毎日水をあげることができない方もいるはずです。そのような方は、一日おきでも大丈夫です。可能な限りこまめに水やりを行ってください。

 

一方、冬場は水を与えすぎないように気を付けてください。なるべく日が高い時間に水やりを行うようにしてください。冬の水やりは3〜4日に一度を目安に行うようにしてください。

 

 その2:適切な肥料の与え方
植栽に与える肥料は、ホームセンターや園芸センターに売られているたい肥を使用すれば問題ありません。これを2月と6月に植物に与えるようにしましょう。ちなみに、6月に与えるのがベストです。雨期に入り、一番効率よく土の質を良くすることができます。

 

花壇などに花を植える際は、培養土などを使用するようにしてください。土を良くすることで、草花は元気よく育ちます。

 

 その3:消毒方法
植栽の消毒は、年に2〜4回行うことをお勧めします。季節の変わり目ごとに消毒を行うようにしましょう。これを行わずにいると、木が病気にかかってしまい、枯れてしまう原因になります。植栽をいつまでも枯れずに保つには、こまめな手入れが大切です。

 

肥料同様、消毒液もホームセンターなどで入手できるものでかまいません。自宅に生えている植栽の名前をホームセンターの店員さんに告げれば、適切な消毒液を教えてくれます。

 

また、木の種類によって害虫が発生する可能性があります。ムカデや毛虫などが出る前に、防虫対策も忘れないでください。

 

なお、植えてからすぐに枯れてしまう場合は、外構専門業者に責任がある可能性があります。そこで、植栽の保障についても必ず業者へ確認しておきましょう。保証が付いていない場合、植栽が枯れても業者は元通りにしてくれません。保障が行き届いている業者を探すことも、忘れないでください。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声