外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

エクステリア工事で費用のかからない植栽の選び方

 

外構工事(エクステリア工事)を行うほとんどの方が、庭に植栽を植えます。モダンな雰囲気の外構であっても、植物の緑があるだけで柔らかい印象になり、建物全体が引き締まります。また、草木は見ているだけで心が癒されるという心理的作用があるため、室内に置く観葉植物もお勧めです。

 

実際に、コンクリートに囲まれている都心部であっても、必ずどこかに樹木が植えられています。私たち人間は、心のどこかで植物の存在を求めているのかもしれません。

 

一方、植栽のないエクステリアは寂しげで、物足りなさが残ります。シンボルツリーのように、たとえ一本だけでも木が植えてあれば、一気に見栄えのある外観になります。

 

ただし、植物は植えれば良いというわけではありません。動物の種類がたくさんあるように、樹種(樹木の種類)も無数に存在するからです。

 

例えば、病気になりやすい樹木や虫の付きやすい草木などがあります。見た目を優先して適当に選んでしまうと、あなた自身が手入れに悩まされます。それだけではなく、落ち葉などが飛散して隣家に入ってしまい、周り近所に嫌われてしまう可能性もあります。

 

また、植栽の種類によって値段に大きな開きがあります。ただでさえエクステリア工事は高額なので、多くの方は「できる限り安くすませたい」と考えるはずです。そこで、お金のかからない植栽の選び方を紹介します。

 

 植栽の選び方
前述の通り、植栽の種類によって値段に大きな開きがあります。数千円程度のものから数十万円以上もする高額な樹木まで、価格は幅広いです。金額を見ないで植物を選んでしまうと、後で請求書を確認して驚くことになります。

 

特に、樹木は2mを超えると高額になります。高木(たかぎ:3mを超える木)を植える場合、運搬が大変なのはもちろんのこと、植えこむ際の手間や枯れ保証(植栽が枯れたときに適用される保証)などのリスクが増えるからです。

 

そのため、高木を何本も植えると、工事費用も必然的に高くなります。どうしても高木を植えたい場合、シンボルツリーとして植えると良いです。他に植物を植えなくても、建物の存在感を引き立ててくれます。

 

他にも樹木を植えたい場合、ポイントとなる木を1〜3本程度植えて、あとは苗木から育てると良いです。苗木であれば、その場所になじみやすいので、枯れる確率も大幅に減ります。なにより、安価な上に育てる楽しみもあるのでお勧めです。

 

なお、高木を植える場合は、外構専門業者(エクステリア業者)へ前もって伝えておきましょう。大きな樹木を移植する際は、「根回し」という作業が必要になるからです。これを事前に行っていないと、木は簡単に枯れてしまいます。

 

門扉やフェンスと違い、植物は商品を購入して設置すれば終わりではありません。植栽は生きているため、こまめに手入れをして育てて行く必要があります。メンテナンスのために肥料を与えたり水をやったりしなければいけないので、維持費がかかることも忘れてはいけません。

 

植栽を選ぶ際は、樹木の値段はもちろんのこと、その先にかかる管理費なども考えて選ぶと良いです。数十年先も共に成長していくものなので、慎重に選ぶようにしましょう。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声