外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

新築外構(エクステリア:庭・造園)工事の予算の考え方

 

外構工事(エクステリア工事)を行う際、業者選びやデザイン、あるいは使い勝手にいたるまで、さまざまなことを考えます。しかし、これらの工事を行うためには「予算」が必要です。明確な予算が決まっていなければ、たとえ優良業者を見つけることができたとしても、プランを立てることができません。

 

新築を建てる方の場合、建物ばかりに意識が向いてしまうため、エクステリアに残る予算が限られてしまいます。それどころか、住宅の費用がかさみ、エクステリア工事を行うことができない方は多いです。

 

しかし、住まいは建物と外構が両立して、初めて見栄えのある外観になります。どちらか一つでも欠けてしまうと、質素な外観になります。

 

このようなリスクを避けるためには、あらかじめエクステリアに必要な予算を蓄えておく必要があります。もしくは、マイホームの費用を見直して、庭作りにお金を使えるように調整しなければいけません。

 

そこで、庭・造園必要な予算について以下にまとめました。これを学ぶことで、外構工事の予算を確保して、エクステリアで敷地内を華やかに飾ることができるようになります。

 

 新築を建てる方の予算配分
住宅を新築する場合、庭作りに必要な予算も組み入れて検討することが重要です。家に予算を取られ、エクステリアまで予算がまわらないことを防ぐためです。

 

そこで、住宅と外構にかかる「工事費総額に対する庭の予算」を見てみましょう。

 

 A:工事費用総額の15%以上
エクステリア工事に15%以上の費用を当てることができれば、おおよそ、あなたの思い通りのデザインが実現します。

 

例えば、工事費用総額が3000万円の場合、450万円以上もの費用を庭作りに使用できることになります。門周りから駐車場、アプローチ(敷地の入り口から玄関までの路)、デッキ、テラスなど、さまざまな箇所をあなたの望んでいるエクステリアにできます。

 

 B:工事費総額の10〜15%
庭作りに10〜15%使用できれば、敷地全体に手を入れることが可能です。少しデザインにこだわったとしても、見栄えのある外観を演出できます。

 

 C:工事費総額の10%未満
外構工事の予算が10%未満の場合、使える金額が限られてしまうため、お金をかける場所と節約する場所を選びながらエクステリアのプランを立てます。

 

例えば、塀や駐車場、アプローチなど、「建物の顔」とされる場所を整えて機能を優先させた工事を行います。そのほかは、砂利敷き(砂利を敷くこと)などの安価な工事に限られるでしょう。

 

最初に予算が無い場合は、期間に分けて庭づくりを行う方法もあります。エクステリア工事は、1期工事「排水、土、擁壁(コンクリートの壁)工事など」、2期工事「植栽やウッドデッキなど」といった具合に、数期に分けて行うこともできるため、予算に応じて必要な工事のみを選ぶこともできます。

 

また、住宅ローンを利用する場合、建物のみの費用で考えがちですが、庭の予算配分もしっかり念頭に入れて資金計画を立てるようにしましょう。
 

 庭をリフォームする方の予算配分
既存の庭を取り壊して一新する場合、高額な予算が必要になります。新規の工事費用の他に、解体・撤去・工事で出たごみや資材の処分費用、既存の樹木の移動の費用などが発生するからです。

 

なお、エクステリア工事専用のローンを扱う業者も存在するので、必要であれば検討してみましょう。

 

このページで述べてきた通り、庭作りと予算は密接に関係しています。誰から見ても「見栄えがある外観」と思うような見た目にするためには、建物とエクステリアのバランスを考えた上で、それぞれに必要な予算を割り振りましょう。

 

十分な予算を用意できないとしても、そのまま放置してしまうと、右の写真のように見るも無残な外観になりかねません。

 

外構工事を諦める前に、予算内で行うことができるエクステリア工事を少しずつ進めていきましょう。

 

そうすることで、自慢のマイホームの風格がより一層増します。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


新築外構(エクステリア:庭・造園)工事の予算の考え方 関連ページ

新築外構工事の費用や相場:予算を明確にするたった一つの方法
エクステリア業界で蔓延しているステルスマーケティングとは
外構業者が行うヒアリングの際は、値引きを求めてはいけない
外構工事の業者選びをする際、絶対に値段で決めてはいけない
外構工事で提出される見積もりの落とし穴:内訳書について
外構(エクステリア)工事の見積りで優良業者を選び出すたった一つ方法
外構工事を依頼する際、簡単に契約書を結んではいけない
外構(エクステリア)工事の業者選びで悪徳業者を見抜く方法
外構工事を知り合いに頼むとトラブルの発生時にクレームを言いづらい
リフォーム・新築外構工事の見積りで現地調査を行う理由
外構(エクステリア)業者に工事を依頼する際の注意点
外構工事の契約時には必ず工期(工事期間)工程表の作成を依頼する
外構工事を依頼する会社は、完全自社施工が良いとは限らない
外構工事が高い理由:安い値段の工事はデメリットしかない
外構(エクステリア)工事をハウスメーカーに依頼してはいけない理由
外構工事で使用する信販ローンと一般ローンの違いについて
悪徳商法の種類を学び外構(エクステリア)工事の業者選びに役立てる
エクステリア業界に潜む悪徳業者を見極める3つのポイント
外構工事の見積りを依頼した業者への断り方を学びマナーを守る
ホームセンターやハウスメーカーに外構工事を依頼してはいけない理由
絶対に失敗しない外構(エクステリア)工事業者の選び方
外構工事の見積りを行う際、展示場を見てイメージを膨らます
優良外構工事業者の選び方:インターネットだけで探すのは無意味
外構工事の見積りを行う際は、個人情報を隠してはいけない
外構工事を行う際、ハウスメーカーからの見積りは必ずもらう
外構工事業界の裏話:手抜き工事をしている自覚がない職人
外構(エクステリア)工事の見積りで高い業者や安い会社が出る理由
外構(エクステリア)工事の品質や価格が日本全国で一定でない理由
外構専門業者を選ぶとき、営業トークに騙されてはいけない
外構工事中に天災が発生しても、保証されない可能性が高い
外構工事の業界の裏話:下請け業者がいなくならない理由