外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

外構工事の見積りを行う際、展示場を見てイメージを膨らます

 

外構工事(エクステリア工事)は、人生で一度あるかどうかの大きな買い物です。購買経験がないため、工事費用の相場やデザイン案などの決め方で悩んでいる方はたくさんいます。

 

この場合、外構専門業者(エクステリア業者)に見積りを依頼すると良いです。多くのエクステリア業者は無料で見積りを行ってくれるため、これを利用しない手はありません。

 

費用が発生せずに打ち合わせをしてくれるといっても、工事金額はもちろんのこと、デザイン案や図面なども作成してもらえます。そのため、庭の仕上がりのイメージがしやすくなる上に、予算の見直しを行うこともできます。

 

ただ、工事費用や庭の構成が分かったとしても、使用する材料の質感や品質までは分かりません。そのため、「打ち合わせ段階では良いと思っていたものが、実際に出来上がってみたらイメージと違っていた」と後悔する方は多いです。

 

例えば、ウッドデッキやタイルなどは仕入れ先によって耐久性や色合いなどが全く異なります。そのため、現物を見なければイメージ通りの仕上がりを期待するのは難しいです。

 

このようなリスクを無くすためには、展示場へ足を運び、実物を見るのが一番良いです。

 

ただし、ホームセンターなどの施設で展示されている製品を見に行っても意味がありません。値段は安いものの、品質が悪く壊れやすいものが多いからです。

また、ホームセンターは庭工事の専門家ではないため、仕上がりの美しさやデザインなどはエクステリア業者にかないません。そのため、展示場を訪れる際は、外構工事専門店が運営している場所に行くようにしましょう。

 

 展示場を保有するエクステリア業者
雑誌やインターネットでさまざまなパターンの庭が紹介されているにも関わらず、展示場が無くなることはありません。それどころか、「展示場を持ちたい」と考えている業者はたくさんいます。使用する材料や仕上がりなどを、お客様にその場で体感してもらうことができるからです。

 

百聞は一見に如かずという言葉があるように、言葉や図を用いて説明されるよりも展示場を見る方が圧倒的にイメージが湧きやすいです。

 

ただ、展示場を所有するには建設費や維持費がかかります。そのため、多くの外構専門業者は断念してしまうため、展示場を見に行こうと思ってもその数自体が少ないのが現状です。また、展示場を運営するための費用は売り上げで補わなければいけないため、工事費用は多少なりとも高くなってしまいます。

 

展示場が無い場合、実際に施工した庭の写真や現物を見せてもらうと良いです。その会社が担当したエクステリアを見ることで安心感が増すため、納得した上で契約することができます。

 

ただ、外構専門業者の中には「弊社は展示場を持っていないため、その分の金額を安くできます」と主張する会社が存在します。これにより、大半の方は高くなることを恐れ、「展示場を用意しているエクステリア業者は良くない」と考えるようになります。

 

しかし、本来は安く工事を行う」ことが目的ではなく、「理想の庭を造り上げる」ことがゴールです。展示場を保有している会社は、お客様から無駄なお金を請求しているのではありません。構造物の仕上がりを体感してもらうために用意しているのです。

そのため、展示場を保有している業者が「悪」であり、所有していない会社が「良」というわけでは無いです。

そもそも、展示場を見に行ったからといって、契約をしなければいけないというルールはありません。見学や見積もりの依頼は無料なので、色々な業者と話をすることをお勧めします。

 

ちなみに、展示場を構えているのはエクステリア業者だけではありません。カーポートや門扉などのエクステリア製品を製造している企業であっても、展示場を保有しているのでそれを利用するのも一つの手段です。

 

外構工事を行う際は、一つの情報に惑わされるのではなく、「理想とする庭を作ってくれる業者を探す」ということを念頭において行動しましょう。そうすることで、あなたにぴったりの会社が必ず見つかります。

 

まずは、雑誌やインターネットでさまざまなパターンの庭を参考にして、展示場などで現物を確認してから契約すると良いです。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


外構工事の見積りを行う際、展示場を見てイメージを膨らます 関連ページ

新築外構工事の費用や相場:予算を明確にするたった一つの方法
エクステリア業界で蔓延しているステルスマーケティングとは
外構業者が行うヒアリングの際は、値引きを求めてはいけない
外構工事の業者選びをする際、絶対に値段で決めてはいけない
外構工事で提出される見積もりの落とし穴:内訳書について
外構(エクステリア)工事の見積りで優良業者を選び出すたった一つ方法
外構工事を依頼する際、簡単に契約書を結んではいけない
外構(エクステリア)工事の業者選びで悪徳業者を見抜く方法
外構工事を知り合いに頼むとトラブルの発生時にクレームを言いづらい
新築外構(エクステリア:庭・造園)工事の予算の考え方
リフォーム・新築外構工事の見積りで現地調査を行う理由
外構(エクステリア)業者に工事を依頼する際の注意点
外構工事の契約時には必ず工期(工事期間)工程表の作成を依頼する
外構工事を依頼する会社は、完全自社施工が良いとは限らない
外構工事が高い理由:安い値段の工事はデメリットしかない
外構(エクステリア)工事をハウスメーカーに依頼してはいけない理由
外構工事で使用する信販ローンと一般ローンの違いについて
悪徳商法の種類を学び外構(エクステリア)工事の業者選びに役立てる
エクステリア業界に潜む悪徳業者を見極める3つのポイント
外構工事の見積りを依頼した業者への断り方を学びマナーを守る
ホームセンターやハウスメーカーに外構工事を依頼してはいけない理由
絶対に失敗しない外構(エクステリア)工事業者の選び方
優良外構工事業者の選び方:インターネットだけで探すのは無意味
外構工事の見積りを行う際は、個人情報を隠してはいけない
外構工事を行う際、ハウスメーカーからの見積りは必ずもらう
外構工事業界の裏話:手抜き工事をしている自覚がない職人
外構(エクステリア)工事の見積りで高い業者や安い会社が出る理由
外構(エクステリア)工事の品質や価格が日本全国で一定でない理由
外構専門業者を選ぶとき、営業トークに騙されてはいけない
外構工事中に天災が発生しても、保証されない可能性が高い
外構工事の業界の裏話:下請け業者がいなくならない理由