外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

外構工事で使用する信販ローンと一般ローンの違いについて

 

外構工事(エクステリア工事)は高額なため、外構専門業者(エクステリア業者)が取り扱っているローンを使用する方は多いです。あるいは、銀行などから借り入れをして支払いをする方もたくさんいます。

 

実は、エクステリア工事で支払いを行うローンは、大きく分けて2つに大別されています。一つ目は、工事を依頼する業者に直接お金が振り込まれる「信販ローン」です。そして、もう一つはお客様の口座に銀行などからお金が振り込まれる「一般ローン」が存在します。

 

このページでは、この2種類のローンの違いについて、さらに詳しく述べていきます。これを学ぶことで、エクステリア工事での借入に対する金利を安くすませることができます。

 

 信販ローンについて
ローンを取り扱うエクステリア業者のほとんどが、信販ローンを採用しています。ただ、借り入れが簡単なので、「銀行などに比べると金利が高い」とうデメリットが存在します。また、工事を依頼する業者が契約しているローン会社のみしか使用できない上に、エクステリア工事そのものの発注も他の会社に変更できません。

 

一方、信販ローンのメリットは、一般的に手続き(審査)が簡単であり、即日または翌日に結果が出ます。所定の簡単な申込用紙に記入するだけですみ、その他の手続きは全てエクステリア工事を依頼する業者が行ってくれるので楽です。

 

審査が通り次第、お金は外構専門業者に支払わられ、あなたの口座から毎月引き落としが始まります。

 

お客様に通りやすいローンを提供して現金を先に回収できるので、業者にとってメリットが多いローンです。

 

ただし、世間を騒がせている悪徳業者のように、工事の契約を無理やり結ぼうとしてくることがあるので注意が必要です。ローンの審査が通ってしまえば、工事費用を支払ったことになるため、その会社にエクステリア工事を依頼するほかなくなります。

 

デザインや工事内容が決まっていないにも関わらず、どうにかして契約を結ぼうとしてくる業者は断った方が無難です。一度契約書にサインしてしまうと、断ることができなくなってしまうからです。信販ローンも同じように、あなたが納得する提案をしてもらえるまで、借り入れをしないようにしましょう。

 

 一般ローンについて
一般ローンは信販ローンとは異なり、基本的にはあなたの口座にお金が入金されます。また、信販ローンに比べて審査は厳しいのですが、金利は安いです。

 

一般ローンで借入するお金の流れは、以下の3パターンがあります。

 

 ・銀行が直接あなたにお金を貸してくれる
 ・銀行がお金を貸し出すが、関連保証会社を通す
 ・銀行は窓口だけの公的ローン

 

あなたの条件に合わせて、手続きが簡単・難しいなどを調べ、金利が安く最も良いと思うローンを選ぶことができます。

 

ここで重要なのは、これら一般ローンの契約者はあくまであなたが単独で借り入れするものです。そのため、複数の会社に相見積もりを依頼したとしても、発注者であるあなたは工事を依頼する会社を自由に選べます。もちろん、一部だけを他の会社に別途発注することも可能です。

 

例えば、銀行から300万円の予算をあなたが借入して、3社に相見積もりを依頼したとします。この3社の中で、保証や工事内容で満足できるものを選ぶことができます。たとえ同じ300万円の予算でも、提案してくる内容は全く異なるはずです。

 

また、業者によって得意とする工事内容は異なるので、「100万円分の工事をA社に依頼して、残りの200万円をB社に依頼する」ことも可能です。

 

ただ、新築時に良くあるケースですが、「住宅ローンの中に建物以外の予算を含めて借り入れをする」ことは良くある話です。インテリア関係や照明器具、または外構工事の費用が含まれていることがあります。

 

ハウスメーカーが建物以外のエクステリア工事も同時に受注したいのは当然ですが、借り入れをするのはあなた自身です。そのため、外構などの一部の工事を他の会社に発注するのも自由です。

 

このとき、「契約違反だ」と言ってきたり、「外構工事も当社が担当することになっています」と強引に契約を迫ったりしてくる業者には問題があります。そもそも、エクステリア工事をどの会社に依頼するのか選ぶのはあなたの自由です。

 

ただ、契約書を交わしてからでは、同じハウスメーカーに外構工事も依頼しなければならないケースもあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

 

また、一般ローンであっても、あなたの承認印をもらい、エクステリア業者の口座にお金が振り込まれるようにできます。ただ、これはあまりお勧めできません。工事が終わる前に全額を支払うことになるので、業者のいいなりにならざるを得なくなってしまうからです。

 

銀行などの一般ローンで借入をできるのであれば、金利も安く業者を自由に選ぶことができるのでお勧めです。エクステリア工事は高額なので、できるだけ安い金額で借入できることに越したことはありません。外構工事で借入を行う際は、あなたにあったローンの形式を選ぶようにしましょう。

 

なお、一般ローンに関しては、当サイトでも相談に乗ることができます。手続きの具体的な方法など、わからないことがあればお気軽に電話してください。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


外構工事で使用する信販ローンと一般ローンの違いについて 関連ページ

外構工事の費用や相場:予算を明確にするたった一つの方法
エクステリア業界で蔓延しているステルスマーケティングとは
外構工事を行う業者選びのコツ:問い合わせを行う
外構工事を行う業者選びのコツ:ホームページをチェックする
外構工事を行う業者選びのコツ:実際に訪ねてみる
外構工事を行う業者選びのコツ:デザインから一社に絞る
外構業者が行うヒアリングの際は、値引きを求めてはいけない
どのような業者であれば、安心して外構工事を依頼できるのか
外構工事で提出される見積もりの落とし穴:内訳書について
優良な外構工事専門業者を見分けるたった一つの方法
外構工事を行う際、簡便に契約を結んではいけない
外構工事の業者選びで悪徳業者を見抜く方法
外構工事での業者決めは、知り合いを避けた方が懸命である
庭・造園のエクステリア工事に必要な予算の考え方
外構工事の現地調査の際に業者が見ているポイントとは
エクステリア業者と契約書を交わす際に注意すべきこと
外構工事が始まる前に確認すべき工程表や進捗状況について
外構工事を依頼する会社は、完全自社施工が良いとは限らない
外構工事が高額な理由:安い値段の工事はデメリットしかない
ハウスメーカーにエクステリアを依頼すると良い工事ができない
悪質な外構専門業者に騙されないために悪徳商法の種類を知る
エクステリア業界に潜む悪徳業者を見極める2つのポイント
外構工事の見積もりを依頼した業者への断り方
外構工事をハウスメーカーなどに依頼してはいけない理由
信頼できる優良業者を探し出す方法:エクステリア業者選び
外構工事の見積りを行う際、展示場を見てイメージを膨らます
インターネットで外構業者を探しても優良業者は見つからない
外構工事の見積りを行う際は、個人情報を隠してはいけない
外構工事を行う際、ハウスメーカーからの見積りは必ずもらう
外構工事業界の裏話:手抜き工事をしている自覚がない職人
外構工事の費用が会社ごとに異なる理由:工法の違い
外構(エクステリア)工事の品質が日本全国で一定でない理由
外構専門業者を選ぶとき、営業トークに騙されてはいけない
外構工事中に天災が発生しても、保証されない可能性が高い
エクステリア業界のタブー:付き合いで仕事を行う業者とは