外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

外構工事の見積りを依頼した業者への断り方を学びマナーを守る

 

外構工事(エクステリア工事)を依頼する業者選びを行う際、見積りを取ってからどの会社に依頼するかを決める方が大半です。そこで、相見積り(または、あいみつ:複数の業者に見積りをとり、比較すること)を行って、値段や提案力を見比べることは有効です。

 

ただ、複数の外構専門業者(エクステリア業者)に工事を依頼するとなると、契約した会社以外に断りの連絡をしなければいけません。実は、多くの方が断り方で悩んでいます。丁寧に対応してくれた業者に対して、「値段が高かったので、今回は他の業者にしました」というのは、言いづらいからです。

 

そこで、このページでは「外構工事の見積りを依頼した業者への断り方」を紹介します。

 

 正しい断り方
エクステリア業者へ断りの連絡を入れる際、大半の方が「嘘」をついて断ろうとします。「値段が高かった」などと言って、正直にいうことが気まずいと考えるからです。そのため、「知り合いにエクステリア工事を行っている人がいた」などといって、偽りの理由で断りの連絡を入れる方がいます。

 

しかし、これは逆効果であり、エクステリア業者を怒らせてしまう可能性があります。嘘の断り連絡を入れる方のパターンは、ある程度決まっているからです。そのため、きちんとした理由もなしに断ってくるお客様はすぐにばれてしまいます。

 

これでは、あなたのためを思って誠心誠意を尽くして提案や見積りを作成してくれた外構専門業者に対して、余りにも失礼極まりないです。断りの連絡を入れる際は、「本当の理由」をきちんと伝えることが大切です。

 

例えば、「A会社のほうが提案力が優れていたので、今回は御社ではなく、A社に依頼することにします」といったり、「B社の方が値段を安く抑えることができたので、B社に依頼します」といったりすれば納得してくれます。

 

本当の理由をきちんと伝えることによって、選ばれなかった業者は業務改善に役立ちます。もし、断ったときに怒ってくるようなことがあれば、「そのエクステリア業者を選ばなくて正解だった」と思って間違いありません。どの会社に工事を依頼するのも、お客様の自由だからです。

 

そもそも、多くの業者は無料見積りを行っているので、断ることに関して外構専門業者は何の抵抗もありません。むしろ、集まってきたお客様に断られた理由を教えてもらえるので、感謝されてもおかしくありません。断られた理由を知ることで、お客様に対してより良い対応を目指し、向上していくことができます。

 

ただし、相見積りを取る際は、あらかじめ業者に伝えておかなければいけません。これは最低限のマナーであり、エクステリア業者と対等に話をするに必要な行為です。

 

 あいみつを行う際は、事前に伝えておく
相見積りを行うことを事前に伝えてしまうと、「断る可能性が出てくるから、適当な対応をされるのでは?」と心配する方がいます。

 

しかし、実際はそうではありません。競争心が働くため、より良い提案を望むことができます。また、中にはあいみつを嫌う業者もいるので、後でトラブルになることを未然に防ぐことができます。

 

そもそも、あいみつは一般的に行われていることなので、伝えたところで問題ありません。

 

また、最終的に断ったとしても、相見積りを行っていることを知っていれば「他の業者の提案が良かったんだな」とエクステリア業者は考えます。

 

中には、「連絡が来てから断る」という方や「連絡が来なければそのまま自然消滅を望む」という人がいます。しかし、これは絶対にしてはいけないことです。たとえ無料見積りを提唱していても、あなたのために提案した内容は、時間や労力、経費がかかっているからです。必ず断りの連絡を入れるようにしましょう。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


外構工事の見積りを依頼した業者への断り方を学びマナーを守る 関連ページ

新築外構工事の費用や相場:予算を明確にするたった一つの方法
エクステリア業界で蔓延しているステルスマーケティングとは
外構業者が行うヒアリングの際は、値引きを求めてはいけない
外構工事の業者選びをする際、絶対に値段で決めてはいけない
外構工事で提出される見積もりの落とし穴:内訳書について
外構(エクステリア)工事の見積りで優良業者を選び出すたった一つ方法
外構工事を依頼する際、簡単に契約書を結んではいけない
外構(エクステリア)工事の業者選びで悪徳業者を見抜く方法
外構工事を知り合いに頼むとトラブルの発生時にクレームを言いづらい
新築外構(エクステリア:庭・造園)工事の予算の考え方
リフォーム・新築外構工事の見積りで現地調査を行う理由
外構(エクステリア)業者に工事を依頼する際の注意点
外構工事の契約時には必ず工期(工事期間)工程表の作成を依頼する
外構工事を依頼する会社は、完全自社施工が良いとは限らない
外構工事が高い理由:安い値段の工事はデメリットしかない
外構(エクステリア)工事をハウスメーカーに依頼してはいけない理由
外構工事で使用する信販ローンと一般ローンの違いについて
悪徳商法の種類を学び外構(エクステリア)工事の業者選びに役立てる
エクステリア業界に潜む悪徳業者を見極める3つのポイント
ホームセンターやハウスメーカーに外構工事を依頼してはいけない理由
絶対に失敗しない外構(エクステリア)工事業者の選び方
外構工事の見積りを行う際、展示場を見てイメージを膨らます
優良外構工事業者の選び方:インターネットだけで探すのは無意味
外構工事の見積りを行う際は、個人情報を隠してはいけない
外構工事を行う際、ハウスメーカーからの見積りは必ずもらう
外構工事業界の裏話:手抜き工事をしている自覚がない職人
外構(エクステリア)工事の見積りで高い業者や安い会社が出る理由
外構(エクステリア)工事の品質や価格が日本全国で一定でない理由
外構専門業者を選ぶとき、営業トークに騙されてはいけない
外構工事中に天災が発生しても、保証されない可能性が高い
外構工事の業界の裏話:下請け業者がいなくならない理由