外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

外構(エクステリア)工事をハウスメーカーに依頼してはいけない理由

 

外構専門業者(エクステリア業者)のことを周りの方に聞いても、多くの人は仕事内容やその実態を語ることはできません。外構工事(エクステリア工事)は一生に一度行うかどうかの買い物のため、情報が出回らないからです。

 

また、新築を建てる方のほとんどがハウスメーカーにエクステリア工事も依頼してしまうため、エクステリア業者が表に露出していないことも原因です。

 

そもそも、外構工事というのは独立して成り立っていたわけではなく、一昔前は住宅工事のおまけ的存在でした。

 

つまり、かつては外構工事会社というもの自体、ほとんど存在していないに等しいものでした。造園屋や土建業、または左官(さかん:建物の壁や床、土塀などを、こてを使って塗り仕上げる職種)屋などが、工務店やハウスメーカーの仕事の一部として請けていました。

 

その後、ライフスタイルの多様化と共に、住宅とは別に「外構を設計する」という考えが一般化しました。そして、現在のようなエクステリア業としてのスタイルが出来上がってきました。

 

ただし、ハウスメーカーに比べ、外構専門業者はまだまだ目立たない存在です。そのため、住宅メーカーの下請けに入り、仕事を丸投げしてもらって生計を立てているエクステリア業者は多いです。ただ、この場合、下請けに仕事を流す際に中間マージン(手数料)が発生するため、工事金額が30〜40%高くなります。

 

このことからも分かるように、外構専門業者について詳しく学んでおかなければ、あなたが庭作りを行う際に大損をしてしまう可能性があります。このページでは、ハウスメーカーとエクステリア業者の関係性についてさらに詳しく述べていきます。

 

 ハウスメーカーが外構工事も請け負う理由
第二次世界大戦後、日本は高度成長期を迎え、住宅の建設ラッシュで大資本のハウスメーカーが出現しました。下請け体質の外構業界はつい最近まで、これらの傘下に収まることにより安定した収益を得ることができていました。

 

しかし、バブル崩壊と共に少子化が進み、住宅着工件数は年々減少の一途をたどっていきます。このこともあり、従来の安定した仕事が得られないばかりか、業者間での仕事の取り合いが勃発しました。

 

ただし、ハウスメーカーからの仕事が完全に途絶えたわけではないため、下請け会社は必死にしがみついて仕事をもらっているのが現状です。そのため、親会社である住宅メーカーの言いなりになるほかなくなりました。これが、中間マージンが高額な理由です。

 

安定的な収入を得るため、これは仕方ないことなのかも知れません。

 

しかし、これではエクステリア工事の本質を見失っています。そもそも、なぜ庭作りを行うのかというと、「お客様が庭作りを行いたい」ことにあります。これをはき違えてハウスメーカーの言いなりになっていては、品質の良い工事やお客様を第一に考えたサービスを行うことはできません。

 

たしかに、お客様側から見れば大資本がバックなので、ハウスメーカーは安心感があるのかもしれません。

 

しかし、家作りに関してはプロですが、外構工事に関しては素人同然です。そのため、エクステリア工事も自社で施工しているかに見えて、100%下請けに工事を丸投げして中間マージンを抜いているだけにすぎません。

 

つまり「下請けの外構専門業者が出した見積もりに対して、ハウスメーカーの利益を乗せた価格がお客様に提示されるだけ」ということです。

 

 お客様を第一に考えているのは、外構専門業者
住宅メーカーの提示した価格で競争力を発揮できない場合、今度は下請け会社に工事価格を下げさせようとします。元請けであるハウスメーカーは、工事の品質よりも、契約を取って確実に売上を上げること第一に考えているのです。

 

会社側は外構工事の金額をプラスすれば、中間マージンによって売上が確実に伸びることが分かっています。そこで、どうしても外構工事も含めて契約したいのです。ハウスメーカーは、「あくまで数字作りのために外構工事を同時に取り込みたい」わけです。

 

一方、外構専門業者の場合、住宅メーカーに支払う分の中間マージンが発生しません。そのため、2〜4割程度も安く庭作りができます。それだけではなく、エクステリアの専門家なので工事の質はもちろんのこと、提案できるデザインやそのパターンも豊富に用意されています。

 

さらに、保証もしっかりしている会社が多く、大資本のハウスメーカーに引けを取らない安心感があります。

 

当サイト(見積もり外構工事)では、庭作りなどのエクステリアを専門とした優良業者のみと提携しているため、業者選びで失敗することはありません。予算内であなたの思い描く理想の庭を作り上げてくれる業者ばかりです。もちろん、ご利用は完全無料です。

 

このページで述べてきたように、エクステリア工事は大資本のハウスメーカーに依頼しなくても問題ありません。大切なのは、信頼できる業者と出会い、あなたの想いを形にしてくれる業者を選ぶことです。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


外構(エクステリア)工事をハウスメーカーに依頼してはいけない理由 関連ページ

新築外構工事の費用や相場:予算を明確にするたった一つの方法
エクステリア業界で蔓延しているステルスマーケティングとは
外構業者が行うヒアリングの際は、値引きを求めてはいけない
外構工事の業者選びをする際、絶対に値段で決めてはいけない
外構工事で提出される見積もりの落とし穴:内訳書について
外構(エクステリア)工事の見積りで優良業者を選び出すたった一つ方法
外構工事を依頼する際、簡単に契約書を結んではいけない
外構(エクステリア)工事の業者選びで悪徳業者を見抜く方法
外構工事を知り合いに頼むとトラブルの発生時にクレームを言いづらい
新築外構(エクステリア:庭・造園)工事の予算の考え方
リフォーム・新築外構工事の見積りで現地調査を行う理由
外構(エクステリア)業者に工事を依頼する際の注意点
外構工事の契約時には必ず工期(工事期間)工程表の作成を依頼する
外構工事を依頼する会社は、完全自社施工が良いとは限らない
外構工事が高い理由:安い値段の工事はデメリットしかない
外構工事で使用する信販ローンと一般ローンの違いについて
悪徳商法の種類を学び外構(エクステリア)工事の業者選びに役立てる
エクステリア業界に潜む悪徳業者を見極める3つのポイント
外構工事の見積りを依頼した業者への断り方を学びマナーを守る
ホームセンターやハウスメーカーに外構工事を依頼してはいけない理由
絶対に失敗しない外構(エクステリア)工事業者の選び方
外構工事の見積りを行う際、展示場を見てイメージを膨らます
優良外構工事業者の選び方:インターネットだけで探すのは無意味
外構工事の見積りを行う際は、個人情報を隠してはいけない
外構工事を行う際、ハウスメーカーからの見積りは必ずもらう
外構工事業界の裏話:手抜き工事をしている自覚がない職人
外構(エクステリア)工事の見積りで高い業者や安い会社が出る理由
外構(エクステリア)工事の品質や価格が日本全国で一定でない理由
外構専門業者を選ぶとき、営業トークに騙されてはいけない
外構工事中に天災が発生しても、保証されない可能性が高い
外構工事の業界の裏話:下請け業者がいなくならない理由