外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

エクステリア業界に潜む悪徳業者を見極める3つのポイント

 

外構工事(エクステリア工事)を施工している業者の中には、きちんと仕事を行う「優良業者」からお客様を騙して利益を出す「悪徳業者」までがいます。そのため、業者選びをきちんと行わないと、悪質な営業を行っている会社に出会う確率が高くなります。

 

もし、悪徳業者に騙されて契約してしまうと、手抜き工事をされたり、不当な金額を請求されたりします。最悪の場合、工事費用を支払ったにもかかわらず、外構工事を行わずに行方をくらましてしまうケースもあります。

 

実は、外構専門業者(エクステリア業者)とお客様とのトラブルが最も多いのは、「訪問営業で契約してしまうパターン」です。訪問営業の全てが悪徳業者とは限りませんが、注意が必要です。

 

そこで、訪問営業をしている業者が悪徳かどうかを見極める2つのポイントと、悪徳業者に騙された時の対処法を以下にまとめました。これを知っておくだけでも、悪質な業者を交わすことができるようになります。

 

 その場で契約を迫ってくる
テレビや雑誌などで報道されている悪徳業者の特徴は、「突然、あなたのお宅を訪問してくる」ことがあります。そして、「無料点検」と称してあなたの家に上がり込んできます。

 

点検が始まると、塀やカーポート(車を雨や風から守る屋根のこと)の劣化や強度不足など、素人では判断できないような部分を狙ってあなたの不安を煽ります。さらに、さまざまな理由をこじつけて、どうにかその場で契約を迫ってきます。

 

このような場合、悪徳業者である可能性が高いです。無料点検を行いにあなたの家に訪れているにも関わらず、エクステリア工事の契約を無理やり結ぼうとしているからです。

 

後々によって、冷静に検討または確認されると、指摘した外構の欠陥が無いことがばれてしまいます。そのため、お客様にばれる前に工事の契約を急ぐのです。一度契約書にサインをしてしまうと、訪れた悪徳業者と契約を交わしたことになってしまいます。

 

契約を交わした結果、行わなくても良いエクステリア工事が始まり、通常よりも高い金額を請求されてしまいます。

 

もし、突然に外構専門業者の訪問営業がきたら、絶対にその場で契約してはいけません。話を聞くだけであれば、お金を取られることはないからです。不安を煽られて心配になってしまった場合、他の業者にも点検してもらうことをお勧めします。そうすることによって、訪問営業してきた業者が正しいことを言っているかどうかを判断できます。

 

 無料・値引きをちらつかせてくる
外構工事は、デザインや使用する材料の質で値段が異なるため、定価がありません。そのため、エクステリア工事を行ったことがない方にとっては、およその値段が分かりません。しかし、「庭作りに必要な工事費用は高額」ということが分かっているため、どうにかして安くすませようとします。

 

ただ、外構工事は現場で人の手によって作り上げていくものなので、大幅な値引きをすることができません。このことを逆手に取り、お客様の興味を集めて営業をかける悪徳業者がいます。

 

例えば、「いまなら○○%割引で施工可能です」「施工後の点検は無料です」などといい、お客様を油断させます。ただ、点検は無料だとしても、その際に見つかった欠陥やメンテナンスは無料ではありません。人件費が必要だからです。このことを考慮すると、完全無料と提唱している業者は怪しいです。

 

また、先に述べたように、無料点検後に契約を即決させようとするケースも多いので、訪問営業には十分注意してください。

 

ただ、「なんだか怪しいな……」と思って「家族に相談します」「知り合いのエクステリア業者に話してみます」などと伝えても、あの手この手を使い、即決させようとしてきます。この場合、ほぼ確実に悪徳業者と断定できます。

 

もし、悪徳業者に出会って契約までしてしまったら、契約を抹消できる「クーリングオフ」を活用しましょう。

 

 クーリングオフについて
外構専門業者の営業訪問に乗せられて契約した後に、「悪徳業者だったかもしれない」と思ったら、クーリングオフをすることをお勧めします。クーリングオフとは、「契約書面を受け取ってから8日以内であれば、無条件で解約できる制度」です。

 

ただ、悪徳業者の場合、様々な理由を並べてクーリングオフさせないように、しつこく説得しようとしてきます。悪徳業者はクーリングオフに対する対策を整えている場合が多いので、注意が必要です。

 

ただし、勇気を持って悪徳業者と向き合えば、必ずクーリングオフが適用されます。そのためには、悪徳業者と出会った場合、冷静になり、きちんと対処する必要があります。そして、業者からしつこく連絡がきても、断ることが重要です。

 

このように、悪徳業者の手口は「あの手この手を使い、その場で契約を迫る」ことです。そうでなければ、お客様に怪しまれて契約を逃してしまうからです。クーリングオフのような制度もありますが、本来は初めから悪徳業者とは関わらないのが一番大切です。

 

エクステリア工事の訪問営業に騙されないように、ここまでの内容を理解して、悪徳業者に騙されない知識を身につけてください。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


エクステリア業界に潜む悪徳業者を見極める2つのポイント 関連ページ

外構工事の費用や相場:予算を明確にするたった一つの方法
エクステリア業界で蔓延しているステルスマーケティングとは
外構工事を行う業者選びのコツ:問い合わせを行う
外構工事を行う業者選びのコツ:ホームページをチェックする
外構工事を行う業者選びのコツ:実際に訪ねてみる
外構工事を行う業者選びのコツ:デザインから一社に絞る
外構業者が行うヒアリングの際は、値引きを求めてはいけない
どのような業者であれば、安心して外構工事を依頼できるのか
外構工事で提出される見積もりの落とし穴:内訳書について
優良な外構工事専門業者を見分けるたった一つの方法
外構工事を行う際、簡便に契約を結んではいけない
外構工事の業者選びで悪徳業者を見抜く方法
外構工事での業者決めは、知り合いを避けた方が懸命である
庭・造園のエクステリア工事に必要な予算の考え方
外構工事の現地調査の際に業者が見ているポイントとは
エクステリア業者と契約書を交わす際に注意すべきこと
外構工事が始まる前に確認すべき工程表や進捗状況について
外構工事を依頼する会社は、完全自社施工が良いとは限らない
外構工事が高額な理由:安い値段の工事はデメリットしかない
ハウスメーカーにエクステリアを依頼すると良い工事ができない
外構工事で使用する信販ローンと一般ローンの違いについて
悪質な外構専門業者に騙されないために悪徳商法の種類を知る
外構工事の見積もりを依頼した業者への断り方
外構工事をハウスメーカーなどに依頼してはいけない理由
信頼できる優良業者を探し出す方法:エクステリア業者選び
外構工事の見積りを行う際、展示場を見てイメージを膨らます
インターネットで外構業者を探しても優良業者は見つからない
外構工事の見積りを行う際は、個人情報を隠してはいけない
外構工事を行う際、ハウスメーカーからの見積りは必ずもらう
外構工事業界の裏話:手抜き工事をしている自覚がない職人
外構工事の費用が会社ごとに異なる理由:工法の違い
外構(エクステリア)工事の品質が日本全国で一定でない理由
外構専門業者を選ぶとき、営業トークに騙されてはいけない
外構工事中に天災が発生しても、保証されない可能性が高い
エクステリア業界のタブー:付き合いで仕事を行う業者とは