外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

交通量の多い家のエクステリア工事:排気ガスに強い庭づくり

 

外構工事(エクステリア工事)を行う際、家族全員が過ごしやすい庭づくりを意識しなければいけません。

 

例えば、ご年配の方がいる家庭の場合、駐車場やアプローチ(敷地の入り口から玄関までの路)を歩きやすくする必要があります。見栄えばかりを意識して転んでけがをしては本末転倒だからです。

 

また、小さなお子さんのいるご家庭の場合、走り回っても大丈夫なエクステリアを意識しなければいけません。コンクリートの壁や躓きやすい場所にブロックを配置してしまうと、わんぱくなお子さんが転んでけがをしてしまう可能性があります。要するに「安全性の高い庭づくりを目指さなければいけない」ということです。

 

ただ、安全性という観点で言えば、排気ガスへの対策を取られている家庭は少ないのが現状です。特に、交通量の多いお宅では、車から排出される有害なガスに悩まされている方は多いです。

 

排気ガスには有害な物質が多く含まれているため、目や呼吸器に痛みを覚えることがあります。また、窒素酸化物は呼吸の際に人体へ入り込み、肺などの気管に悪影響をもたらすと言われています。つまり、体の内部から病に侵されていくとうことです。

 

そこでこのページでは、排気ガスに強い庭の造り方について詳しく述べていきます。排気ガスに対して、ほんの少し対策を行うことで、過ごしやすく快適なプライベートガーデンを生み出すことが可能です。

 

 排気ガスに強い庭
交通量の多い道路や工場の近くでは、排気ガスに含まれる二酸化硫黄や煤煙(ばいえん:不完全燃焼で発生する炭素分やタール分を含む大気汚染物質の総称)により、周り近所に悪影響を及ぼします。

 

人体に有害なのはもちろんのこと、エクステリア工事で植えた植栽が枯れてしまうことは珍しくありません。ただ、庭を彩る樹木の場合、大気汚染がひどくても徐々に枯れていくため、影響が分かりづらいです。

 

そのため、排気ガスの充満した空間に初めは違和感を覚えていても、周りの変化を感じ取ることは難しいです。その結果、気付かない間に排気ガスを吸い込んでいることはよくあります。

 

このようなリスクを避けるため、排気ガスを敷地内に招き入れないために建物を囲い、排気ガスに強い庭を作り上げる必要があります。ただ、コンクリートの塀やブロックで家を囲む場合、工事単価が高いため、莫大な予算が必要になります。

 

そこで、工事費用が比較的安価な植栽を利用して、排気ガスから大切な家族とマイホームを守ることをお勧めします。

 

 植栽を利用した緑の壁
排気ガスの影響が出やすい場所では、サザンカやサンゴジェ、ヒサカキなどの樹木を植えると良いです。これらは全て排気ガスに強い植物のため、道路や敷地の境界に植えると良いです。また、自宅の駐車場などに植えて、建物に直接排気ガスがかからないように緑の壁を造っても良いでしょう。

 

このとき、底木(1.5m未満の木)から高木(3m以上の木)までまんべんなく植え付け、排気ガスの流入を最小限に食い止めるようにしましょう。

 

 

また、道路側に限らず、メインガーデン(主に使用する庭)に排気ガスが入り込まないように、他の庭木もなるべく排気ガスに強い樹木を選ぶようにしましょう。普段使用する庭を植栽で取り囲むことで、排気ガスや汚染された空気から家族の健康を守る「過ごしやすいプライベートガーデン」が出来上がります。

 

なお、排気ガスに強い樹種(木の種類)は、常緑樹(じょうりょくじゅ:一年中緑豊かな葉を付けている木)に多いです。ただし、落葉樹(らくようじゅ:冬に葉を落とす木)の中にも排気ガスに強い種類の樹木もあります。

 

ただ、落葉樹の場合、冬になると葉を落とすため、冬は排気ガスを遮断する効果を期待できません。もし、落葉樹も植えたいと考えるのであれば、常緑樹の中に落葉樹を混ぜ、バランスよく配置することを心がけましょう。

 

植物を植えることによって、このページで述べてきたように、排気ガスを遮断することは可能です。さらに、大気中に充満した二酸化炭素や有害物質など、光合成によってきれいな空気を生み出す役割も持ち合わせています。交通量の多い道路や工場の近くに住んでいる場合、植物を利用して排気ガスを避けることも検討してみてください。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声