外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

軟弱地盤でも安心して家を建てられる地盤改良:柱状改良とは

 

夢のマイホームのことを考えると、設計やデザイン、あるいは外構工事(エクステリア工事)にいたるまで、さまざまなことを勉強し始めます。家を建てるだけではなく、全体の外観を引き立ててくれるエクステリアのことも考えると、夢が膨らむことでしょう。

 

しかし、新築を建てたりエクステリア工事を行ったりするためには、土台である土地が必要になります。この土地選びで失敗してしまうと、外構はもちろんのこと、建物にお金をかけることすらできなくなります。

 

特に、安い土地は危険です。高額であるはずの土地が低価格で販売されているということは、確固たる理由があるからです。中でも、軟弱地盤の土地を購入してしまうと、地盤改良に数十万円〜数百万円もの費用がかかってしまいます。土地購入で失敗しないためには、軟弱地盤をできるだけ避けた方が無難です。

 

とはいっても、軟弱地盤の土地の購入を余儀なくされる方はたくさんいます。立地条件や予算の都合があるからです。

 

そこで、地盤改良がどのように行われているのかを知る必要があります。地盤改良の中でも、ここでは良好地盤まで2〜8mの深度がある場合に採用される「柱状改良」について詳しく述べていきます。地盤改良の方法を知ることで、軟弱地盤の中でも費用のかからない土地を見分けることができるようになります。

 

 柱状改良について
まず、柱状改良とは、土の中にコンクリートの柱を施工する工法です。良好地盤までの深度が2m未満の場合、表層改良(表層の土をセメント系の固化材を混ぜて改良する工法)の方が安価にて地盤改良を行うことができます。

 

地盤改良をせずに軟弱地盤の上に建物を建ててしまうと、家が傾いたり最悪の場合はひび割れてしまったりします。そこで、良好地盤までコンクリートの柱を設ける柱状改良を行うことで、しっかりマイホームを支えることが可能になります。

 

 

ただ、柱状改良を行う場合、軟弱地盤の深度によって地盤改良の価格が異なります。例えば、階の床面積が20坪程度で、深度4〜5メートル程度を改良する場合、およそ70〜100万円ほどが目安です。それ以上の場合、さらに費用がかさみます。

 

つまり、「軟弱地盤の深度が深ければ深いほど地盤改良の価格は高額になる」ということです。

 

 柱状改良の手順

柱状改良は、右の写真に移っている「スリラー」と呼ばれる専用の重機で施工します。「プロペラ状の刃が複数付いているカクハン(混ぜ合わせること)装置」を搭載した重機を使用して柱状改良を行います。

 

軟弱地盤をカクハンしながら、セメントミルク(セメントと水を練り混ぜたミルク状の液体)を注入していきます。

 

この場合は土とセメンとミルクが混ざっててコンクリートの柱を造りだすため、残土(余った土)の発生量が少ないです。つまり、「残土処分にかかる費用は低価格で済む」ということです。

 

このとき、良好地盤に到達してから50cm以上掘削(土を掘り返すこと)し、コンクリートの柱を貫入(つきぬいて中にはいること)させます。

 

柱状改良の目的は、確実に良好地盤をとらえることです。柱状改良の手順を図に表すと、以下のようになります。

 

 

なお、柱状改良の工期(工事期間)は1〜2日ほどです。施工完了後、セメントミルクがしっかり固まるのを待つため、2〜3日の養生期間(必要な強度が出るまでの期間)をとります。

 

ただ、柱状改良を行うには4t以上の大型重機の搬入が必要になるため、狭小地には不向きです。また、コンクリートの杭の膨張によって隣のブロック塀を倒してしまったり、杭打ち機が入らなかったりする可能性があると、柱状改良を断念せざるを得ません。

 

その場合、地中に直接鋼製の杭を打ち込む「鋼管杭工法」が採用されます。狭小地でも施工可能で、周り近所に迷惑がかかることはまずありません。ただ、地盤改良工事の中では一番高額な工法になるため、この工法が必要な土地は避けた方が無難です。

 

このページで述べてきた通り、軟弱地盤を購入するにあたり、地盤改良は切っても切れない関係です。どうしても軟弱地盤の土地を選ばなければいけない場合は、なるべく地盤改良にお金がかからない土地を選ぶようにしましょう。

 

地盤改良にかかる費用を削減できれば、エクステリアや家具など、他のことにお金を使うことができます。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


軟弱地盤でも安心して家を建てられる地盤改良:柱状改良とは 関連ページ

失敗しない土地選びのコツ:好条件なのに安い土地には注意する
新築外構工事費用を大幅に削減する後悔しない土地の選び方
土地の選び方:分譲地や異形の土地(旗竿地)選びの注意点
土地の選び方:小さなお子さんがいる家庭への最善の提案
軟弱地盤の見分け方:地盤沈下しない土地の選び方のポイント
軟弱地盤を良好地盤に変える地盤改良工事:表層改良とは
土地選びのポイント:建築条件付きの土地を購入する際の注意点
軟弱地盤に新築を建てるための地盤改良工事:鋼管杭工法とは
地震に強い良好地盤の土地を購入する方法:地盤調査を行う
高低差のある傾斜地の土地を選ぶ際の注意点:地盤沈下を予測する
都心部のように敷地が狭い土地は外構工事が安価で施工できる
新築外構(エクステリア)工事で狭い庭を広く見せる方法
狭い庭でも可能なメリハリのある外構(エクステリア)工事
庭に祭られているお稲荷さんの移動や撤去をしても問題ないか
外構工事を行い狭い庭を広くする方法:土留めを擁壁にする
予算が無い場合、外構工事も込みの建売物件を購入すると良い
傾斜の土地の狭い庭を外構工事で拡大する:バルコニーを設置する
別荘地や高級住宅街の外構工事は暴利を取る悪徳業者に注意
外構専門業者では土留めや擁壁などの土木工事を施工できない
高低差のある土地を選ぶ際の注意点:土留めを確認する