外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

土地の選び方:小さなお子さんがいる家庭への最善の提案

 

建物を建ててから、5年、10年と経過しても、外構工事(エクステリア工事)を行わないお宅は多いです。この場合は無理して家を建てたり、必要以上に大きな土地を買ってしまったりして、エクステリアに回す予算が無くなったケースです。

 

後日、「お金が溜まったら庭づくりをしよう」と考えていても、さまざまな出費がかさみ、大半の方は実現できていないのが現実です。しかし、自宅の庭は唯一のプライベート空間であり、家族団らんを楽しめる場所でもあります。色々な過ごし方ができるにも関わらず、放置して手付かずにしてしまうのはもったいない話です。

 

そもそも、エクステリア工事を行っていないとしても、固定資産税は永遠とかかります。そのため、物置として使用しているお宅は、大きな損をしています。これから土地の購入を検討しているのであれば、毎日活用できるような庭づくりを目指さなければいけません。

 

中でも、小さなお子さんがいる家庭の場合、家の庭で遊べないのはかわいそうです。右の写真のように、手入れせずに放置された庭は見た目が悪いだけでなく、遊ぶことすらできません。

 

土地の購入を検討している場合、あなたの家族だけのプライベートガーデンを手入れるため、子供たちのために遊べるスペースを設けてあげてあげましょう。

 

とはいっても、予算の都合でエクステリアに予算を回すことのできない方が多いのは事実です。

 

そこで、小さなお子さんがいる家庭に有効な土地の選び方を紹介します。無駄な出費を抑え、最小限の予算で実用的なエクステリアを目指します。

 

 子供のための土地選び
小さいお子さんのいるお宅を見るたび、「自然を感じて成長できる庭で遊ばせたい」と私は思います。近年の子供といえば、家の中でゲームばかりして、外に出ようとしません。しかし、本当にそれで良いのでしょうか? 家の外には土があり、草が生えて虫もいます。自然の中で学べることはたくさんあります。

 

せっかく土地と家を購入するのであれば、子供たちが思いっきり遊べるエクステリアにするほうが望ましいです。

 

このような考えを実現するために、土地選びから見直す必要があります。大半の方が土地選びで失敗する理由は、「必要もないのに、大きな土地を購入してしまった」ということです。「大きければ良い」などという愚かな理由で土地を選別した結果、金欠で苦しんでしまいます。

 

そもそも、お子さんが大きくなっても庭で遊び続けるわけではないので、無駄に広すぎる土地は必要ありません。最低限の範囲で、家族の思い出作りのできる庭があれば良いです。

 

例えば、エクステリア工事の中で、比較的安価な芝生を採用するだけでも、十分に遊ぶことができます。もし、転んでしまったとしても、柔らかい芝が受け止めてくれるため、大きな怪我を心配する必要がありません。また、天気の良い日にシートを広げれば、即席でピクニック気分を味わうこともできます。

 

さらに、高耐久のウッドデッキや石張りのテラスもあれば、バーベキューなどをして家族団らんを楽しめます。小さい頃の記憶はとても貴重であり、ずっと心の中に残るものです。前述の通り、最低限の範囲で、家族の思い出作りのできる庭があれば良いです。

 

つまり、「これらを実現できる大きさの土地を購入すれば良い」ということです。これさえ明確に分かっていれば、値段や大きさで土地選びをする必要がなくなります。あなたの家族にとって必要な広さの土地を購入すれば、出費を最小限に抑えることができます。

 

 小さな土地はメリットばかり
小さな土地を購入すると、さまざまなメリットがあります。例えば、以下のようなものがあります。

 

 ・ピンポイントで外構にお金をかけられるので、質が高く見栄えのある外観になる
 ・建物にお金をかけても、庭が小さいのでエクステリアを整えることができる
 ・固定資産税が安い

 

大きな土地を購入して、敷地全域を整えることができないのであれば、小規模の土地を充実させた方が圧倒的に賢いです。遅かれ早かれ家回りの外構を整えるときがくるはずです。そのことが分かっているのであれば、初めから充実したマイホーム生活の実現を目指してください。

 

お子さんがいればなおのこと、家族全員が楽しめる適した土地を購入しましょう。あなたがこれから土地を買って家を建てるのであれば、まずは坪単価(一坪当たりの値段)が安い土地を選ぶのではなく、あなたの家族やライフスタイルにあった「価値ある土地」を探してください。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


土地の選び方:小さなお子さんがいる家庭への最善の提案 関連ページ

失敗しない土地選びのコツ:好条件なのに安い土地には注意する
新築外構工事費用を大幅に削減する後悔しない土地の選び方
土地の選び方:分譲地や異形の土地(旗竿地)選びの注意点
軟弱地盤の見分け方:地盤沈下しない土地の選び方のポイント
軟弱地盤を良好地盤に変える地盤改良工事:表層改良とは
軟弱地盤でも安心して家を建てられる地盤改良:柱状改良とは
土地選びのポイント:建築条件付きの土地を購入する際の注意点
軟弱地盤に新築を建てるための地盤改良工事:鋼管杭工法とは
地震に強い良好地盤の土地を購入する方法:地盤調査を行う
高低差のある傾斜地の土地を選ぶ際の注意点:地盤沈下を予測する
都心部のように敷地が狭い土地は外構工事が安価で施工できる
新築外構(エクステリア)工事で狭い庭を広く見せる方法
狭い庭でも可能なメリハリのある外構(エクステリア)工事
庭に祭られているお稲荷さんの移動や撤去をしても問題ないか
外構工事を行い狭い庭を広くする方法:土留めを擁壁にする
予算が無い場合、外構工事も込みの建売物件を購入すると良い
傾斜の土地の狭い庭を外構工事で拡大する:バルコニーを設置する
別荘地や高級住宅街の外構工事は暴利を取る悪徳業者に注意
外構専門業者では土留めや擁壁などの土木工事を施工できない
高低差のある土地を選ぶ際の注意点:土留めを確認する