外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

新築外構工事費用を大幅に削減する後悔しない土地の選び方

 

外構工事(エクステリア工事)を検討されている人の中でも、工事内容やデザインを先に決めようとする方は多いです。また、新築を検討している方の場合、土地も決まっていないにも関わらず、建物やエクステリアのことばかり考えている方もたくさんいます。

 

しかし、家や外構は土地がなければ、何一つ決めることができません。エクステリアの設計ができないのはもちろんのこと、使用できる敷地のスペースも分からないからです。

 

そこで、適切な土地の選び方を以下にまとめました。「どのような暮らしをしたいか? 」という考えをするだけで、土地選びで迷うことは無くなります。また、建物やエクステリアに求める内容を明確化することで、あなたにとって必要な敷地の大きさが分かります。

 

つまり、「土地に合ったエクステリアを選ぶのではなく、望んでいるエクステリア内容から土地選びをする」こともできます。これを行うことで、必要最低限の土地の大きさの購入ができるため、出費を最小限に抑えることが可能になります。

 

 ライフスタイルに合った土地選び
私が職人だった頃、外構工事の相談にのることがよくありました。このときは土地選びで悩んでいる人の悩みを頻繁に聞いたものです。このような相談を受けるとき、私はその人のライフスタイルに合った土地選びをするよう勧めています。

 

生活習慣を明確にすることで、ほとんどの方は大きな土地を必要とせず、工事費用も大幅に削減できます。あなたに合った坪数が見えてくるためです。例えば、次のようなものがあります。

 

 ・何台程度、車を止めたいのか
 ・カーポート(車を雨風から守るもの)は必要かどうか
 ・アプローチ(敷地の入り口から玄関までの路)の長さをどうするか
 ・庭では何をしたいのか

 

これらを坪数に直して見てみると、想像していた坪数の半分程度で済んでしまうパターンが非常に多いです。多くの方が建物の建設や外構工事に回す予算が無くなってしまう理由がここにあるため、このような考え方をすることがとても重要です。

 

できるだけ大きな土地を安い金額で手に入れ、残りの予算で家とエクステリアを決めるパターンが一般的です。しかし、本当に大きな土地が必要なのでしょうか? 土地が大きくなるということは、建物あるいは外構工事を広範囲で行わなければいけません。そうなると、必然的に莫大な予算が必要になります。

 

たしかに、長年アパート暮らしで我慢していた方であれば、大きな土地や家に憧れるのは分かります。

 

しかし、私たちは自分の家族に見合った土地だけで十分快適に暮らすことができます。エクステリア工事の費用が跳ね上がったり、雑草問題などの管理費などの心配をしたりしなければいけません。

 

そこで、前述の通り、土地に合ったエクステリアを選ぶのではなく、エクステリア内容から土地選びを行うようにします。そうすることで、より良い条件で適度な広さの土地を購入できます。建物や外構工事の設計・施工も予算内に収めることができるようになるはずです。

 

 小さな土地でも十分に活用できる
必要以上に広い土地を無理やり購入して資金繰りに苦しむのではなく、あなたが思い描いているマイホーム生活を実現できる大きさの土地を選ぶようにしましょう。小さな庭であっても、優良な外構専門業者が提案するエクステリアであれば、充実した生活を送ることができます。

 

例えば、庭にウッドデッキやテラスを設けるだけで、家族でバーベキューや、昼下がりのティータイムを楽しむことができます。また、花壇を設けることで、家庭菜園やガーデニングをすることもできます。これらを実現できるあなたに見合った広さの土地を購入するだけで、予算内で圧倒的な見栄えのある外観を実現できます。

 

大切なのは、あなたがマイホームで行いたい内容です。それを実現できるのであれば、「無駄に大きな土地を購入する必要はない」ことを理解できます。見た目ではなく、中身が充実している外構は長い年月が経っても、半永久的に使用し続けることができます。

 

実際、私の知り合いに大きな土地を選んだばかりに、エクステリア工事を行うことができなかった方がいます。後日、お金が溜まったら外構を整えようと考えていたそうですが、固定資産税などの維持費がずっと必要になってしまい、いまだに庭造りをできずにいます。この方は、「広い土地など必要無かった……」と話しています。

 

このこともあり、あなたが必要とするエクステリアに惜しみなくお金を使うことをお勧めしています。このルールさえ守れば、金欠で苦しまずに、メンテナンスを最小限に抑えることができます。

 

ただし、十分な予算があるのであれば、大きな土地を買うメリットは無数にあります。例えば、ガレージを作ったり庭に池を造ったりできます。また、手の込んだエクステリアを広い範囲で行うことで、唯一無二の風格のある外観を演出できます。

 

このように、大きな土地に家を建てて外構工事をするためには、デメリットがあればメリットも存在します。

 

ただ、多くの方は「できるだけ工事費用を抑えたい」と考えているのは事実です。これらのことを十分考慮して、あなたに必要な大きさの土地を購入するようにしましょう。これができるのは、土地の購入を検討しているあなただけです。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


新築外構工事費用を大幅に削減する後悔しない土地の選び方 関連ページ

失敗しない土地選びのコツ:好条件なのに安い土地には注意する
土地の選び方:分譲地や異形の土地(旗竿地)選びの注意点
土地の選び方:小さなお子さんがいる家庭への最善の提案
軟弱地盤の見分け方:地盤沈下しない土地の選び方のポイント
軟弱地盤を良好地盤に変える地盤改良工事:表層改良とは
軟弱地盤でも安心して家を建てられる地盤改良:柱状改良とは
土地選びのポイント:建築条件付きの土地を購入する際の注意点
軟弱地盤に新築を建てるための地盤改良工事:鋼管杭工法とは
地震に強い良好地盤の土地を購入する方法:地盤調査を行う
高低差のある傾斜地の土地を選ぶ際の注意点:地盤沈下を予測する
都心部のように敷地が狭い土地は外構工事が安価で施工できる
新築外構(エクステリア)工事で狭い庭を広く見せる方法
狭い庭でも可能なメリハリのある外構(エクステリア)工事
庭に祭られているお稲荷さんの移動や撤去をしても問題ないか
外構工事を行い狭い庭を広くする方法:土留めを擁壁にする
予算が無い場合、外構工事も込みの建売物件を購入すると良い
傾斜の土地の狭い庭を外構工事で拡大する:バルコニーを設置する
別荘地や高級住宅街の外構工事は暴利を取る悪徳業者に注意
外構専門業者では土留めや擁壁などの土木工事を施工できない
高低差のある土地を選ぶ際の注意点:土留めを確認する