外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

外構工事を行い狭い庭を広くする方法:土留めを擁壁にする

 

日本は国土が狭いため、一世帯当たりが所有している土地は小さいです。そのため、敷地内に家を建ててしまうと、残されたスペースは限られてしまいます。

 

そこで、外構工事(エクステリア工事)を行う際は、境界(所有地と隣の土地との境界)ギリギリまで有効活用することをお勧めします。

 

ただ、石やブロックで土地を道路よりも一段高くしている場合、敷地は狭くなってしまいます。石やブロックは斜めに積み上げなければいけないからです。つまり、「石・ブロック積みが高くなるほど土地が小さくなっていく」ということです。

 

しかも、境界は「地表に現れている部分」が収まっていればよいわけではありません。

 

実は、地中に隠れている基礎が境界内に入っている必要があります。このことから、石やブロックで一段高くなっている土地は、実際の坪数よりも使用できる面積が少なくなることが分かります。

 

ただでさえ小さな土地が狭まってしまうため、これでは土地を有効活用することができません。

 

そこで、土留め(土が崩れようとするのを抑える壁)を擁壁(ようへき:コンクリートの壁)に変えることで、平野の土地と同じように敷地を境界ギリギリまで使用できます。

 

 土留めを擁壁にすれば、本来の敷地面積を活用できる
コンクリートの壁は石やブロック積みと異なり、垂直に施工できます。そのため、一段高くなっている土地であっても敷地が狭くなることはありません。

 

 

これにより、高台の土地であっても、境界ギリギリまで庭を広げることが可能になります。そのため、これから土地の購入を検討されている方は、擁壁で土留めをしてある場所を選ぶことをお勧めします。

 

ただ、擁壁の場合、石積みに比べると施工費用が割高です。これにより、コンクリートを使用して造成(ぞうせい:人が住めるように造られた土地)された土地は石積みで造られた場所よりも価格が高くなります。

 

そのため、高台にある土地のほとんどはブロック積みで土留めをしてあります。擁壁の土留めでは施工費用が高くなる分、売値に加算されてしまうからです。

 

もし、既存の石積みを取り壊して擁壁を新設するとなると、莫大な費用がかかります。

 

そこで、「部分的に擁壁を採用して、庭の一部を境界まで広げる」方法があります。これであれば、施工費用を最小限に抑えつつ、必要な分だけ土地を広げることができるのでお勧めです。

 

例えば、駐車スペースを拡大することができます。駐車場として使用したい場所だけ石積みを擁壁にすれば、簡単に使用できる土地を広げられます。

 

 

また、普段使用する庭を拡大したい場合であっても、同じように土地を拡大することは可能です。

 

ただし、前述の通り、既存の石積みを取り壊して擁壁を新設するとなるとそれなりに費用がかかります。そのため、予算に応じて工事の規模を決めるようにしましょう。

 

ただ、ほとんどの人は「どれくらいの工事費用が必要なのか分からない」のが現実です。

 

その場合、外構専門業者(エクステリア業者)が行っている「無料見積り」を活用することをお勧めします。現地にて説明を受けながら金額を教えてもらうことができるので、予算の設定や見直しが簡便にできます。もちろん、契約をしない限り料金は一切発生しないので、納得のいくまで話し合えるのも魅力の一つです。

 

ただ、中には強引に工事を押し売りしてくる悪徳業者もいるので、十分に注意して業者選びをしてください。

 

このページで述べてきた通り、石積みによって一段高くなっている土地にお住まいの方は敷地を拡大できる可能性があります。ただし、何も考えずに大きくするのはお金の無駄なので、必要に応じて工事を検討するようにしましょう。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


外構工事を行い狭い庭を広くする方法:土留めを擁壁にする 関連ページ

失敗しない土地選びのコツ:好条件なのに安い土地には注意する
新築外構工事費用を大幅に削減する後悔しない土地の選び方
土地の選び方:分譲地や異形の土地(旗竿地)選びの注意点
土地の選び方:小さなお子さんがいる家庭への最善の提案
軟弱地盤の見分け方:地盤沈下しない土地の選び方のポイント
軟弱地盤を良好地盤に変える地盤改良工事:表層改良とは
軟弱地盤でも安心して家を建てられる地盤改良:柱状改良とは
土地選びのポイント:建築条件付きの土地を購入する際の注意点
軟弱地盤に新築を建てるための地盤改良工事:鋼管杭工法とは
地震に強い良好地盤の土地を購入する方法:地盤調査を行う
高低差のある傾斜地の土地を選ぶ際の注意点:地盤沈下を予測する
都心部のように敷地が狭い土地は外構工事が安価で施工できる
新築外構(エクステリア)工事で狭い庭を広く見せる方法
狭い庭でも可能なメリハリのある外構(エクステリア)工事
庭に祭られているお稲荷さんの移動や撤去をしても問題ないか
予算が無い場合、外構工事も込みの建売物件を購入すると良い
傾斜の土地の狭い庭を外構工事で拡大する:バルコニーを設置する
別荘地や高級住宅街の外構工事は暴利を取る悪徳業者に注意
外構専門業者では土留めや擁壁などの土木工事を施工できない
高低差のある土地を選ぶ際の注意点:土留めを確認する