外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

土地の選び方:分譲地や異形の土地(旗竿地)選びの注意点

 

家を建てたり外構工事(エクステリア工事)を行ったりする前に、これらを施工する土地が必要になります。土地選びで失敗すると、そのあとに続く建物やエクステリア工事の計画が台無しになってしまいます。

 

ただ、土地選びは難しく、誰しもが最初につまずくポイントです。なぜなら、土地を取り扱っている不動産会社は、デメリットを教えてくれないからです。また、土地は数千万円単位で取引されるため、悪いうわさが広まってしまうと売れなくなってしまいます。このようなことを避けるために、不動産会社はメリットばかりを提示しています。

 

そこで、土地の選び方について基礎知識を蓄える必要があります。特に、異形の土地を選ぶ際は要注意です。土地の選び方で気を付けなければいけないポイントを、以下にまとめました。これを習得して、「土地を見る目」を養ってください。

 

 分譲地での注意点:旗竿地について

土地を新たに購入される方の中で、分譲地を選ぶ人はたくさんいます。

 

分譲地とは、一つの大きな土地を区切り、複数の住宅を建てることができるようになっている場所のことです。比較的安価にて購入できるため、人気です。

 

ただ、隣近所との距離が近すぎるため、注意が必要です。プライバシーや日照の問題があるからです。これらを気にせずに土地を決めてしまうと、トラブルに発展する可能性が高いです。

 

中でも、広い敷地にも関わらず低価格な旗竿地(はたざおち:旗の形をした土地)は要注意です。坪単価(一坪に対する金額)は安いのですが、あまりお勧めできません。敷地が広い分、余分な外構工事が必要になるからです。

 

例えば、車の切り替えがしづらいため、駐車スペースをは来駐車する台数の2〜3倍の面積が必要です。その結果、エクステリアにかかる金額が大幅に跳ね上がります。このしわ寄せで、「アプローチ(敷地の入り口から玄関までの路)の納まりが悪くなる」という問題はよくある話です。

 

また、旗竿地のような土地は、建物の建設費用も高くなりがちです。車の出入りや資材の搬入が困難なため、作業効率が悪くなるからです。

 

さらに、フェンスやブロックで建物の周りを囲む場合、土地が広いために大きな出費を余儀なくされます。

 

つまり、「安く土地を購入できたとしても、建物やエクステリアに高額な費用がかかってしまう」ということです。その結果、通常の値段で土地を購入するのと同じか、最悪の場合は価格が上回ってしまう可能性があります。

 

 

また、南側に家が建っている場合、常に日陰になります。湿気がこもるため、カビやコケの原因になります。

 

とはいっても、予算の都合で分譲地を選ばざるを得ない方が多いのは事実です。そこで、周り近所との兼ね合いを考慮して、分譲地での有効な土地選びを目指します

 

 周り近所との兼ね合い
分譲地で土地の購入を考えた場合、特有の密接した空間も考慮しなければいけません。ただ、大半が安売りされているため、お買い得だと思って購入してしまう方が多いのは事実です。

 

分譲地はできるだけ多くの区画を販売できるように設計されているため、周り近所と敷地がくっついているような造りになっています。そのため、両隣の家からの圧迫感やプライバシーなど、精神面でも問題も浮上します。

 

そこで、分譲地で土地を選ぶ際は、両隣を建物に囲まれている土地を選ぶのではなく、道路に面した土地を選ぶようにしてください。そうすることで、片方が道路になり、もう片方がお隣さんになるため、圧迫感から解放されます。

 

また、道路側に家を建てると、フェンスなどで目隠しを高くしても誰にも文句をいわれないないため、プライバシーを確保できます。

 

ただ、道路に面している分、通行人の足音や車の騒音が気になります。通行人の目が気になるのであれば、目隠しを設ける分だけ工事費用が加算されます。

 

これらのことを踏まえて購入されるのであれば、問題ありません。ただし、実際問題どうなるかをきちんと考慮して土地選びをしないと、かなり頭を悩ますことになります。変えようと思っても、土地はすぐに変えられるものではないので、慎重に選別するようにしましょう。

 

このページで述べてきた通り、安い土地には何かしらの理由があります。土地は確固たる裏付けの上に価格が存在していることを忘れてはいけません。高額であるはずの土地が低価格で販売されているということは、使い勝手が悪かったり、立地に不便だったりします。

 

安く購入できた分、それ以上に余計にお金がかかることを頭の中に入れておいてください。また、土地が広ければ広いほどエクステリアへの資金投入が必要になります。その上に、雑草などの駆除の問題も発生します。これらのことをよく考えて、本当にその土地が必要かどうかを判断してください。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


土地の選び方:分譲地や異形の土地(旗竿地)選びの注意点 関連ページ

失敗しない土地選びのコツ:好条件なのに安い土地には注意する
新築外構工事費用を大幅に削減する後悔しない土地の選び方
土地の選び方:小さなお子さんがいる家庭への最善の提案
軟弱地盤の見分け方:地盤沈下しない土地の選び方のポイント
軟弱地盤を良好地盤に変える地盤改良工事:表層改良とは
軟弱地盤でも安心して家を建てられる地盤改良:柱状改良とは
土地選びのポイント:建築条件付きの土地を購入する際の注意点
軟弱地盤に新築を建てるための地盤改良工事:鋼管杭工法とは
地震に強い良好地盤の土地を購入する方法:地盤調査を行う
高低差のある傾斜地の土地を選ぶ際の注意点:地盤沈下を予測する
都心部のように敷地が狭い土地は外構工事が安価で施工できる
新築外構(エクステリア)工事で狭い庭を広く見せる方法
狭い庭でも可能なメリハリのある外構(エクステリア)工事
庭に祭られているお稲荷さんの移動や撤去をしても問題ないか
外構工事を行い狭い庭を広くする方法:土留めを擁壁にする
予算が無い場合、外構工事も込みの建売物件を購入すると良い
傾斜の土地の狭い庭を外構工事で拡大する:バルコニーを設置する
別荘地や高級住宅街の外構工事は暴利を取る悪徳業者に注意
外構専門業者では土留めや擁壁などの土木工事を施工できない
高低差のある土地を選ぶ際の注意点:土留めを確認する