外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

軟弱地盤を良好地盤に変える地盤改良工事:表層改良について

 

土地選びを行う際、地盤の良い土地を選ぶ必要があります。適当に決めてしまうと、軟弱地盤の土地を購入してしまう可能性があるからです。また、低価格で売りに出されている土地は軟弱地盤である可能性が高いです。「高額であるはずの土地が安い」ということは、なにかしらの理由があります。

 

なぜ軟弱地盤を選んではいけないかというと、地盤改良に多額の費用がかかるからです。安い値段で土地を購入できたとしても、地盤改良に数百万円以上の費用がかかり、良好地盤の土地を買うのと変わらない値段では意味がありません。

 

ただし、予算の都合や立地条件を考慮して土地選びを行う場合、軟弱地盤の土地を選ばざるを得ない方はたくさんいます。

 

そこで、土地の値段と地盤改良の費用を合わせた金額が安い土地を選ぶ必要があります。軟弱地盤の中でも、低価格で地盤改良を行うことができる「表層改良」について以下にまとめました。

 

たとえ軟弱地盤であろうとも、きちんと地盤改良を行えば家を建てたり外構工事(エクステリア工事)を行ったりしても地盤沈下などのトラブルの心配をする必要がなくなります。

 

 表層改良とは
まず、表層改良とは、地盤の表層にある軟弱地盤にセメント系の固化材を混ぜ合わせ、軟弱地盤層の強度を上げ、下部の良好地盤層と一体化させて支持地盤(建物を支える地盤)を造る工法です。セメント系固化材を使用するといっても、植物などへの影響はないので、自然環境にも優しいです。

 

表層改良では、まず固化材で増える分の土を取り除き、残りの土と固化材をショベルカーなどの重機で入念に混ぜ合わせます。最後に重機や転圧(締固めること)機械で固めて完了です。

 

 

この工事では、残土(余った土)が多く出てしまうため、残土処理費用がかかります。

 

残土は処理場でなければ処分できません。

 

広い範囲で表層改良を行う場合、柱状改良(ちゅうじょうかいりょう:土の中にコンクリートの柱を設ける方法)の方が安くすむことがあるので、必ず不動産会社に相談するようにしてください。

 

また、固化材は粉末なので、風で舞ってしまいます。そのため、工事中は近隣の住宅に迷惑をかけてしまう可能性があります。

 

都心部のように住宅が隣接している場合、表層改良を行う前に必ず周り近所に一言挨拶をしておきましょう。

 

現在では、周りに飛散しないタイプの固化材が主流になったのですが、業者によっては従来の飛散しやすい固化材を使用していることがあるため、十分に気を付けてください。

 

 軟弱地盤の土地を購入する際の注意点
建物の床面積が30坪程度で改良する深度が1メートルの場合、表層改良にかかる費用は40〜60万円程度です。深度(深さ)や改良する面積の大きさに比例して、施工費用も高額になります。

 

ただし、表層改良が採用されるのは良好地盤までの深度が2m以内の場合に限ります。それ以上になると、柱状改良の方が安価に抑えることができます。前述の通り、どちらが安く地盤改良工事を行うことができるか、不動産会社に尋ねることを忘れてはいけません。

 

また、購入を検討している土地を見つけた場合、不動産会社に地盤の状態を細かく説明してもらいましょう。これを行うことで、土地の値段と地盤改良にかかる費用を照らし合わせた土地選びが可能になります。

 

もし、地盤改良に多額の費用がかかってしまう場合、その土地の購入をあきらめた方が無難です。悪い地盤を人工的に改良した土地よりも、初めから良好地盤の土地を選んだ方が価格も工期(工事期間)も削減できるからです。

 

ただ、地盤について細かく説明してくれない不動産会社がいるのは事実です。新たに土地を購入しようと考えている方のほとんどは、その土地の歴史を知らないため、そのような不動産会社は軟弱地盤であることを隠して売ることを目的にしています。

 

このような悪徳の不動産会社に騙されないために、必ず下調べを行うようにしてください。全てを業者任せにしてはいけません。ある程度は地盤について把握しておかないと、足元を見られます。

 

下調べをする際は、購入を検討している土地の周り近所に住んでいる方に、地盤について尋ねてみると良いです。特に、古くからその土地に住まわれている方に話を聞けば、土地の歴史についても把握できます。

 

例えば、昔は田んぼや畑だった場所を宅地に造成(ぞうせい:宅地にするために元の土地の形質や形状の変更をすること)した土地の場合、軟弱地盤である可能性が高いです。

 

また、不法投棄が当たり前のように行われていた時代に造られた土地の場合、地中に驚くほどのごみが埋まっている可能性があります。これらの情報は、周り近所の方に聞かなければ知りえない情報です。

 

このように、地盤のことも考慮して土地選びを始めると、値段や立地条件だけで土地を選んではいけないことを理解できます。土地を購入する際は、別途でお金がかからない物件を探すようにしましょう。

 

ただし、軟弱地盤の土地を買う場合であっても、このページで述べてきた内容を全て把握した上での購入であれば、のであれば、問題ありません。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


軟弱地盤を良好地盤に変える地盤改良工事:表層改良とは 関連ページ

失敗しない土地選びのコツ:好条件なのに安い土地には注意する
新築外構工事費用を大幅に削減する後悔しない土地の選び方
土地の選び方:分譲地や異形の土地(旗竿地)選びの注意点
土地の選び方:小さなお子さんがいる家庭への最善の提案
軟弱地盤の見分け方:地盤沈下しない土地の選び方のポイント
軟弱地盤でも安心して家を建てられる地盤改良:柱状改良とは
土地選びのポイント:建築条件付きの土地を購入する際の注意点
軟弱地盤に新築を建てるための地盤改良工事:鋼管杭工法とは
地震に強い良好地盤の土地を購入する方法:地盤調査を行う
高低差のある傾斜地の土地を選ぶ際の注意点:地盤沈下を予測する
都心部のように敷地が狭い土地は外構工事が安価で施工できる
新築外構(エクステリア)工事で狭い庭を広く見せる方法
狭い庭でも可能なメリハリのある外構(エクステリア)工事
庭に祭られているお稲荷さんの移動や撤去をしても問題ないか
外構工事を行い狭い庭を広くする方法:土留めを擁壁にする
予算が無い場合、外構工事も込みの建売物件を購入すると良い
傾斜の土地の狭い庭を外構工事で拡大する:バルコニーを設置する
別荘地や高級住宅街の外構工事は暴利を取る悪徳業者に注意
外構専門業者では土留めや擁壁などの土木工事を施工できない
高低差のある土地を選ぶ際の注意点:土留めを確認する