外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

外構専門業者では土留めや擁壁などの土木工事を施工できない

 

外構工事(エクステリア工事)の種類は、ブロックを並べたり砂利を敷いたりする小規模な工事から、庭全体を施工する大規模なものまでさまざまです。

 

エクステリア工事の中には、庭を飾るだけを目的とするだけではなく、土留め(土が崩れようとするのを抑える壁)のように機能性も兼ね備えた構造物を施工することがあります。

 

ただ、土留めは2mを超えてくる大規模なものになってくると、外構専門業者(エクステリア業者)では施工できない場合があります。本格的な土木工事を行うためには、国家資格や建設業の許可(国から下される許可)が必要だからです。

 

 大規模な土木工事を行うために必要な資格

高低差が2m以上になる土留め工事を行うには、「地山の掘削(くっさく:土を削り取ること)及び土止め支保工作業主任者」と呼ばれる「国家資格」を有している必要があります。

 

地山の掘削及び土止め支保工作業主任者の免許が無ければ、2m以上の高低差がある場所の土を削ることが禁止されているからです。

 

 

 

土を掘ることができなければ、ブロックや擁壁(ようへき:コンクリートの壁)などの土留めを設けるスペースを確保することができません。

 

ただ、外構工事で2mを超えてくるような大規模な土工事を行うことは稀です。そのため、地山の掘削及び土止め支保工作業主任者の資格を取得しているエクステリア業者はほとんどいません。

 

そもそも、これほどの高低差がある土地の場合、あらかじめ土留め工事を行っていなければ家を建てることができません。万が一土が崩れてしまった場合、大事故に発展する恐れがあるため、建設基準法が定める基準をクリアできないからです。

 

そのため、お客様が土地を購入したと同時に家を建てることができるように、高低差が大きい土地はあらかじめ土留め工事をしてから販売されるケースが多いです。

 

そのため、エクステリア工事を行う頃には、ほぼ土留め工事は完了しています。これが、エクステリア業者の多くが地山の掘削及び土止め支保工作業主任者の資格を取得していない理由の一つです。

 

ただ、中には土留め工事が完了していない土地が安価にて販売されていることがあります。この場合、その土地を購入したあなた自身がブロック積みや擁壁工事を行って土留めを設けなければ家を建てることができません。

 

ただ、土留め工事は高額なため、低価格で土地を購入できたとしても結果的に割高になる可能性があるので注意が必要です。

 

 大規模な工事を行うために必要な許可
2mを超える土留めを含める外構工事一式を行う場合、土留め工事だけで数百万円の費用が必要になります。これに加え、駐車場やアプローチ(敷地の入り口から玄関までの路)、フェンスなどを含めた庭全体を造り上げるとなると、工事金額の総額が500万円を超えてくるパターンが多いです。

 

すると、多くのエクステリア業者は工事を請け負うことすらできない可能性が出てきます。500万円以上の工事を行うには、「建設業の許可」と呼ばれるものが必要になるからです。

 

しかし、外構工事のほとんどが500万円を超えることが少ない上に、それ以下のエクステリア工事であれば建設業の許可が無くても請け負うことができます。そのため、ほとんどの外構専門業者は建設業の許可を受けていません。

 

大規模な工事を引き受けることができるエクステリア業者は一握りしか存在しないため、施工を依頼できる会社は限られてきてしまいます。すると、相見積もり(複数の会社に見積もりを依頼すること)を行って他社と比較することが難しくなり、建設業の許可を受けている業者の言い値で工事を依頼するほかなくなってしまいます。

 

このようなリスクを防ぐために、土地を購入する際はあらかじめ土留め工事が終わっている物件を選ぶことをお勧めします。

 

 

 

土留め工事の費用は土地代に含まれているため、エクステリア業者選びや庭造りの予算設定などで悩むことが無くなります。土地を選ぶ際は、先のことまで見越した上で契約するようにしましょう。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


外構専門業者では土留めや擁壁などの土木工事を施工できない 関連ページ

失敗しない土地選びのコツ:好条件なのに安い土地には注意する
新築外構工事費用を大幅に削減する後悔しない土地の選び方
土地の選び方:分譲地や異形の土地(旗竿地)選びの注意点
土地の選び方:小さなお子さんがいる家庭への最善の提案
軟弱地盤の見分け方:地盤沈下しない土地の選び方のポイント
軟弱地盤を良好地盤に変える地盤改良工事:表層改良とは
軟弱地盤でも安心して家を建てられる地盤改良:柱状改良とは
土地選びのポイント:建築条件付きの土地を購入する際の注意点
軟弱地盤に新築を建てるための地盤改良工事:鋼管杭工法とは
地震に強い良好地盤の土地を購入する方法:地盤調査を行う
高低差のある傾斜地の土地を選ぶ際の注意点:地盤沈下を予測する
都心部のように敷地が狭い土地は外構工事が安価で施工できる
新築外構(エクステリア)工事で狭い庭を広く見せる方法
狭い庭でも可能なメリハリのある外構(エクステリア)工事
庭に祭られているお稲荷さんの移動や撤去をしても問題ないか
外構工事を行い狭い庭を広くする方法:土留めを擁壁にする
予算が無い場合、外構工事も込みの建売物件を購入すると良い
傾斜の土地の狭い庭を外構工事で拡大する:バルコニーを設置する
別荘地や高級住宅街の外構工事は暴利を取る悪徳業者に注意
高低差のある土地を選ぶ際の注意点:土留めを確認する