外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

都心部のように敷地が狭い土地は外構工事を安価で施工できる

 

土地選びを行う方の大半は、できるだけ大きな土地を安い値段で購入することを考えます。しかし、このような考え方は矛盾しています。たとえ低価格で大きな土地を買うことができたとしても、地盤が悪いなどの理由によって維持費が高額になることは良くあります。これは最終的に、家庭を圧迫する出費になりかねません。

 

このことを考慮すると、賢い土地の選びを行うために、数十年先も見据えた上で土地を購入する必要があることに気付きます。つまり、「目先のことにとらわれて土地を選んでしまうと、損をしてしまう」ということです。

 

そもそも、小さな土地にも良さがあります。例えば、固定資産税が安くなるのはもちろんのこと、建物や外構工事(エクステリア工事)を行う範囲が小さくてすむため、さまざまな出費を最小限に抑えることができます。

 

そこで、このページでは小さな庭の3つのメリットを紹介します。小ぢんまりとしたエクステリアだからこそ、できることや得することはたくさんあります。長所をフル活用した庭作りの方法について、詳しく述べていきます。

 

 メリット1:あなたの世界観を演出しやすい
予算の都合上、大きな土地を買うことができずに、庭の面積の小ささに悩まされている方は多いです。しかし、それが必ずしもデメリットになるとは限りません。

 

例えば、小さな土地の最大のメリットは「あなたの世界観を表現しやすい」という点にあります。自由に使えるスペースが少ない分、限られた空間であなたの個性を表現すればよいのです。あなたの個性がコンパクトにまとまるので、エクステリアの印象を付けやすくなるのが利点です。

 ・草木の色が鮮やかなローズガーデン(バラの庭)
 ・ロマンチックな照明が映える庭
 ・和庭の渋さを前面に押し出した石庭(庭木をほとんど使わないで、岩・石・砂でつくられた庭)

 

上記のようなエクステリアを作り上げたいのであれば、小さな土地だからこそ表現できる濃い内容の庭作りが可能です。逆にいえば、あまりスペースがありすぎると、「ここは表現できたけど、こっちは……」といった具合に空間を持て余してしまいがちになります。

 

ただ、小さな庭の場合、エクステリアのテーマを決めたら、それ以外の様式を取り入れることができません。「あれもこれも」と外構プランを膨らませ過ぎてしまうと、まとまりのない庭になるからです。あなたの家族のライフスタイルや好みに合わせて、周り近所の住宅にはない庭作りを目指しましょう。

 

 メリット2:目が行き届きやすいから手入れが楽
小さい土地のメリットに、「手入れが楽」ということが挙げられます。広い庭の場合、面積が大きいだけに雑草対策や剪定(せんてい:植栽の枝葉を切り落として形を整える作業)など、日々の手入れが大変です。場合によっては、プロの庭師にメンテナンスを依頼しなければエクステリアの管理ができないこともあるため、維持費もかさみます。

 

一方、小さな庭の場合、掃除などの手入れが必要な部分も当然少ないです。手入れが苦でなくなると、丹念に作業ができ、エクステリアに対する愛情も深くなるでしょう。

 

例えば、庭に落葉樹(らくようじゅ:冬になると葉を落とす樹木)を植えたとしても、落ち葉が飛散する範囲が小さいので片付けは楽です。また、敷地内で草花の植え替えをする際も、手軽に行えるのも魅力的です。

 

たとえ高額な費用を投資してエクステリアを作り上げたとしても、手入れをしなければみすぼらしい外観になってしまいます。メンテナンスのことを考慮しながら土地選びを始めると、あなたに適した土地の大きさが少しずつ見え始めます。

 

大きな土地を購入して後々後悔するのであれば、維持費用が安くて手入れも楽な小さな土地の購入を視野に入れておきましょう。

 

 メリット3:高価な素材を使用しても、少量ですむから工事費用がリーズナブル
風格のある庭を造るためには、あなたの理想をどこまでも追求したいかによって決まります。しかし、お気に入りの素材や植栽をふんだんに使うとなると、予算の問題が出てくるため、どこかで妥協しなければいけません。

 

ただ、一生に一度の大きな買い物である外構工事で妥協をしてしまうと、後々後悔する可能性があります。誰が見ても「見栄えのあるエクステリア」という印象を与えるためには、素材にもこだわった方がより良い庭作りが期待できます。

 

この場合、むしろ広い庭より小さい庭の方が有利です。エクステリア工事を行う面積が小さいということは、素材を置く数が限られてくるだけでなく、工事を行う範囲も小さくなるからです。その結果、外構工事をリーズナブルで仕上げることができます。

 

例えば、デザインの凝った少し高価なオブジェを置いてみたり、アンティークレンガを使用したりするなど、同じ予算内でも可能性が広がります。

 

ただ、大きな樹木やウッドデッキなどは、設ける場所をきちんと考えないと使いづらいエクステリアになってしまいます。このようなリスクを最小限に抑えるために、外構専門業者(エクステリア業者)の提案を聞きながら一緒にプランを考えるようにしましょう。

 

このページで述べてきた通り、小さな庭であっても、たくさんのメリットがあります。大きな土地を購入するのも良いですが、小規模な土地であなたの思い描く理想を叶えることも悪くありません。土地選びを行う際は、値段だけで決めるのではなく、将来を見据えて慎重に選ぶようにしましょう。

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


都心部のように敷地が狭い土地は外構工事が安価で施工できる 関連ページ

失敗しない土地選びのコツ:好条件なのに安い土地には注意する
新築外構工事費用を大幅に削減する後悔しない土地の選び方
土地の選び方:分譲地や異形の土地(旗竿地)選びの注意点
土地の選び方:小さなお子さんがいる家庭への最善の提案
軟弱地盤の見分け方:地盤沈下しない土地の選び方のポイント
軟弱地盤を良好地盤に変える地盤改良工事:表層改良とは
軟弱地盤でも安心して家を建てられる地盤改良:柱状改良とは
土地選びのポイント:建築条件付きの土地を購入する際の注意点
軟弱地盤に新築を建てるための地盤改良工事:鋼管杭工法とは
地震に強い良好地盤の土地を購入する方法:地盤調査を行う
高低差のある傾斜地の土地を選ぶ際の注意点:地盤沈下を予測する
新築外構(エクステリア)工事で狭い庭を広く見せる方法
狭い庭でも可能なメリハリのある外構(エクステリア)工事
庭に祭られているお稲荷さんの移動や撤去をしても問題ないか
外構工事を行い狭い庭を広くする方法:土留めを擁壁にする
予算が無い場合、外構工事も込みの建売物件を購入すると良い
傾斜の土地の狭い庭を外構工事で拡大する:バルコニーを設置する
別荘地や高級住宅街の外構工事は暴利を取る悪徳業者に注意
外構専門業者では土留めや擁壁などの土木工事を施工できない
高低差のある土地を選ぶ際の注意点:土留めを確認する