外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

洋風の庭を造る際の過ごしやすい外構(エクステリア)のポイント

 

外構工事(エクステリア工事)を行う理由は、人それぞれで千差万別です。「新築を建てるから同時にエクステリアも整えたい」と考える方がいれば、「古臭い外構を新しくしたい」と考える方もいるからです。ただ、両者共に共通している点は、「建物を見栄えのある外観にしたい」ということです。

 

風格のある庭づくりをするためには、マイホームを引き立ててくれるエクステリア工事を行わなければいけません。

 

例えば、和風住宅の場合、和庭を中心に外構工事を行います。一方、洋風住宅の場合、洋風の外構(ヨーロッパがメイン)を意識してエクステリアを作り上げていきます。

 

近年では、洋風住宅が一般的になりつつあり、ハウスメーカーの提案する住宅のほとんどが洋風の外構です。そのため、必然的に洋風のエクステリアを採用される方が増えています。

 

ただ、洋風の外構は、ストレスの原因になる可能性があります。なぜなら、ヨーロッパと日本では気候が違うからです。

 

環境が全く異なる外構を採用するためには、基礎知識と最低限のデメリットを知っておく必要があります。これを知らずに洋風のエクステリアを採用してしまうと、必ず後悔してしまうことになります。

 

そこで、「洋風のエクステリアを選ぶ際に気を付けなければいけないこと」を以下にまとめました。これらを理解することで、日々の暮らしでストレスを感じることはなくなります。

 

 ヨーロッパと日本の気候の違い
前述の通り、ヨーロッパと日本では、気候が大きく異なります。ここに着目して洋風の外構を見てみると、さまざまなことに気付かされます。

 

例えば、洋風の建物やエクステリアを採用しているお宅を見ると、家や外構が全体的に白っぽい装いをしていることに気付きます。これは、ヨーロッパの南欧(なんおう)は真夏になると40℃を超えるため、暑さを和らげる役割を果たしています。太陽の熱で壁が暖まるのを防ぎ、住まいの中が暑くならないようにしているのです。

 

また、この地方の陽射しは強いのですが、日本の40分の1以下の降水量しかないと言われています。そのため、雑草が無く、虫もほとんどいません。雨のあまり降らない乾燥した気候なので、陽射しをさえ遮ることさえできれば、、ひんやりとした涼しい場所になります。

 

一方、日本の場合、気温は40℃まで上がりませんが、高温多湿です。そのため、洋風の家の外構では、真夏は温度を下げることができて良いのですが、真冬は暖まりにくいため、寒くて庭で過ごすことができません。

 

また、ヨーロッパは風がよわいため、空気がよどんでいます。そのため、樹木は天空を目指してまっすぐ垂直に伸びていきます。このような樹木を北風の強い日本に植えると、すぐに枯れたり折れたりしてしまう原因になります。樹木を保護するための対策が必要になるため、工事費用がかさみます。

 

ただし、これらを事前に知っておけば、いくらでも対処法があります。少しでも心配な点や、気になることがあれば、工事を依頼する外構専門業者に尋ねてみましょう。

 

 洋風外構が日本に適さない理由と解決法
日本の風土に南欧風のエクステリアを持ち込む場合、さまざまなことに気を付けなければいけません。

 

例えば、野外でバーベキューやパーティーを行うことをメインに外構工事を行うとします。しかし、これらのイベントを執り行うことができるのは、せいぜい4月から10月までの半年間のみです。さらに、日本は雨と強烈な湿気があるため、夏は蚊に悩まされます。

 

湿気や蚊のうっとうしさに気を取られながらでは、楽しい時間を満喫できません。

 

しかし、きちんとエクステリアのプランニングを行えば、この問題は簡単に解決できます。冬の北風を遮りたい場合、防風林を設けると良いです。

 

壁などで完全に風を遮断してしまうと、敷地内の空気がこもってしまいます。一方、植栽であれば適度に風を通すので、真冬でも日光を浴びながらティータイムを楽しめます。

 

一方、真夏の場合、庭とリビングの行き来を安易なものにしておくとよいです。照り付ける夏の日が沈むと、蚊などの害虫がでてくるため、バーベキューやパーティーの続きを家の中で楽しめるようにしておくのです。このようにすれば、一年中を通して外構を快適に使用できます。

 

また、先に述べたように、ヨーロッパの樹木は樹高(植栽の高さ)が高いです。むやみやたらに植えてしまうと、ストレスの原因になりかねません。

 

例えば、樹高の高い植栽を窓際に植えたとします。真夏は日陰を作ってくれて涼しげになるのですが、真冬は一日中長い陰(樹高の約1.6倍の陰)に覆われてしまいます。そのため、建物から離して植えたとしても、冬の室内を暗く寒々とした空間にしてしまいます。

 

ただし、ヨーロッパ風のエクステリアにするといっても、必ずしても南欧の植栽を使用しなければいけないわけではありません。外観を引き立ててくれる植物であれば、どの種類の樹木であっても問題ありません。

 

このページで述べてきた通り、ヨーロッパと日本では気候が真逆といっていいほど異なります。しかし、少しアイディアを加えることでデメリットは解決され、見栄えるある上に機能的な外構することができます。

 

もし、洋風外構を採用したいと考えているのであれば、上記の内容をよく理解した上でエクステリアのプランをたててください。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


洋風の庭を造る際の過ごしやすい外構(エクステリア)のポイント 関連ページ

防犯対策で門扉を付ける際の注意点:ストレスのない外構
外構(エクステリア)工事で目隠しフェンスや塀を設ける際の極意
ご近所とのトラブルを未然に防ぐ外構(エクステリア)工事の方法
エアコンの室外機の設置場所を考え近所トラブルを未然に防ぐ
エアコンを使用しないエクステリアのつくり方:電気代の節約
ストレスを感じない駐車場の造り方:暮らしやすい外構工事
火事から家を守るエクステリア工事:植栽で防火壁を造る
門周りや庭の工事を行う前は、イメージ作りと情報収集を行う
優良な外構専門業者を選別する方法:打ち合わせのポイント
エクステリア工事完了後の引き渡しとメンテナンスの手順
エクステリア工事を行う前に心得ておくべき工事の流れ
外構工事で失敗する前に知っておきたい困りごとベスト5
庭に植えた植栽がストレスを緩和し、健康を保つ:外構工事
夜に外でパーティーをしても、虫や蚊寄り付かない庭の造り方
多くの方が悩む猫の糞や尿で困らないエクステリアを作る方法
敷地内や家の前にある、邪魔な電柱や支線を移動させる方法
バリアフリーを意識した外構工事を行う際の注意点
庭の除雪作業の労力を最小に抑える方法:ロードヒーティング
庭造りのプランを数回に分け、長期的な外構工事を行う
水勾配をとれない場所で排水性を向上させる方法:外構工事