外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

ストレスを感じない駐車場の造り方:暮らしやすい外構工事

 

外構工事(エクステリア工事)のプランニングを行う際、デザイン性と機能性を両立して考えなければいけません。これらをきちんと考慮してエクステリア工事のプランニングを行わなければ、毎日のようにストレスを感じることになります。

 

例えば、エクステリアの中でも駐車場は毎日使用する場所になります。そのため、少しでも不満を覚えるような外構では、積み重なって最終的にはストレスの原因になります。

 

実際に、駐車場工事で失敗してしまった方が私の友人にいます。その方は、「若いときに家を建てたい」という目標をずっと掲げていました。そして、結婚と同時にすぐに家を建てました。

 

ただ、23歳という若さで「夢のマイホーム」を手に入れてしまったため、十分な予算を用意することができませんでした。妥協に妥協を重ねて家を建て、外構工事も予算ぎりぎりで施工しました。

 

そのため、安さを売りにしている悪徳業者と巡り合ってしまいました。たしかに、低価格でエクステリア工事を行うことができたのですが、手抜き工事をされてしまいました。その結果、駐車場のコンクリートがひび割れたり、隣近所との境界に設けたフェンス付きブロック塀が傾いたりしました。

 

見栄えが悪い上に、使いづらいエクステリアに現在ではストレスを感じています。さらに、「低価格のエクステリア工事」とはいっても何十万円もするため、今では金欠で苦しんでいます。

 

このような悲劇を防ぐためには、プランニングを行うことの大切さが理解できます。

 

そこで、ストレスを感じない駐車場のつくり方を以下で詳しく述べていきます。この知識を取り入れるだけで、エクステリア工事で失敗する確率が大幅に下がります。

 

 使い勝手の良い駐車場のつくり方
駐車場に求められる最大のメリットは、「車の乗り降りのしやすさ」です。狭すぎたり障害物があったりすると、次第にストレスになります。特に、使用する素材にこだわる必要があります。

 

例えば、雨に濡れると滑りやすい素材を使用すると、車に乗るたびに足元に気を付けながら乗り降りをしなければいけません。荷物を持っていたり小さなお子さんの手を引かなければいけなかったりする場合、大変危険なエクステリアになります。

 

ただし、滑りにくい床素材を使用したとしても、あなた自身が雨に濡れては意味がありません。そもそも、毎回濡れることを気にして乗り降りをしたいとはだれも思わないはずです。

 

車を乗り降りする前に傘を差したり、折りたたんだりしなければいけません。この瞬間が一番濡れやすいです。

 

そこで、カーポート(車を雨風からから守ってくれる屋根)を設置することをお勧めします。

 

カーポートは車を雨やホコリから守るためだけではありません。夏の強い日差しや鳥の糞からも守ってくれる役割を兼ね備えています。また、施工費用は割高になりますが、サイドパネル(横風から守ってくれるパネル)は強風から保護してくれるため、必需品です。

 

 あなたをもてなしてくれる駐車場作り

駐車場の横幅を3m以上確保できる場合、不審者の侵入を防ぐためのゲートを設けることが可能です。

ただ、このゲートも実際に使用することを仮定して選ばなければいけません。

写真のような蛇腹式(じゃばらしき:折りたたんでいくゲート)のものや、跳ね上げ式(ゲートが上に上がるタイプのもの)を使用するのではなく、横にスライドできる引き戸の採用をお勧めします。蛇腹式は耐久性に問題があり、跳ね上げ式は支柱(ささえ)を設けるスペースを両サイドに1m前後確保しなければいけないからです。

そこで、電動式の引き戸を採用する方が増えています。車の中からリモコンひとつで開閉できるため、強い雨の日でも安心です。

他には、奥行の取れない駐車スペースは気を使います。それが夜の場合、なおさら注意しなければいけません。

その場合、車の出庫あるいは入庫を感知して光るセンサー式照明を取り付けるようにしましょう。自動的に電気がつくため、暗い夜でも安心して駐車できます。

また、駐車場から玄関までの路が長い場合、足元に照明を設けるようにしましょう。これがある都内では、不安な足元を確認しながら玄関にたどり着けます。

もし、障害物があったとしても、すぐに気付くこともできます。

ただし、足元を照らす明かりはさりげない光を放つ照明を選ぶようにしましょう。「まぶしい」と感じるほどの光量を放つものだと、安っぽい外観になってしまうからです。

このように、毎日使用する駐車場は無数にストレスを感じさせるポイントがあります。しかし、このページで述べてきた通り、きちんと対処すればストレスを感じることのないエクステリアを作り出すことが可能です。外構工事を行う際は、10年後も快適に使用できるように設計しましょう。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


ストレスを感じない駐車場の造り方:暮らしやすい外構工事 関連ページ

防犯対策で門扉を付ける際の注意点:ストレスのない外構
外構(エクステリア)工事で目隠しフェンスや塀を設ける際の極意
洋風の庭を造る際の過ごしやすい外構(エクステリア)のポイント
ご近所とのトラブルを未然に防ぐ外構(エクステリア)工事の方法
エアコンの室外機の設置場所を考え近所トラブルを未然に防ぐ
エアコンを使用しないエクステリアのつくり方:電気代の節約
火事から家を守るエクステリア工事:植栽で防火壁を造る
門周りや庭の工事を行う前は、イメージ作りと情報収集を行う
優良な外構専門業者を選別する方法:打ち合わせのポイント
エクステリア工事完了後の引き渡しとメンテナンスの手順
エクステリア工事を行う前に心得ておくべき工事の流れ
外構工事で失敗する前に知っておきたい困りごとベスト5
庭に植えた植栽がストレスを緩和し、健康を保つ:外構工事
夜に外でパーティーをしても、虫や蚊寄り付かない庭の造り方
多くの方が悩む猫の糞や尿で困らないエクステリアを作る方法
敷地内や家の前にある、邪魔な電柱や支線を移動させる方法
バリアフリーを意識した外構工事を行う際の注意点
庭の除雪作業の労力を最小に抑える方法:ロードヒーティング
庭造りのプランを数回に分け、長期的な外構工事を行う
水勾配をとれない場所で排水性を向上させる方法:外構工事