外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

庭造りのプランを数回に分け、長期的な外構工事を行う

 

外構工事(エクステリア工事)のプランを考える時、値段ばかりを気にしてはいけません。安さを追い求めてしまうと、手抜き工事をされたり粗悪な材料を使われたりしてしまう可能性があるからです。

 

ただ、多くの方は予算がありません。あるいは、「できるだけ工事費用を抑えたい」と考える方は多いです。そのため、本心は「高単価なオシャレな工事を行いたい」と考えていたとしても、妥協してしまう方はたくさんいます。

 

しかし、エクステリア工事は人生で一度行うかどうかの大きな買い物です。ここで諦めてしまうと、後に必ず後悔してしまいます。

 

そこで、一回のエクステリア工事で庭全体を完成させるのではなく、数回に分けて造り上げていく方法を採用することをお勧めします。

 

例えば、理想の外構工事を行うためには300万円の工事費用が必要だとします。このとき、1期工事200万円、2期工事100万円といったように施工する場所を分けることができます。

 

これであれば、お金に余裕があるときに工事を行うことができます。そのため、理想とするエクステリアを妥協せずに完成させることができます。さらに、暮らしながらプランを考えることができるため、その都度ごとに不便なことを解決したり必要なものを取り入れたりすることができます。

 

 実用的な庭は住んでみて初めて分かる
雑誌やインターネットを開くと、見栄えのある庭がたくさん紹介されています。多くの方は、それらを参考にしながら外構プランを構築します。

 

しかし、デザイン性はもちろんのこと、エクステリアは機能性も兼ね備えている必要があります。見栄えばかりを気にして庭造りを行ってしまうと、使い勝手の悪い外構が出来上がってしまうからです。

 

ただし、たとえエクステリアプランを入念に考えたとしても、実際に住んでみなければ本当に過ごしやすいかどうかは分かりません。そのため、金銭的な問題だけではなく、「実用的な庭を造りたい」という面で考えてもエクステリア工事を数回に分けて行うことは理想的です。

 

例えば、駐車場やアプローチ(敷地の入り口から玄関までの路)は毎日使用する場所です。そのため、使い勝手が悪いとストレスが溜まる原因になりかねません。

 

しかし、庭造りを数回に分けて行う場合、実際に暮らしながら外構プランを考えることができます。

 

1期工事を行った後、車を駐車しづらかったり、アプローチが歩きにくかったりするのであれば、次の2期工事で不便な箇所を改善することができます。こればかりは、実際に住んで使用していなければ分かりません。使いづらい箇所が良くなれば毎日の生活が圧倒的に過ごしやすくなります。

 

ただし、駐車場やアプローチに限らず、一つの箇所を完成させてしまうと、作り直す際に解体費用が発生してしまうので注意が必要です。

 

 普段から使用する場所は未完成のまま様子を見る

例えば、駐車場やアプローチをコンクリートまたはブロックで完成させてしまった場合、取り壊さなければ新しく施工することはできません。

 

このとき、外構工事費用とは別に、解体料金が発生してしまいます。

 

そのため、作り直す可能性が予想できる場所のエクステリア工事を行う場合、途中ではあるが生活に支障のない状態まで施工して、残りの完成部分は生活しながら考えることをお勧めします。

 

ただ、駐車場やアプローチを土のままにしておくと、道路や玄関に土を引っ張ってしまったり、雑草が生えたりしてしまいます。そのため、水勾配(みずこうばい:水が流れる傾斜)を確保した上で、砕石を敷いておくと良いです。

 

砕石であれば、プランが変更になったとしても掘り起こせるため、解体費用は発生しません。仮に予定通り工事を行うとしても、コンクリートやブロック、タイルなどの下地としてそのまま使用できます。

 

このことから分かるように、「外構工事を数回に分けて施工する際は、次の作業で無駄が発生しないこと」が大切です。

 

つまり、長期的な外構工事といっても、「庭を造り上げる」ことに変わりはないため、先のことまで見通した段取りが必要ということです。

 

外構工事のプランを考える際は、一度に完成させることばかり意識するのではなく、「数回に分けて造り上げることができる」ことを覚えておきましょう。予算と実用性を考慮した上で、理想のエクステリアを構築してください。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


庭造りのプランを数回に分け、長期的な外構工事を行う 関連ページ

防犯対策で門扉を付ける際の注意点:ストレスのない外構
外構(エクステリア)工事で目隠しフェンスや塀を設ける際の極意
洋風の庭を造る際の過ごしやすい外構(エクステリア)のポイント
ご近所とのトラブルを未然に防ぐ外構(エクステリア)工事の方法
エアコンの室外機の設置場所を考え近所トラブルを未然に防ぐ
エアコンを使用しないエクステリアのつくり方:電気代の節約
ストレスを感じない駐車場の造り方:暮らしやすい外構工事
火事から家を守るエクステリア工事:植栽で防火壁を造る
門周りや庭の工事を行う前は、イメージ作りと情報収集を行う
優良な外構専門業者を選別する方法:打ち合わせのポイント
エクステリア工事完了後の引き渡しとメンテナンスの手順
エクステリア工事を行う前に心得ておくべき工事の流れ
外構工事で失敗する前に知っておきたい困りごとベスト5
庭に植えた植栽がストレスを緩和し、健康を保つ:外構工事
夜に外でパーティーをしても、虫や蚊寄り付かない庭の造り方
多くの方が悩む猫の糞や尿で困らないエクステリアを作る方法
敷地内や家の前にある、邪魔な電柱や支線を移動させる方法
バリアフリーを意識した外構工事を行う際の注意点
庭の除雪作業の労力を最小に抑える方法:ロードヒーティング
水勾配をとれない場所で排水性を向上させる方法:外構工事