外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

門周りや庭の工事を行う前は、イメージづくりと情報収集を行う

 

外構工事(エクステリア工事)を行うためには、あなたの思い描く理想をまとめ上げ、その内容を実際に形にしてくれる外構専門業者を見つけ出さなければいけません。

 

しかし、業者を探す前に、あなたが望んでいるエクステリアの内容が分からなければ、外構業者も適切な提案ができません。庭づくりの第一歩はイメージ作りから始まります。イメージが決まっていないと、工事の様式やデザインを決めることすらできないからです。

 

また、エクステリアはマイホームを購入するのと同じように、一生に一度の大きな買い物です。家族全員が過ごしやすい空間になるように、何度も家族会議を行うようにしましょう。さまざまな内容をかき集め、あなたを含めた家族全員が明確なイメージを持ち、意見を出し合うようにしてください。

 

ただし、周りを見渡しても、大半の方が外構工事を一度しか行ったことがありません。あるいは、経験されていない方が大半です。そのため、知り合いから工事のアドバイスを受けようとしても、十分な情報を集めることができません。このこともあり、エクステリアに対するイメージを膨らませるのは至難の業です。

 

そこで、このページでは門周りや庭に関する情報収集の方法を詳しく述べていきます。情報収集の方法を知った上で実践すれば、イメージが膨らみ、あなたが望んでいる外構が明確に見えてきます。そして、工事内容や業者選びなど、エクステリアに関わる全ての過程をスムーズに進めることができるようになります。

 

 情報収集を行い、エクステリアのイメージを明確化する
庭づくりの情報を集める際は、エクステリア関連の出版物やインターネットを見たり、外構専門業者のショップや展示場、あるいはイベントなどに足を運んだりすると良いです。実際に、あなたの目で見たり聞いたりすることで、よりリアルなイメージが沸き上がり、理想とする庭づくりが明確化されていきます。

 

例えば、以下のような内容の候補を挙げるだけでも、あなたが「エクステリアに何を求めているのか?」ということが分かります。

 

 ・家庭菜園のできる庭が欲しい
 ・のんびり読書を楽しめる庭が欲しい
 ・ペットとのんびり過ごせる庭が欲しい
 ・友人を招いてパーティを開ける庭が欲しい
 ・休日はバーベキューを楽しめる庭が欲しい
 ・夜はロマンチックにライトアップされる庭が欲しい
 ……

 

箇条書きにして書き出してみることで、理想の庭のイメージが浮かんできます。また、書き出した資料があれば、エクステリア業者とのヒアリングに役立ちます。庭づくりのプロでから見れば、あなたがどのような外構を望んでいるかを読み取ることができるからです。

 

なお、あなたの望んでいる庭で、「家族でどのような時間を過ごしたいのか」ということや、「住宅の間取りとのつながりをどのように持たせるのか」といった生活イメージを関連させることも大切です。駐輪場や物置の配置など、10年後も見据えてイメージを持つことが重要です。

 

 生活スタイルに合わせた庭づくり
イメージがある程度まとまったら、それを実現させるためのエクステリアのスタイルを決めます。外構のスタイルは大きく分けて3種類あり、以下のようなものになります。

 

 

 オープンスタイルについて
オープンスタイルの門や庭は、囲まれていないため、開放感があります。庭を広く使うことができる上に、塀やフェンスの工事を行わない分、低コストで施工可能です。さらに、周り近所や通行人から庭が見えるため、不審者がいればすぐに見つけることができます。

 

つまり、「防犯性に優れている広い庭を低コストで造ることができる」ということです。

 

ただ、誰からでも庭や家の中を覗くことができてしまうため、プライバシーに配慮する必要があります。部屋の間取りを考えずにオープン外構を採用してしまうと、プライベート空間であるリビングですら人目が気になり、くつろぐことすらできなくなります。

 

工事費用が安いからといって、安易に採用せず、あなたの生活スタイルと建物の間取りを考慮した上でオープン外構を採用するようにしましょう。

 

 セミオープンスタイルについて
門柱や塀、あるいはフェンスで部分的に境界を造り隠すことで、プライバシーを確保しながら開放感のある庭づくりができます。さらに、防犯性もかねているので、近年ではセミオープンスタイルを採用するご家庭が増えています。

 

オープンスタイル(防犯性に優れている)とクローズドスタイル(プライバシーが高い)の良い点をバランスよく取り入れているため、デメリットの少ないエクステリアとしても人気を博しています。

 

ただし、オープンスタイルとクローズドスタイルそれぞれのメリットが半減した外構ということは覚えておいてください。もし、防犯性かプライバシーのどちらかを優先したい場合、エクステリア業者とのヒアリングの際に相談してみましょう。

 

 クローズドスタイルについて
敷地内を塀やフェンスで完全に囲むスタイルになります。プライバシーは高く、重圧感や建物との一体感を演出できます。要するに、「建物全体が風格のある見栄えのエクステリアになる上に、確立されたプライベート空間を独り占めできる」ということです。

 

ただ、外構工事を行う場所が広範囲になってしまうため、他のスタイルに比べて多額の費用が必要です。また、周りを全て囲ってしまうため、不審者や泥棒に侵入されてしまうと、周り近所の方や通行人に気付いてもらうことができません。

 

ホームセキュリティなどに加入する必要性が出てくるため、エクステリアのメンテナンス費用に加え、防犯にもお金がかかります。

 

エクステリアのスタイルを決める際は、値段はもちろんのこと、プライバシーや防犯性まで考慮して決めると良いです。そうすることで、必要な費用や妥協しなければいけないところが明確になります。

 

このページで述べてきた通り、情報収集を行うことでイメージが膨らみ、門周り庭づくりに必要な情報の大半が明確化されていきます。あなたが導き出した内容を元に、それを実現してくれる優良な外構専門業者を選び、思い描く理想を形にしてもらいましょう。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


門周りや庭の工事を行う前は、イメージ作りと情報収集を行う 関連ページ

防犯対策で門扉を付ける際の注意点:ストレスのない外構
外構(エクステリア)工事で目隠しフェンスや塀を設ける際の極意
洋風の庭を造る際の過ごしやすい外構(エクステリア)のポイント
ご近所とのトラブルを未然に防ぐ外構(エクステリア)工事の方法
エアコンの室外機の設置場所を考え近所トラブルを未然に防ぐ
エアコンを使用しないエクステリアのつくり方:電気代の節約
ストレスを感じない駐車場の造り方:暮らしやすい外構工事
火事から家を守るエクステリア工事:植栽で防火壁を造る
優良な外構専門業者を選別する方法:打ち合わせのポイント
エクステリア工事完了後の引き渡しとメンテナンスの手順
エクステリア工事を行う前に心得ておくべき工事の流れ
外構工事で失敗する前に知っておきたい困りごとベスト5
庭に植えた植栽がストレスを緩和し、健康を保つ:外構工事
夜に外でパーティーをしても、虫や蚊寄り付かない庭の造り方
多くの方が悩む猫の糞や尿で困らないエクステリアを作る方法
敷地内や家の前にある、邪魔な電柱や支線を移動させる方法
バリアフリーを意識した外構工事を行う際の注意点
庭の除雪作業の労力を最小に抑える方法:ロードヒーティング
庭造りのプランを数回に分け、長期的な外構工事を行う
水勾配をとれない場所で排水性を向上させる方法:外構工事