外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

エアコンを使用しないエクステリアのつくり方:電気代の節約

 

外構工事(エクステリア工事)を行う際、デザインや機能性に加え、自然環境についても考えることができれば完璧です。しかし、大半の方は環境のことまで考えることができません。そのため、結果として周り近所に迷惑をかけてしまう方は多いです。

 

そもそも、地球環境の問題は他人事ではありません。一人ひとりが環境保全を心がけ、改善に努めなくてはいけません。

 

特に、地球温暖化は現代社会が抱える大きな問題です。私たちが使用し続けるエアコンも、その元凶の一つであることは間違いありません。

 

そこで、エアコンを使用せずに過ごせる方法を以下にまとめました。この内容を実践して、できる限り冷房に頼らない生活を意識するように心がけるようにしましょう。冷房を使用しなければ、夏にかかる莫大な電気代まで削減できます。

 

 過ごしやすいエクステリア
エクステリア工事を行う際、日本の夏を乗り切れる外構にする必要があります。例えば、都心部の場合、ヒートアイランド現象(都市部の気温がその周辺の郊外部に比べて高温を示す現象)などにより、他の地方より温度が高温になる傾向があります。土が出ている面が少なく、熱を逃がすことができないからです。

 

特に、コンクリートやアスファルトなどは、熱をいつまでも保存する性質を持っています。そのため、夜になっても蒸し暑さが続いてしまいます。

 

ただ、駐車場やアプローチにコンクリートやアスファルトを使用する方は多いです。見栄えが良い上に、耐久に優れているからです。

 

そこで、暑さが気になる方の場合、インターロッキング(互いがかみ合うような形にし、レンガ調に組み合わせた舗装方法)などの透水性(物質が水を通す性質)の舗装に変えることをお勧めします。これに散水することで、庭周辺の体感温度が一気に下がります。

 

ちなみに、近年では、安価な散水装置が手に入るため、それを採用している方が増え続けています。電気代もほとんどかかりません。

 

ただ、見るからに涼しげな池を設けるのはお勧めできません。ボウフラ(蚊の幼虫)が湧くからです。また、その他の害虫が育ちやすい環境を作り出してしまいます。

 

他には、自然に吹く風を活用すると良いです。例えば、家の周りをブロック塀などで完全に囲うのではなく、植栽などを並べて目隠しをしつつ、適度な風を取り入れる外構にします。すると、風が良く抜けるので、窓を開けておけば、家の中にこもった熱気を涼しげな風が外に排出してくれます。

 

 エアコンがもたらす危険とは
そもそも、エアコンは人工的に体を冷やすため、人体に良くありません。実際に「クーラー病(気温の変化に対応できず頭痛や冷え性、だるさなどを引き起こす症状)」と呼ばれる現代病があるくらいです。

 

しかし、ヨーロッパ南欧のように乾燥した地域であれば、エアコンは必要ありません。窓を閉め切れば室内は驚くほど涼しくなるからです。一方、高温多湿の日本の場合、窓を開け放し、なるべく熱気を外に逃がさなければ、温度と湿気の両方に体力を奪われてしまいます。

 

ただ、エアコンを使用すれば温度調整ができるばかりではなく、湿気を取り除くこともできます。そのため、「ジメジメした日本の夏を乗り切るにはエアコンは必要不可欠」という方はたくさんいます。

 

しかし、冷房が効いている室内ばかりにいると、水分補給を怠りがちになるため、熱中症になりやすいです。熱中症といえば、死につながる大変危険な症状です。「涼しい場所にいるから大丈夫」などという安易な考えを持っている方ほど、病院に運ばれやすいです。

 

つまり、「エアコンは快適な空間を作る代わりに、人体に及ぼすリスクが高い」ということです。

 

そこで、冷房を使用しなくても「涼しい」と感じるエクステリアを目指します。涼しげな外構を意識することで、空調にかかる電気代を抑えましょう。

 

このように、エアコンに頼らずに夏を過ごしやすい季節に変えることが可能です。エクステリア工事を行う際は、住宅空間の中でストレスをなくす、あるいは軽減するための仕組み作りを創り出すことを心がけてください。これらもまた、外構の大切な役割でもあります。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


エアコンを使用しないエクステリアのつくり方:電気代の節約 関連ページ

防犯対策で門扉を付ける際の注意点:ストレスのない外構
外構(エクステリア)工事で目隠しフェンスや塀を設ける際の極意
洋風の庭を造る際の過ごしやすい外構(エクステリア)のポイント
ご近所とのトラブルを未然に防ぐ外構(エクステリア)工事の方法
エアコンの室外機の設置場所を考え近所トラブルを未然に防ぐ
ストレスを感じない駐車場の造り方:暮らしやすい外構工事
火事から家を守るエクステリア工事:植栽で防火壁を造る
門周りや庭の工事を行う前は、イメージ作りと情報収集を行う
優良な外構専門業者を選別する方法:打ち合わせのポイント
エクステリア工事完了後の引き渡しとメンテナンスの手順
エクステリア工事を行う前に心得ておくべき工事の流れ
外構工事で失敗する前に知っておきたい困りごとベスト5
庭に植えた植栽がストレスを緩和し、健康を保つ:外構工事
夜に外でパーティーをしても、虫や蚊寄り付かない庭の造り方
多くの方が悩む猫の糞や尿で困らないエクステリアを作る方法
敷地内や家の前にある、邪魔な電柱や支線を移動させる方法
バリアフリーを意識した外構工事を行う際の注意点
庭の除雪作業の労力を最小に抑える方法:ロードヒーティング
庭造りのプランを数回に分け、長期的な外構工事を行う
水勾配をとれない場所で排水性を向上させる方法:外構工事