外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

外構工事に必要な植栽基本知識:配植テクニック

 

外構工事(エクステリア工事)のプランニングを行う際、工事内容を先に決めなければいけません。これらが決まらなければ、正確な費用を導き出せません。

 

ただ、外構の内容を決める際は、「機能性に欠けている庭」にならないように注意してください。オシャレな上に見栄えのある庭ができたとしても、使いづらかったりメンテナンスを頻繁に行わなければいけなかったりしては、本末転倒です。

 

外構工事とは、あなたが必要だと思っている理想を形にして、毎日が楽しくなる庭を作ることが目的です。駐車場や玄関回りの外構は毎日使用するため、デザイン性と機能性の両立が大切になります。

 

特に、植栽を植える際は注意が必要です。樹木は、感覚的に植えれば良いというものではありません。

 

植え方によっては、デザイン性が劣ることはもちろんのこと、空間に奥行や広がりがなくなります。また、植物を密集させて植えてしまうと、植物の成長に悪影響を及ぼします。日の光が届かなくなったり、風通しが悪くなったりすることで、植物の成長に欠かせない光合成をすることができなくなる上に、害虫が湧きます。

 

このようなことを避けるため、植栽を植える際は、最低限のスペースを確保する必要があります。そこで、植栽の基本的な植え方のルールを以下で説明していきます。

 

 植栽の並べ方:配置の基本(狭く感じる配置)
樹木を植える中で、最も注意しなければいけないことは「配置」です。植物を植える配置を間違えてしまうと、敷地内の空間が狭く感じたり、広く感じたりします。

 

欧米のような敷地面積が大きい国ならまだしも、敷地面積が限られた日本の場合は空間をより広く伸びやかに見せる工夫が必要です。草木を適当に植えるのではなく、形状や大きさも考えながら樹木を植え付けると良いです。植物の配置一つで見栄えを左右します。

 

例えば、同じ大きさの植栽を三本等間隔で植えるとします。すると、敷地内の空間が均等に仕切られるため、圧迫感のある外観になります。自然に生えている植物は、完全に一直線で並んでいるものが存在しないからです。

 

 

そのため、自然風にみえる樹木の庭を施工する場合は、デザイン構成をよく考えて植えなければいけないことが理解できます。庭へ植える植栽の配置を考える際は、三本以上の樹木が直線状に並ばないように気を付けてください。

 

ただし、植物を利用して塀にしている垣根は別です。もともと敷地の塀として設けられるため、均等に並べなければ見栄えが悪くなります。

 

 植栽の並べ方:配置の基本(広く感じる配置)
きちんと垣根を手入れできているお宅の外構は風格があります。配植(植物の配置)をきちんと理解できない間は、植物を植えないようにしてください。植物を植える位置次第で、見違えるような外観になります。

 

特に樹木の形状や大きさ、配置をバランスきちんと考えられた庭は、違和感を覚えることはありません。その中でも、外観に遠近法を取り入れると、広がりのある空間を演出できます。

 

 

配植の位置関係は、上右の平面図のように「不等辺三角形(辺の長さがすべてバラバラな三角形)」を造るように意識しましょう。庭全体の植物の配置も同じように、3本以上の木が並ばないように気を付けて樹木を並べてください。

 

完成予想図が分からない場合、このページに掲載されているような立体パターンの図や、平面図を書き出してみましょう。そうすることで配植イメージが沸き、より立体的な空間づくりに繋がります

 

 

上の図のように、規則正しく並べられた外観を見たことがある方はいないはずです。どの場所に植えられている植栽もランダムに植えられていることに気付きます。

 

自然で育つ植物を元気に育てるためには、自然に近い環境が必要不可欠です。冒頭で述べたように、日当たりの問題や害虫の発生を抑えるためには植栽の配置が命です。また、配植をきちんとすれば、メンテナンスの頻度を落とすこともできます。

 

ただ、外構工事を行っている業者のほとんどがこのような植栽デザイン法を知りません。職人さんのイメージだけで植栽を植え始め、見栄えが悪くなったり、手入れに莫大なコストが必要になったりする庭になる方はたくさんいます。

 

そこで、デザインや機能性を重視して外構工事を施工している優良業者と出会う必要があります。植栽工事の実績が豊富にある専門業者を見つけ出し、納得のいくデザインを提案してもらいましょう。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声