外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

日光を巧みに操る外構工事:植栽を利用して影を操る

 

外構工事(エクステリア工事)で植栽のプランニングを行う際、配植(植物の配置)が非常に大切です。草木の植える場所によって、風通しや日当たりが異なるからです。

 

また、近年では地球温暖化が進み、自然環境が変わろうとしています。ビルの乱立や緑地の減少、道路などの舗装面の増加などが原因とされています。

 

全世界で環境破壊が進んでいるため、局部的な気候はあなたの住んでいる敷地内にも、さまざまな現象をもたらします。そのため、外構を過ごしやすいものにできるかどうかで、土地の利用者であるあなたの快・不快を左右します。

 

特に、微気候(地表から近い標高の気候)は住む地域によって環境条件が異なります。微気候とは、地上から1.5〜100m付近の地表面の影響(温度など)を受けやすい狭い範囲の気候を指します。そのため、全国各地で異なる気候に対応した外構工事を行う必要があります。

 

例えば、真夏の都心部の場合、ヒートアイランド現象(都市の中心部の気温が郊外に比べて高くなる現象)が問題になっています。もともと土や植物で覆われていた大地の面積が減ったため、太陽光で高温に熱せられた地表の温度を下げきれなくなったことが原因です。

 

そこで、こうした微気候などの敷地固有の環境条件に対応した外構工事を行う必要があります。このページでは、植栽を有効活用して、照りつけるような日光を巧みに操る方法をいくつか紹介していきます。樹木を上手に活用することで、新しい環境を作り出すことができます。

 

 落葉樹を活用する
デザイン性や植えられる環境を考慮しつつ、過ごしやすい外構を目指すためには「バランスの良い空間づくり」が大切です。前述の通り、植栽を活用すれば、快適な空間を簡便に作り出せます。

 

例えば、太陽を利用する一番な簡単な方法は「落葉樹を植えること」です。落葉樹は、夏には枝葉で陰を作り出し、その一方で冬には葉の落ちた枝の隙間から暖かい日の光を届けます。

 

 

日光は微気候(地表から近い標高の気候)に大きく影響を与えるため、上記の図のような方法で手軽に庭の温度管理ができます。夏は涼しく冬は暖かいため、冷・暖房費の節減にもなります。

 

ただ、植える位置を間違えてしまうと、せっかく植えた植栽が意味をなさなくなります。

 落葉樹の効果的な植え方
落葉樹を有効活用するためには、四季によって異なる太陽の高度を考慮しなければいけません。冬の太陽が低い角度から差し込むのに対し、夏の太陽は高い角度から照り付けます。そのため、冬にできる陰は長く、夏の影は短くなります。

 

 

ただ、植栽を扱う外構工事専門業者(エクステリア業者)によって、植栽の植える位置を誤ることがあります。樹木は高ければ高いほど、あるいは建物に近ければ近いほど陰に覆われやすいです。しかし、あまり近くに植物を植えてしまっても害が生じます。

 

例えば、成長の早い草木の場合、住宅の基礎付近に埋められている水道管やガス管といった配管に根が侵入しやすくなります。また、木質も柔らかいものが多いため、強風などですぐに折れてしまい、大切なマイホームに傷を付けてしまう可能性があります。

 

このようなことを防ぐために、一年を通して快適に過ごすことができる庭を作る必要があります。そのためには、建物と適切な距離に植栽を植える工夫を意識しましょう。

 

また、幅が広がらないまま高く伸びる樹木と、樹高(樹木の高さ)はあまり高くならないが枝葉の幅が出る植栽があります。これら植物の夏と冬の影を比べると、前者の方が建物に陰を落とす面積が多くなります。一方後者の場合、住宅にほとんど陰がかかりません。

 

 

上記のことを踏まえて植栽プランを考えると、高く成長する樹木は「住宅が密集している都心部のような限られたスペース」へ植えると良いことが理解できます。

 

ただし、草木が1m成長するためには、相当な月日が必要になります。大きくなるまでの間は陰も小さいため、施工直後に陰を活用するのは難しくなります。

 

初めからある程度広い日陰が必要な場合は、外構工事で大きな植栽を植えなければいけません。植栽は大きくなるにつれて値段が跳ね上がるため、十分な予算が必要になるので注意しましょう。

 

このページで述べてきた通り、植物の特性を活かすことで環境が激変します。外構全てをコンクリートやブロックで埋め尽くすのではなく、植物を上手に活用して日陰を作り、毎日の生活を快適な庭で過ごすことを目指してください。

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声