外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

外構工事で作る休憩ポイント:植栽を利用する

 

外構工事(エクステリア工事)を行う醍醐味として、プライベート空間を作り出せることが挙げられます。建物の中では味わうことができないアウトドア感覚を、誰にも邪魔されることなく楽しむことが可能になります。

 

プライベートガーデンを作り出す際、周り近所の視線や通行人の目線を気にせずにゆっくりしたいはずです。誰の存在も気にせずに時間を過ごせる場所が、本物のプライベートガーデンです。また、通気性や日当たりのことも考慮すると、機能性機能性も考慮しなければいけません。

 

ただし、外構工事で目隠しや日陰を設けようとすると、莫大な工事費用がかかってしまいます。例えば、建物を囲う塀をコンクリート構造物にする場合、あっという間に100万円を超える高額な工事になります。さらに、デザインや機能性を追求していくと、値段が跳ね上がってしまいます。

 

そこで、植栽を上手に活用することで、工事費用を安価に抑えることが可能になります。それどころか、きちんとしたプライベート空間を確立させることもできます。このページでは、植栽を用いたプライベート空間の構築法をまとめてあります。

 

 植栽が織りなす柔らかい印象
和風住宅または洋風住宅に限らず、外構工事に植栽を取り入れることは有効です。ただし、デザイン次第で純和風の和庭を演出したり、洋風の庭園を再現したりすることもできます。また、植栽を行う最大の魅力は、「自然を取り入れる」ことにあります。

 

例えば、日の光が強い南側へ背丈の高い植栽を設けることで、木漏れ日の溢れる目隠しを作り出すことができます。また、外部と内部を完全に遮断するわけではないため、通気性も同時に確保できます。

 

風が吹き、木の枝を揺らせば、森の中にいるような感覚を味わうこともできます。

 

そこへ椅子やテーブルを用意すれば、良質な休憩所の出来上がりです。さらに、プライバシーも守られているため、本を読んだりお昼寝をしたりしても良いでしょう。

 

 天然の日陰を作り出す
前述の通り、南側へ植栽を設けることで、意図的に日陰を作り出すことができます。しかし、真夏になると太陽は地球の真上へ上ります。すると、屋根がある場所以外は日陰がなくなってしまう時間帯があらわれます。

 

そこで、植栽を上手に利用することで、緑が美しい屋根を設けることができます。

 

例えば、藤と呼ばれるマメ科の植物を植え、ツルを伸ばす骨組みを設けることで、「藤棚」と呼ばれる光景を楽しむことができます。

 

また、4〜5月の間にきれいに垂れ下がる花を観賞することもできます。

 

ベンチが無くとも、シートを敷くだけでも咲き乱れる花を木漏れ日の中で眺めることが可能になります。

 

このように、植栽の特徴を生かすことで、緑豊かな外構が完成します。見栄えがあり、さらに風情豊かな外観を目指すのであれば、植栽を上手に取り入れることをお勧めします。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声