外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

外構工事で植えた植栽が枯れた際に使用する「枯れ保障」とは

 

植栽はコンクリートやブロックと異なり、命があります。成長したり病気になったり、または枯死(枯れる)することもあります。ガーデニングを趣味にお持ちの方であれば、植物の育て方の基礎知識を踏まえているのですが、ほとんどの方は草木の手入れ方法が分かりません。

 

そのため、外構工事(エクステリア工事)でバランスよく植栽を植えたとしても、すぐに枯らしてしまう可能性があります。このようなことを避けるため、樹木に関する知識を身に付け、あなたの手でいつまでも緑豊かな外構を保つ必要があります。

 

植栽を選ぶ際、必ず実物をあなたの目で確認してください。インターネットや雑誌に掲載されている植物の写真は、見栄えの良いものを選別して撮影しています。そのため、種類を指定しただけで樹木を選んでしまった場合「イメージと全然違う樹木を植えられてしまった」という後悔の声が後を絶ちません。

 

前述の通り、植栽を選ぶ際は、必ず実物を見てから決めるようにしてください。このとき、選んだ植物の育て方や手入れ方法を確認しておくようにしましょう。これを行うことで、健康で青々とした外観を保ち続けることが可能になります。

 

ただし、きちんとメンテナンスを行っていたにも関わらず、植物が枯れてしまうことがあります。この場合、「枯れ保証」と呼ばれる保証が適用されます。

 

 枯れ保証とは
枯れ保証とは、外構工事で植えた植栽に対してきちんと手入れを行ったにも関わらず、植物の成長が悪くなったり枯れてしまったりした場合、無料で植え替えを行うという保証制度です。ただし、「工事で植える植栽全てが標準以上の健康状態で施工されていることが前提」となります。

 

しかし、数多くの植物を扱う場合、弱い体質の草木が混じっていたり、工事の際にダメージを与えたりしてしまう可能性があります。そのため、このような保証を付けている外構専門業者は多くあります。

 

ただ、業者によって保証が無い場合があります。植物は工事が原因で枯れてしまうこともあるため、必ず枯れ保証が付いている業者に工事の依頼をしてください。

 

ただし、例え枯れ保証が1年ついていたとしても注意が必要です。植栽の管理は非常に曖昧であり、工事を発注した業者ごとに枯れ保証の条件が異なります。そのため、枯れてしまった後に「当社の条件を満たしていないため、枯れ保証の適用はできません」などという業者が存在することも事実です。

 

このような状況を回避するために、工事を依頼する前に外構専門業者の指定する「保障の適用条件」を確認しておきましょう。その条件を満たしていれば、枯れ保証は必ず適用されます。

 

 枯れ保証の適用条件を確認する
植栽の管理では水やりが必須条件となります。基本的には、雨が当たる場所に植物を植えることで植物は健康に育ちます。

 

ただし、植物は上から水を浴びるのが自然であるため、雨水が当たらない場所の草木は枯れやすくなってしまいます。土から水を吸い上げるだけでは良好状態を保つことができません。そこで、雨水だけではまかないきれないため、水やり作業を怠ってはいけません。

 

また、屋根のかかる雨水が当たらない場所に植栽を植える場合、頻繁に水やり作業を行わなければいけません。しかし、「水やり作業を忘れやすい」ということが多いため、草花はダメージを受けやすくなってしまいます。

 

人工的な水やりに頼る方法は「忘れる」という要素があり、非常に不安定であるため、植栽を植える外構専門業者は枯れ保証を付けたがりません。そこで、前述の通り、外構専門業者の指定する保障の適用条件の確認が大切になります。全ての植物が健康な状態であり続けるように、多少の努力は覚悟してください。

 

 植栽の健康状態を確認する
枯れ保証があるからといって、植栽の手入れをないがしろにしてはいけません。そもそも、植栽の健康管理や手入れなども、植物を庭へ植える醍醐味の一つです。ただ、素人では草木の健康状態を確認できません。そこで、樹木の健康を簡単に確認する方法を紹介します。

 

植えたばかりの植物は、見た目が弱々しく見えることがあります。これは、運搬と植え付けによるダメージを最小限にするために、人の手で枝や葉をかなり落とすからです。

 

一見すると弱っているように見える植物の調子を確かめるには、10日〜2週間後の様子を見て判断します。これだけの期間を置くと、土から水を吸い上げるようになるため、幹や枝の表面を水が行き来するようになります。この状態で幹や枝に触れると、ひんやり冷たい感覚を感じ取ることができます。

 

このとき、枯れてしまっている樹木は外気温とほぼ同じ温度です。そのため、触れても乾燥していることが分かります。ただし、爪の先で少し表面を削り、湿った面が出てくれば生きていると思ってください。

 

植栽の命は、外構工事を行った瞬間が一番弱っています。面倒くさいと思うかもしれませんが、業者や専門家に手入れの方法を聞いた上で実行してください。それでも枯れてしまった場合は、枯れ保証を活用してください。きちんと手入れをしているのであれば、業者は一目見れば手入れの行き渡っていることが分かります。

 

見栄えのある外構とは、手入れの行き届いている庭のことを指します。枯れている植物をそのままにせず、緑豊かな外観を目指してください。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声