外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

樹木の寸法を考慮して植栽を行う外構工事

 

植栽を活用した外構工事(エクステリア工事)を行う場合、植物についての基礎知識を必要とします。きちんとした知識を持たずに植栽を植えてしまうと、メンテナンスの問題や害虫の問題が発生します。また、植えた後に大きく成長する樹木の場合、周り近所へ迷惑が及ばないように配慮する必要があります。

 

そこで、植物の寸法や形状を考慮した失敗しない植栽選びを紹介します。以下の内容を理解することで、コスト削減やデザインのプランニングの参考になります。

 

 あなたに合った植栽を見つける
建物の外観を華やかにするためには、植栽を植えることが有効な手段です。ガーデニングで植える草花であれば、素人でも楽しめます。また、低木(1.5m以下の樹木)であれば、園芸センターで購入することができ、植える方法を教えてもらうこともできます。

 

駐車場を一面コンクリートにするような工事に比べ、植栽を植える工事は安価にて施工できます。また、植物の根を張らせるための知識さえあれば、ご自身で緑溢れる庭園を作り上げることも可能です。庭に植物を植えるだけで、華やかな外構になるでしょう。

 

実際に、風情のある外構やインパクトのある外構には必ず植物が植えられています。

 

ただ、「植栽を植えることで落ち葉の片づけや害虫の駆除などを行わなければいけない」と考える方がいます。

 

そこで、植栽の基礎知識を身に付けることで、メンテナンスフリーの植栽を自ら選ぶことも可能です。ただし、個人でできないメンテナンスに関しては、業者に手入れを依頼しなければいけません。メンテナンス費用や植栽の値段を考慮して、コスト削減を目指してください。

 

 植物の寸法・形状の基礎知識
外構工事に植える植栽を計画する際、植物のサイズや形状を指定できます。敷地の大きさに合わせて樹木を選んだり、デザイン性を統一したりできます。

 

このとき、植栽時の樹高(樹木の高さ)や枝張(枝葉の直径)のバランスを考えるのはもちろんのこと、木が成長したときの最大寸法も考慮しなければいけません。

 

また、幹周(地上1.2mの部分で計測した幹の周長)の成長も把握しておかなければ、周りの植物や構造物に影響してきます。

 

それどころか、樹木自体の成長の妨げになる可能性があります。樹高や枝張が大きくなるということは、これらを支える幹も太くたくましくなければいけません。高木(樹高が5mを超える樹木)のような大きな木であれば、支えである幹の成長が特に大切です。

 

しかし、外構専門業者(エクステリア業者)の中には、植栽を扱っているにも関わらず、造園の知識の無い職人さんがいます。

 

このような業者は、幹が成長するための十分なスペースを確保せず、幹の周りをコンクリートやブロックで固めてしまうことがあります。これでは幹が太くなれないため、植栽の成長を邪魔してしまいます。最悪の場合、枯れてしまうこともあります。

 

専門家であるはずの業者が専門知識を持っていないことは致命的です。そこで、豊富な知識と経験を持っている優良業者を探す必要があります。

 

大半の方が見た目や値段だけで植物の種類を決めてしまうため、成長した際の樹木のことを考えようともしません。そのため、道路や隣近所へ枝が伸び、敷地をめぐるトラブルに発展します。また、落ち葉や害虫の問題も考えられるため、樹木が植えられている敷地以外のことも考慮しなければいけません。

 

ただ、「植栽の幹が敷地内に収まっていれば、敷地をはみ出ても問題ない」と考える方もいます。

 

しかし、この考え方は間違っています。敷地をめぐるトラブルは、瞬く間に大きな問題になります。賠償金の支払い問題に発展してしまった場合、高額な出費と多大な労力を余儀なくされます。このようなことを避けるために、植栽選びは慎重に行うようにしましょう。

 

 幹の形状
次に、幹の形状についても理解しておく必要があります。植栽のプランニングを行う際、樹木の幹の状態を指定することができます。地上に出ている幹の本数によって、大きく3つの種類に分けられます。

 

 


一本の樹木から一本の幹が立っている樹木を「単幹」、二本の幹が立っている樹木を「双幹」と呼びます。そして、樹木の根元から複数の幹が立ち上がっている樹木は「株立ち」と呼ばれています。

 

単幹の場合、幹は一定方向へ伸びていきます。一方、双幹や株立ちの場合はさまざまな方向へ成長していくため、注意が必要です。

 

例えば、双幹の樹木は二方向へ幹が伸びていきます。そのため、敷地の境界付近に植える際は、幹の伸びていく方向を予測する必要があります。片方の幹が敷地内に収まっていたとしても、もう片方の幹が敷地の外へ飛び出していては意味がありません。

 

伸びていく枝葉が敷地を飛び出さなさないように植え、トラブル発生を未然に防いでください。これは、株立ちの樹木も同す。

 

実際に植える時の幹の伸びていく方向まで考えなければ、「枝を切る」などのメンテナンス費用が必要になります。こうならないため、外構業者に頼む場合は十分に話を納得した上で工事を行てください。

 

このように、植物の植え方または育て方一つでトラブル発生の元になります。このページで述べてきた注意点を理解して、樹木の成長を楽しめる外構作りを目指してください。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声