外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

外構工事専門業者の中に潜む暴力団について

 

外構工事(エクステリア工事)だけに限らず、工事を行っている人は世間一般的に「恐い人」というイメージを持っている人は多いです。理由は単純であり、工事を行っている人の9割以上が男性なため、つねに怒鳴り声がこだましている場面を思い浮かべるからです。

 

また、ドラマや映画などに出てくる職人さんばかりを見ていると、強面な人をよく見かけます。そのため、好印象を抱く方は多くありません。

 

しかし、実際はみな良い人が多く、親身になって工事の相談に乗ってくれます。それどころか、業者ごとにあいさつを徹底しているので、率先して挨拶を行ってくれます。工事が終わる頃にはお施主さん(工事依頼主)と仲良くなっているパターンが多く見られます。

 

中でも、私が職人だった頃に接していた業者たちはどれも社交的でした。人と人が接する時間を大切にして、その気持ちが工事の品質にそのまま表れていることを感じました。

 

ただ、その中のごく一部に「暴力団」が潜んでいることもあります。ここでいう暴力団とは、裏の業界とのつながりが強く、その権力を武器に仕事を受ける業者のことを指します。

 

その中でも、手抜き工事や悪徳商法を行っている業者もいます。初めからお客様を騙して会社の利益を上げようとする業者のことです。彼らは、暴力団と建設業を両立して行っています。多くの人に顔が利くため、契約や仕事をスムーズにこなすことができます。

 

そもそも、「暴力団の職人さんを家に招いて外構工事をしたい」と考える人はいないはずです。なぜなら、なにか問題が発生したときに業者が暴力団だと思うと、クレームを付けづらいからです。暴力団に対して恐ろしいイメージしかないため、関わりたくないと思うはずです。

 

そこで、暴力団と関係している業者をさける必要があります。暴力団や悪徳業者から身を守るために、大切な知識を以下にまとめました。

 

 暴力団が関与する業者について
私が職人だったころ、暴力団と関係している業者をいくつか見てきました。外構工事であげた売り上げを、暴力団の資金へ回しているケースが多いです。しかし、仕事自体はきちんと行っているため、はたから見ても暴力団関係者だということが分かりません。

 

暴力団との繋がりがあるというだけで、会社自体はしっかりしている場合もあります。工事実績や行っているサービスの展開がしっかりしているため、誰かに教えてもらわない限り見つけ出すことができません。

 

そのため、暴力団と関わりのない外構専門業者(エクステリア業者)を探そうとしても、優良業者との見分けがつきません。良い業者だと思って工事を依頼した後に暴力団との関係が明らかになったとしても、工事を断ることができなくなってしまう可能性があります。

 

このようなことを避けるためにも、業者選びは慎重に行わなければいけません。

 

そこで、外構専門業者に詳しい人に紹介してもらうことをお勧めします。当サイトは優良業者のみを提供しているので、悪徳業者や暴力団関係者に出くわすことはありません。内情に詳しい人に業者を紹介してもらうことが、優良業者を見つけ出す最大の近道だと思ってください。

 

 契約書をよく読む
悪徳業者や暴力団関係者から身を守るために、最も気をつけなければいけない注意事項があります。それは、「契約書をきちんと確認する」ことです。契約書を細かく確認していなかったために、後から高額な請求がきたり、保証問題に発展したりしたという話はよくある話です。

 

例えば、駐車場の工事を100万円で業者に依頼したにも関わらず、追加請求をしてくる業者がいます。この場合、全部で100万円だと思っていたのに、余計な工事までされて150万円を請求されることがあります。

 

後から「聞いていない」と講義をしても、「契約書に追加料金の請求について記載してあります」と話をしてきます。ほとんどの方が契約書に目を通さないため、そこに付け込んで無理な契約を忍ばせてある可能性があります。

 

業者のたくらみや不正を回避するために、契約書にきちんと目を通すようにしておいてください。また、不正を発見することができれば、同時に優良業者ではないことが分かります。悪徳業者や暴力団の思うツボにはまらないように、あなた自身の警戒を緩めないようにしましょう。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


外構工事専門業者の中に潜む暴力団について 関連ページ

コンクリート構造物は「工程」で仕上がりが変わる
住宅メーカーに外構工事の依頼をしてはいけない理由
職人さんと仲良くなると得をする
本当に仕事が出来る職人はごくわずかである
水たまりを作らないために構造物は必ず水勾配が必要
現場合わせ(アドリブ)こそ「職人技」である
土間コンクリートがひび割れるのは鉄筋やワイヤーメッシュが原因
モラルのない職人が行う工事はこだわりがない
コンクリート構造物は養生期間がなければ崩壊していまう
左官仕上げで構造物の外観が生まれ変わる
コンクリートポンプで時間短縮と工事費用削減が可能
外構工事例の値段をあてにしてはいけない
信頼できる外構専門業者の見つけ方
外構工事は知り合いに頼んではいけない
優良業者の判断基準:ヒアリング内容から選ぶ
機械を使用できないお宅は、外構工事の費用が高くなる
コンクリートを使用する外構工事を雨の日に行ってはいけない
会社などの組織に属さずに外構工事を請け負う一人親方とは
外構工事で手抜き工事が起こる理由とそれを防ぐ方法
軽微な工事以外を請け負うために必要な建設業の許可の概要
工事の種類に応じた建設業の許可:28種類の業種
建設業の許可:経営業務の管理責任者としての経験
建設業の許可:専任の技術者を有していること
建設業の許可:請負契約に関して誠実性を有していること
建設業の許可:財産的基礎または金銭的信用を有していること
建設業の許可:欠格要件などに該当しないこと
建設業の許可:専任技術者の所定学科一覧
専任技術者に必要な国家資格一覧:一般建設業の許可
専任技術者に必要な国家資格一覧:特定建設業の許可
建設業が定める技術者になれる国家資格:施工管理技士とは
大規模な工事を管理する役職:主任技術者と監理技術者
外構工事の専門資格:エクステリアプランナーとは
造園工事のプロが取得する国家資格:造園技能士とは
ブロック塀の性能評価を行うための資格:ブロック塀診断士
ブロック塀を安全に作る:建築コンクリートブロック工事士とは
常用の職人を現場に派遣して儲けを出す「人工出し」とは
人工出しを使用する外構業者では高品質な工事を期待できない
外構工事の営業に有効な資格:住宅建築コーディネーターとは
住宅建築コーディネーターが外構工事の提案に適している理由
住宅建築コーディネーターの受験方法:願書を入手する
住宅建築コーディネーターの勉強方法:認定講習を受講する
住宅建築コーディネーターの勉強方法:Eラーニングを受講