外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

コンクリートを使用する外構工事を雨の日に行ってはいけない

 

電化製品であれば、工場で製造するので品質は一定です。そのため、同じ商品であれば安いことに越したことはありません。

 

しかし、外構工事(エクステリア工事)は職人の手によって現場で作り上げるため、環境が整っていなければ良質なものを作ることはできません。そのため、エクステリア工事を行う際は、慎重に行わなければいけません。簡単に作り直すことができないからです。

 

特に、雨の日にコンクリートを使用する工事を行ってしまうと、きれいに仕上げることができません。固まっていない間に雨に打たれてしまうと、きれいに仕上げるために必要なセメントや砂が流されてしまうからです。

 

ただ、素人の方はこの事実を知りません。そのため、雨の日にコンクリートを使用した工事を行われてしまい、無残な仕上がりに不満を漏らす方はたくさんいます。

 

このようなリスクを避けるために、駐車場やアプローチ(敷地の入り口から玄関までの路)の外構工事でコンクリートを使用する場合、職人さんに雨の日に施工しないようにさせてください。このページでは、雨の日にコンクリート工事を行ってはいけない理由と、職人さんに雨天の際に工事をさせない方法を紹介します。

 

 雨の日にコンクリートを使用する工事を行ってはいけない理由

コンクリートの面を金ゴテ仕上げ(鉄製の「コテ」と呼ばれる道具で表面をツルツルに仕上げること)にしたり、刷毛引き(はけびき:ほうきなどで表の面をザラザラにすること)にしたりして仕上げるとき、コンクリートは硬化していない状態です。

 

ここで、水によってセメントペースト(セメントに水を加えたもの)が流されてしまうと、コンクリートの中に入っている石が洗い出されてしまいます。すると、仕上げ作業を行うことができなくなってしまいます。

 

また、雨に打たれた部分は水が混ざってしまうため、コンクリートの強度が低下してしまう恐れがあります。コンクリートに余分な水が入ってしまうと、表面にひびが入りやすくなり、最悪の場合は割れてしまう可能性もあります。

 

実は、工場でコンクリートを製造する際は、水とセメントの比率をコンピューターで正確に計算して練られています。この比率を、「水セメント比」といいます。水セメント比は、設計通りの強度を出すために欠かせないものなので、コンクリートと水が混ざってしまうと設計通りの硬さで固まらなくなります。

 

このことからも分かるように、雨の日にコンクリートを使用する工事を行うと、デメリットしかありません。

 

優良業者であれば、仕上げ作業に支障がでるので、悪天候が予想される際は工事を延期します。晴れの日であれば、綺麗に仕上げるように100%の力を発揮できるからです。しかし、雨の日だと、雨の対策に気を使わなくてはいけなくなります。

 

一方、手抜き工事や粗悪な工事を行う悪徳業者は、雨でも関係なしにコンクリートを使用する工事を行います。では、なぜこのようなことが起きているのでしょうか。

 十分な工期が無い
コンクリートを使用する工事に限らず、雨の日にエクステリア工事が行われる理由は「十分な工期(工事期間)が無い」ことが挙げられます。

 

十分な工期を確保できない一番の原因は、「予算がない」ことが挙げられます。庭作りは、ブロックを積むだけの小さな工事であっても、数十万円以上もの費用がかかるほど高額です。それにも関わらず、いたずらに工事を安く請けてしまう業者が多いため、工期を短縮して帳尻合わせをせざるを得ない状況に追い込まれます。

 

なぜ工事期間を短縮するかというと、工事費用で一番高額なのは「人件費」だからです。

 

例えば、予算100万円の駐車場工事に対して、工事期間が3週間必要だとします。優良業者であれば、仕上がりを第一に考えるために、余裕を持って工期を設けます。

しかし、多くの外構専門業者(エクステリア業者)は80〜70万円まで値引きして工事の契約を取り付けようとします。そのため、工期を1週間から2週間で終わらせなければ会社が赤字になってしまいます。残念な話ですが、多くのエクステリア業者が以下のような方法で経費削減をしています。

 ・人員を増やして突貫工事を行う

 ・多少の雨なら、シートをかけて無理やり工事を先行する

 ・必要な工程を省いて手抜き工事をする

 

つまり、「安さを追求してしまうと、エクステリアの仕上がりに影響する」ということです。外構工事を行う際は十分な予算を用意して、良質な施工をしてもらえる環境を作ることが大切です。

 

ただ、予算の都合で「高額な費用を用意できない」という方は多いです。その場合、我慢すべき場所の費用を抑え、お金をかけるべき場所に資金を回すようにすると良いです。お金をかけたプランに対して無理やり値引き交渉をしてしまうと、庭全体の仕上がりの品質を落とすほかないからです。

 

もし、コンクリートを使用するエクステリア工事を行う場合、職人さんに「雨の日には、絶対にコンクリート工事は行わないでください」と伝えるようにしてください。そうすることで、完成したときの不満に頭を悩まされることが無くなります。

 

また、コンクリートを使用する工事の日に雨が降りそうな際は、エクステリア業者に「今日の工事は中止にしてください」と伝えることも忘れてはいけません。言いづらいかもしれませんが、高額な費用を支払って工事の依頼をしているのはあなたです。工事依頼主のいうことは絶対なので、自信を持って発言して問題ありません。

 

外構工事は、一生に一度依頼するかどうかの大きな買い物です。後悔しないためにも、積極的に業者と関わりをもつようにしましょう。

 

>>この記事に興味がある方には、以下の3つの記事もお勧めです。

 

 

 

 

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


コンクリートを使用する外構工事を雨の日に行ってはいけない 関連ページ

コンクリート構造物は「工程」で仕上がりが変わる
住宅メーカーに外構工事の依頼をしてはいけない理由
職人さんと仲良くなると得をする
本当に仕事が出来る職人はごくわずかである
水たまりを作らないために構造物は必ず水勾配が必要
現場合わせ(アドリブ)こそ「職人技」である
土間コンクリートがひび割れるのは鉄筋やワイヤーメッシュが原因
モラルのない職人が行う工事はこだわりがない
コンクリート構造物は養生期間がなければ崩壊していまう
左官仕上げで構造物の外観が生まれ変わる
コンクリートポンプで時間短縮と工事費用削減が可能
外構工事例の値段をあてにしてはいけない
信頼できる外構専門業者の見つけ方
外構工事は知り合いに頼んではいけない
外構工事専門業者の中に潜む暴力団について
優良業者の判断基準:ヒアリング内容から選ぶ
機械を使用できないお宅は、外構工事の費用が高くなる
会社などの組織に属さずに外構工事を請け負う一人親方とは
外構工事で手抜き工事が起こる理由とそれを防ぐ方法
軽微な工事以外を請け負うために必要な建設業の許可の概要
工事の種類に応じた建設業の許可:28種類の業種
建設業の許可:経営業務の管理責任者としての経験
建設業の許可:専任の技術者を有していること
建設業の許可:請負契約に関して誠実性を有していること
建設業の許可:財産的基礎または金銭的信用を有していること
建設業の許可:欠格要件などに該当しないこと
建設業の許可:専任技術者の所定学科一覧
専任技術者に必要な国家資格一覧:一般建設業の許可
専任技術者に必要な国家資格一覧:特定建設業の許可
建設業が定める技術者になれる国家資格:施工管理技士とは
大規模な工事を管理する役職:主任技術者と監理技術者
外構工事の専門資格:エクステリアプランナーとは
造園工事のプロが取得する国家資格:造園技能士とは
ブロック塀の性能評価を行うための資格:ブロック塀診断士
ブロック塀を安全に作る:建築コンクリートブロック工事士とは
常用の職人を現場に派遣して儲けを出す「人工出し」とは
人工出しを使用する外構業者では高品質な工事を期待できない
外構工事の営業に有効な資格:住宅建築コーディネーターとは
住宅建築コーディネーターが外構工事の提案に適している理由
住宅建築コーディネーターの受験方法:願書を入手する
住宅建築コーディネーターの勉強方法:認定講習を受講する
住宅建築コーディネーターの勉強方法:Eラーニングを受講