外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

外構(エクステリア)工事の値段設定:都道府県ごとに異なる施工単価

 

外構工事(エクステリア工事)を行う際、「工事費用はどれだけかかるのか」ということを知りたい方はたくさんいます。

 

実際に、当サイト「見積り外構工事」へお問い合わせいただくお客様の中に、「おおよその金額で良いので教えていただけませんか?」ということを尋ねてくる方は多いです。

 

しかし、エクステリア工事は概算の工事費用を聞いたところで、その値段で施工できるわけではありません。現場の状況次第で金額が大きく変動するからです。

 

また、たとえ工事をスムーズに行えたとしても、そもそも都道府県ごとに工事単価は異なります。そのため、正確な工事単価を知りたいのであれば、近くにある外構専門業者(エクステリア業者)に無料見積もりをしてもらうほかありません。

 

 都道府県ごとに異なる施工単価
外構工事の値段を考えたとき、多くの方は電化製品や自動車のように「同様の工事であれば工事費用が同じはず」と勘違いをしています。

 

そのため、雑誌の広告やインターネットで最安値を提示しているエクステリア業者を探そうとしてしまいます。そして、その中で一番安い値段で施工している会社を見つけ出し、その値段で工事をしてもらおうと地元の外構専門業者に問い合わせを行います。

 

しかし、前述の通り、エクステリア工事の単価は地域によって異なります。都道府県ごとに定めた施工費用が異なるのはもちろんのこと、会社の運営費が地方によって大きく開くからです。

 

例えば、都心部に近づくほど外構工事の単価は割高になります。都会は土地代が高いため、田舎にある業者よりも経費がかかるからです。また、「物価が高いとしても、都心に住みたい」と考える人は無数に存在するため、地域全体の工事費用の平均が高額になる傾向があります。

 

そのため、地方から都会へ出張するエクステリア業者は多いです。宿泊料金や食事代などを差し引いても、地方で工事をしたときに比べて大きな利益を出すことができるからです。

 

場合によっては、職人の人件費や材料代など、倍以上も上のせして施工費用を請求することができます。そのため、建設業では他の地域で仕事を行っている会社は無数に存在します。

 

ただし、都心部から離れた田舎になるほど施工費用が安くなるわけではありません。何度も説明している通り、都道府県ごとにある程度の工事費用が定められているからです。

 

最低限の利益を確保できない場合、工事を行うどころか倒産してしまう可能性があるからです。

 

ただ、一般のお客様はもちろんのこと、国でさえも「工事費用は安いに越したことはない」と考えています。その結果、工事費用は叩かれ続け、自転車操業のような経営をした末に倒産に追い込まれてしまう会社が増え続けています。

 

 全国で発生している職人不足
たとえ仕事がないからといって、赤字になることが分かっているような工事を引き受ける会社は少ないです。そのため、より工事単価の良い地域へ出稼ぎに行くか、あるいは会社をたたんでしまう業者がほとんどです。

 

すると、地方にはエクステリア工事を行う技術者の数が減り、施工を依頼することすらできなくなってしまいます。実際に、今では職人不足に悩んでいる地域は全国各地に存在します。不景気の煽りを受けて、古くから庭造りを専門で行っていた多くの業者は倒産したり廃業したりしてしまったからです。

 

このとき、地元のエクステリア業者が減った状況を狙って工事を受注しようとする悪徳業者が必ず現れます。

 

ただ、営業能力は一流なので多くの人は騙されてしまい、手抜き工事をされたり暴利を取られたりしてしまいます。

 

すると、「安い」と持って契約したとしても、工事のやり直しや追加工事などが発生してしまい、結果的に通常の料金よりも高くなってしまう確率が高いです。

 

このような状況を打開するためには、工事依頼主であるあなたが外構専門業者に最低限の利益が発生するように適切な工事費用を支払う必要があります。優良業者であるほど適正価格で施工するため、最初に安値を提示する悪徳業者に騙されてしまう確率を最小限に抑えることができます。

 

そうすると優良業者は倒産しなくなり、アフターフォローや庭の手入れなど、長いお付き合いをすることができます。そのためには、エクステリア工事を依頼する全てのお客様が最低限の利益を支払う心づかいが大切になります。

 

悪徳業者であれば、工事が終われば「はいさようなら」といわんばかりに姿をくらませてしまいます。こうなってしまうと、納得のいかない施工をされたとしても、訴えることすらできなくなってしまいます。

 

これらのことを考慮すれば、エクステリア工事を依頼する業者を安さだけで選んではいけないということを理解できるはずです。

 

このページで述べてきた通り、外構工事の単価は都道府県ごとに異なります。だからといって、安さばかりを求めるのではなく、10年先もお付き合いできるような優良業者を選ぶようにしましょう。そうすることで、きちんとした工法で庭造りをしてもらえるため、結果的に出費を最小限に抑えることができます。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


外構(エクステリア)工事の値段設定:都道府県ごとに異なる施工単価 関連ページ

経験者が語る!新築外構工事の費用や相場、見積もりを公開
素人が知らない駐車場やコンクリートの外構工事の見積り項目
新築外構工事の見積りは坪単価なく、数量と単価で求める
外構工事で行う駐車場の費用:見積りの価格・値段を読み取る
新築外構工事で水増し請求や手抜き工事などの失敗を防ぐ全知識
外構(エクステリア)工事の坪単価があてにならない理由
適正金額で外構(エクステリア)工事を行うには相見積もりが必須
駐車場が陥没するのは外構(エクステリア)の手抜き工事が原因
新築外構工事は相見積もりをしなければ費用が高額になり失敗する
見積りを行いオシャレな外構(エクステリア)を実現する方法
新築と同時に外構工事の計画もしないと予算がなくなり失敗する
メンテナンスフリーの外構工事を行い、出費を最低限に抑える
値段・価格を抑え低価格で外構(エクステリア)工事を行う方法
外構(エクステリア)で手抜き工事をしない優良業者の選び方
見積りを比較して優良な外構(エクステリア)工事業者の選び方
相見積もりで優良外構(エクステリア)業者の選び方:強みを比較
外構工事で行う相見積もりの注意点:安さの根拠を尋ねる
外構(エクステリア)工事の相見積もりで失敗しない業者の選び方
新築外構(エクステリア)工事の図面を他社に渡すと法律違反になる
外構工事で相見積りを行う際、予算を決めておかないと失敗する
外構工事の相見積もりで他社に提案を見せると業者の選び方で失敗する
外構工事の相見積りは一括見積り代行会社に頼んではいけない
外構工事の正確な見積りを行うには、現地調査が必要不可欠
外構工事の見積書に記載されている「諸経費」の正体
新築外構工事の見積書の読み方:工事費用・価格の内訳を学ぶ
インターネットのみで完結する外構工事の見積もりが危険な理由
外構(エクステリア)工事の見積書の作り方:金額の決め方を学ぶ
ハウスメーカーやホームセンターの外構工事の値段が高い理由
外構専門業者に工事を依頼しても、値段が安くなるとは限らない