外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

外構(エクステリア)工事の相見積もりで失敗しない業者の選び方

 

外構工事(エクステリア工事)を行う際、大半の方が業者選びで失敗してしまいます。例えば、値段が安い代わりに質の悪い工事をされたり、高額な費用の割に見栄えの無い外構を作られたりします。

 

このようなことを避けるためには、無数に存在する外構専門業者(エクステリア業者)の中から、一握りしかいない優良業者を見つけ出さなければいけません。

 

そこで近年では、「相見積もり(通称、あいみつ)」を行うのが一般的になりつつあります。あいみつとは、複数の業者へ一括見積もりを行うことです。見積もりを出してくる業者は一社だけではないため、値段の比較や同じ予算で提案できる工事内容を一目で見比べることが可能です。

 

ただ、相見積もりの方法を間違えてしまうと、逆に損をしてしまう可能性があります。

 

相見積もりを行う際は、気を付けなければいけない大切なポイントがあります。それは、「あいみつを依頼する業者は最低でも2社、最高でも4社以内にする」ことです。これを守ることで、優良業者に出会える確率が大幅に上がります。このページでは、この内容について詳しく解説していきます。

 

 相見積もりを依頼する業者は少なめにする
私は、外構工事で相見積もりを行う方に「最低でも3社以上にあいみつを依頼するようにしてください」とアドバイスしています。

 

ただし、相見積もりを複数の業者へ依頼すると良いといっても、多ければ良いいというわけではありません。「相見積もりをたくさんとったほうが良い」というのは誤りです。矛盾しているようですが、先に述べたように、相見積もりは2社、多くても4社以内にしてください。

 

なぜなら、5社以上になると選択肢が多すぎるため、迷って選べなくなってしまうからです。

 

また、最終的に選んだ一社以外には、断りの一報を入れなければいけません。あなたのためを思ってさまざまな提案を行ってくれた外構専門業者に対して、断りを行うのは人として当たり前の行動です。しかし、ほとんどの方は断りの挨拶を行うことができていません。断りづらいと考えたり、面倒くさいと考えたりするからです。

 

ただ、本気であなたのことを思って外構プランを提案した業者に対して、恩を仇で返すようなことをしてはいけません。このようなことを事前に防ぐためには、見積もりを依頼する前にホームページを観覧したり資料請求をしたりすれば大体のことは分かります。

 

下調べを行った上で、その業者が気になるのであれば、契約をするつもりで見積もりを依頼するようにしてください。あらかじめ外構専門業者を絞り込んでから見積もりを依頼するのが賢いあいみつの方法です。「あなたが望んでいる外構」を明確にしていて、あなたに合う業者を選ぶようにしましょう。

 

※なお、当サイトから相見積もりを依頼する際は、選ばれなかった外構専門業者への断りの連絡は全てこちらで承っていますので、安心してご利用ください。

 

 相見積もりを断られるパターン
そもそも、全ての業者があいみつを行ってくれるとは限りません。デザインや仕事の質を売りにしている外構専門業者の場合、相見積もりだと「見積もりや設計を断られるケース」が多くみられます。値段で比べられると考え、冷やかしに捉えられるからです。

 

ただ、あいみつを行っている方は、高額な外構工事を安心して任せることができる優良業者を本気で探しています。この考え方のすれ違いで、優良業者に出会うことができない方がたくさんいることは事実です。

 

そこで、外構専門業者を「デザインで選ぶのか」、あるいは「価格で選ぶのか」をあらかじめ決めておく必要があります。

 

しかし、値段で業者選びを行ってしまうと、安さを売りにしている悪徳業者に捕まってしまう可能性があるため、あまりお勧めはできません。このことを考慮すると、デザインや機能性を売りにしている外構専門業者を選んだ方が無難です。予算内であなたに適した外構の提案を期待できるからです。

 

相見積もりを依頼する前に、なにを比較対象にするのかを消費者サイドであるあなたが明確にしなければ外構専門業者に思いが伝わることはありません。例えば、以下のように明確な比較対象を提示します。

 

 ・「意匠性(デザインやアイディアなど)」を比較したい
 ・「品質」を比較したい
 ・単に既製品における単価を比較品たい

 

これらを明確にすることで、普段はあいみつを断っている業者であっても、見積もりを引き受けてくれる可能性があります。あなたへ提案すべき内容が明確になるからです。

 

ただし、このページで述べてきた通り、あいみつを依頼する業者は少数でなければ意味をなしません。あなたの希望している外構プランを明確にした上で、その要望を叶えてくれそうな外構専門業者へ見積もりを依頼するようにしましょう。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


外構(エクステリア)工事の相見積もりで失敗しない業者の選び方 関連ページ

経験者が語る!新築外構工事の費用や相場、見積もりを公開
素人が知らない駐車場やコンクリートの外構工事の見積り項目
新築外構工事の見積りは坪単価なく、数量と単価で求める
外構工事で行う駐車場の費用:見積りの価格・値段を読み取る
新築外構工事で水増し請求や手抜き工事などの失敗を防ぐ全知識
外構(エクステリア)工事の坪単価があてにならない理由
適正金額で外構(エクステリア)工事を行うには相見積もりが必須
駐車場が陥没するのは外構(エクステリア)の手抜き工事が原因
新築外構工事は相見積もりをしなければ費用が高額になり失敗する
見積りを行いオシャレな外構(エクステリア)を実現する方法
新築と同時に外構工事の計画もしないと予算がなくなり失敗する
メンテナンスフリーの外構工事を行い、出費を最低限に抑える
値段・価格を抑え低価格で外構(エクステリア)工事を行う方法
外構(エクステリア)で手抜き工事をしない優良業者の選び方
見積りを比較して優良な外構(エクステリア)工事業者の選び方
相見積もりで優良外構(エクステリア)業者の選び方:強みを比較
外構工事で行う相見積もりの注意点:安さの根拠を尋ねる
新築外構(エクステリア)工事の図面を他社に渡すと法律違反になる
外構工事で相見積りを行う際、予算を決めておかないと失敗する
外構工事の相見積もりで他社に提案を見せると業者の選び方で失敗する
外構工事の相見積りは一括見積り代行会社に頼んではいけない
外構工事の正確な見積りを行うには、現地調査が必要不可欠
外構工事の見積書に記載されている「諸経費」の正体
新築外構工事の見積書の読み方:工事費用・価格の内訳を学ぶ
インターネットのみで完結する外構工事の見積もりが危険な理由
外構(エクステリア)工事の見積書の作り方:金額の決め方を学ぶ
ハウスメーカーやホームセンターの外構工事の値段が高い理由
外構専門業者に工事を依頼しても、値段が安くなるとは限らない
外構(エクステリア)工事の値段設定:都道府県ごとに異なる施工単価