外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

外構工事の見積書に記載されている「諸経費」の正体

 

外構工事(エクステリア工事)の見積もりを依頼すると、業者によって金額や提案力の違いを知ることができます。

 

ただ、素人の方は見積書を見ても工事の内訳に対する値段設定の基準が分かりません。そのため、相見積もり(複数の業者に見積もりを依頼すること)を行ったとしても値段を比べることしかできません。

 

特に、見積書の中に記載されている項目の中で、「諸経費」という項目に疑問を抱く方は多いです。材料代や土工事などの表記と異なり、どの項目に該当する費用なのか予想できないからです。

 

そこでこのページでは、諸経費について詳しく説明します。実は、諸経費の記載にはカラクリがあります。

 

 諸経費の正体
見積書の中で、諸経費は最も分かりづらい項目です。それにも関わらず、諸経費は工事総額の約10%も上乗せされていることが多いです。内訳書を確認しても、細かく記されていることがないため、その分だけで割高な気分がしてしまいます。

 

 

では、諸経費の正体は一体なんなのでしょうか。実は、諸経費とは会社経費や人件費などが含まれた項目です。また、使用する工具や重機などの償却費、機械の運搬費なども入っています。

 

これらは一般的に工事費の10%程度が相場であり、どのエクステリア業者に依頼しても諸経費は必ずかかります。

 

ただし、中には諸経費を5%にしたり、記載していなかったりする会社があります。これは、お客様に「お得感」を与えるために、諸経費を他の工事費用の中に分散して分かりにくくしているにすぎません。つまり、諸経費の割合が変わったとしても、最終的な金額は同じということです。

 

しかし、会社が大きくなると、事務員や営業マン、会社運営費、広告宣伝費、モデルルームなどを維持するためにランニングコスト(機器やシステムの保守・管理に必要な費用)がかかります。そのため、諸経費が工事費の20%以上になってしまうことがあります。

 

これをそのまま見積書の諸経費の項目に乗せてしまうと、「諸経費が高すぎる」と指摘されてしまいます。そのため、そのほかの工事費用に少しずつ分散して、10%あるいはそれ以下の値段に調整します。

 

 諸経費を安く見せるカラクリ
例えば、諸経費20%の場合、200万円のエクステリア工事では諸経費が40万円も占めてしまいます。そこで諸経費を分散させて10%に合わせれば、諸経費は20万円の表記ですみます。素人の方は諸経費が安いほど「お得感」を感じるため、このようなカラクリが隠されています。

 

諸経費を他の項目に割り振る方法は、工事費の単価を少しずつ上げるのが一般的です。

 

例えば、工事金額の10%の諸経費を分散させる場合、全体の費用を各10%ずつ高くすれば諸経費を隠すことができます。

 

ただ、材料代やエクステリア製品(フェンスや門扉など)の値段を上げてしまうと、他社と比較されたときに「高い」と思わせてしまいます。そこで、「土工事」などの比べにくい技術料に乗せられることが多いです。

 

なお、ハウスメーカーやホームセンターなどの大手企業の場合、使用する材料やエクステリア製品に諸経費を隠していることがあります。商品を大量に購入するため、中小企業よりも格安で仕入れることができるからです。その材料の単価を通常の価格として計算すれば、安価にて入手した差額を諸経費に回すことが可能になります。

 

ただし、諸経費は必ず必要な経費なので、エクステリア業者の儲けに直結するわけではありません。経費の値段だけでなく、諸経費にはアフターサービスや保証も含まれているからです。

 

諸経費を分かりづらくしているのは、素人目線から見た時に「高すぎる」という批判を極力なくすための企業努力であると考えるようにしましょう。

 

そのため、諸経費やその他の経費などの金額が細かく記載されている見積書を提出する業者は優良と考えて良いです。

 

エクステリア工事を依頼する業者を選別する際は、値段だけで決めるのではなく、対応力や提案力を比べるようにしましょう。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


外構工事の見積書に記載されている「諸経費」の正体 関連ページ

経験者が語る!新築外構工事の費用や相場、見積もりを公開
素人が知らない駐車場やコンクリートの外構工事の見積り項目
新築外構工事の見積りは坪単価なく、数量と単価で求める
外構工事で行う駐車場の費用:見積りの価格・値段を読み取る
新築外構工事で水増し請求や手抜き工事などの失敗を防ぐ全知識
外構(エクステリア)工事の坪単価があてにならない理由
適正金額で外構(エクステリア)工事を行うには相見積もりが必須
駐車場が陥没するのは外構(エクステリア)の手抜き工事が原因
新築外構工事は相見積もりをしなければ費用が高額になり失敗する
見積りを行いオシャレな外構(エクステリア)を実現する方法
新築と同時に外構工事の計画もしないと予算がなくなり失敗する
メンテナンスフリーの外構工事を行い、出費を最低限に抑える
値段・価格を抑え低価格で外構(エクステリア)工事を行う方法
外構(エクステリア)で手抜き工事をしない優良業者の選び方
見積りを比較して優良な外構(エクステリア)工事業者の選び方
相見積もりで優良外構(エクステリア)業者の選び方:強みを比較
外構工事で行う相見積もりの注意点:安さの根拠を尋ねる
外構(エクステリア)工事の相見積もりで失敗しない業者の選び方
新築外構(エクステリア)工事の図面を他社に渡すと法律違反になる
外構工事で相見積りを行う際、予算を決めておかないと失敗する
外構工事の相見積もりで他社に提案を見せると業者の選び方で失敗する
外構工事の相見積りは一括見積り代行会社に頼んではいけない
外構工事の正確な見積りを行うには、現地調査が必要不可欠
新築外構工事の見積書の読み方:工事費用・価格の内訳を学ぶ
インターネットのみで完結する外構工事の見積もりが危険な理由
外構(エクステリア)工事の見積書の作り方:金額の決め方を学ぶ
ハウスメーカーやホームセンターの外構工事の値段が高い理由
外構専門業者に工事を依頼しても、値段が安くなるとは限らない
外構(エクステリア)工事の値段設定:都道府県ごとに異なる施工単価