外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

外構工事で行う相見積もりの注意点:安さの根拠を尋ねる

 

外構工事(エクステリア工事)を行う際、飛び込みで外構専門業者(エクステリア業者)へ施工依頼を行う方は少ないです。新築を建てる方であれば、住宅メーカーへ外構工事もそのまま依頼します。一方、外構工事単体で行う方の場合、ホームセンターなどで工事の契約を依頼します。

 

ただ、住宅メーカーやホームセンターは外構専門業者ではありません。そのため、外構工事を施工できる下請け業者へ工事を依頼してマージン(中間手数料)を抜いています。マージンの分だけ、工事の値段は上乗せされます。

 

このようなことをさけるために、外構専門業者と直接つながり、無駄な手数料を支払わないようにする必要があります。

 

 

しかし、大半の方が外構専門業者と出会うことすらできません。無数に存在する業者の中でも、一握りしかいない優良業者と出会える可能性は極めて低いです。

 

ただ、雑誌やインターネット、あるいは紹介などで外構専門業者を探すと、思いのほかたくさんの会社があることに気付きます。そのたくさんの業者から一社に絞るために、ほとんどの方が相見積もり(複数の業者へ見積もりを依頼すること)を行います。

 

しかし、見積書から読み取ることができる内容は、「単価や諸経費、あるいはトータル金額程度」です。それぞれの業者が「どのような営業方針で、どのような品質管理を行っているのか? 」という内容までは分かりません。

 

ただ、現実には外構工事の金額だけで業者選びを行っている方がたくさんいることも事実です。これは危険な行為であり、悪徳業者につかまるリスクが高まります。

 

そこで、相見積もりを行う際は、「安さの根拠」をたずねるようにしてください。

 

 金額の根拠を尋ねる
前述の通り、工事の金額で業者を選んでいる方は多いです。しかし、安さを武器に営業している外構専門業者の場合、質の悪い工事を行う悪徳業者である可能性が高いです。ただ、工事費用を抑えるためには、手抜き工事をしたり使用する材料を粗悪な安物に変更したりするほかありません。

 

例えば、門扉やフェンスの場合、商品なので定価が存在します。そのため、最低価格を下回る値引きを行うことはできません。業者が赤字を被らなければいけなくなるからです。

 

一方、職人技である技術料は、決まった値段がありません。値引きは技術料から行われているため、早く綺麗に仕上げることができる外構専門業者であれば、多少の値引きを行うことが可能になります。

 

しかし、工程を考えると、間違いなく赤字になるような金額で外構工事を行っている業者が存在していることは事実です。このような、業者は大半が手抜き工事を行っています。

 

例えば、本来なら1カ月かけて作り上げる駐車場工事を、2週間で終わらせたとします。1カ月も工期(工事期間)が必要ということは、複数の工程を踏む必要があるということです。この場合、10工程あるとすると、半分である5工程で外構工事を行うことになります。

 

2週間分の人件費を削ることができるため、工事費用は圧倒的に安くなります。

 

また、私が職人だった頃、材料代が高額なコンクリートの使用量を少なくして材料費を浮かせたり、砕石(石を細かく砕いたもの)を下地に入れなければいけないのに、それ自体を入れなかったりしている悪徳業者が目立ちました。

 

これらを考慮すると、工事費用を抑えるためには、手抜き工事をしたり使用する材料を少なくしたりしなければいけない理由が分かります。

 

そこで、極端に値引きを行う業者と出会った際は、これまで述べてきた通り「安さの根拠」を尋ねるようにしてください。

 

 ・なぜ、そのデザインなのか?
 ・なぜ、その値段なのか?
 ・なぜ、その材料を使用しているのか?

 

きちんとした考えを持って見積もりを出しているのであれば、これらの問いに即答できるはずです。もし、あいまいな回答をするような業者と出くわした場合、その外構専門業者は却下した方が無難です。このような業者は、安さでお客様を引き付けて、契約を結んだ後は間違いなく適当な工事を行うからです。

 

相見積もりを行う際は、安さに惑わされずに、工事にこだわりを持っている優良業者を選ぶようにしてください。優良業者であれば、さまざまな技術や専門知識をたくさん持っています。その力を借りて、低価格かつ質の良い外構工事を提案してもらいましょう。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


外構工事で行う相見積もりの注意点:安さの根拠を尋ねる 関連ページ

経験者が語る!新築外構工事の費用や相場、見積もりを公開
素人が知らない駐車場やコンクリートの外構工事の見積り項目
新築外構工事の見積りは坪単価なく、数量と単価で求める
外構工事で行う駐車場の費用:見積りの価格・値段を読み取る
新築外構工事で水増し請求や手抜き工事などの失敗を防ぐ全知識
外構(エクステリア)工事の坪単価があてにならない理由
適正金額で外構(エクステリア)工事を行うには相見積もりが必須
駐車場が陥没するのは外構(エクステリア)の手抜き工事が原因
新築外構工事は相見積もりをしなければ費用が高額になり失敗する
見積りを行いオシャレな外構(エクステリア)を実現する方法
新築と同時に外構工事の計画もしないと予算がなくなり失敗する
メンテナンスフリーの外構工事を行い、出費を最低限に抑える
値段・価格を抑え低価格で外構(エクステリア)工事を行う方法
外構(エクステリア)で手抜き工事をしない優良業者の選び方
見積りを比較して優良な外構(エクステリア)工事業者の選び方
相見積もりで優良外構(エクステリア)業者の選び方:強みを比較
外構(エクステリア)工事の相見積もりで失敗しない業者の選び方
新築外構(エクステリア)工事の図面を他社に渡すと法律違反になる
外構工事で相見積りを行う際、予算を決めておかないと失敗する
外構工事の相見積もりで他社に提案を見せると業者の選び方で失敗する
外構工事の相見積りは一括見積り代行会社に頼んではいけない
外構工事の正確な見積りを行うには、現地調査が必要不可欠
外構工事の見積書に記載されている「諸経費」の正体
新築外構工事の見積書の読み方:工事費用・価格の内訳を学ぶ
インターネットのみで完結する外構工事の見積もりが危険な理由
外構(エクステリア)工事の見積書の作り方:金額の決め方を学ぶ
ハウスメーカーやホームセンターの外構工事の値段が高い理由
外構専門業者に工事を依頼しても、値段が安くなるとは限らない
外構(エクステリア)工事の値段設定:都道府県ごとに異なる施工単価