外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

新築外構工事の見積りは坪単価なく、数量と単価で求める

 

外構工事(エクステリア工事)を行おうと考えたとき、工事を行う業者を探さなければいけません。また、外構工事は非常に高額なため、業者選びを間違えてしまうと、工事で失敗をしてしまいます。

 

無数に存在する業者の中には、素人同様の業者やお客様を騙して儲けを出すことだけを考えている悪徳業者で溢れかえっています。その中でも、良質な工事を行い、お客様のことを第一に考えている優良業者は、実は一握りしか存在しません

 

そこで、業者を見分けることをしなければいけません。一番効率が良い方法は「複数の業者に見積もりを取る」ことです。面倒くさいと思うかもしれませんが、業者の対応や料金設定、あるいは保障内容まで確認することができます。

 

見積もりの方法は業者によって異なりますが、外構専門業者がどのようにして見積もりを行っているのかをご紹介します。見積もりの出し方の一例を以下にまとめました。

 

 見積もりは数量と単価で決まる
見積もりを簡便に行うため、業者ごとに異なる「単価」というものが存在します。単価とは、「ブロック一つあたりの値段」や「駐車場のコンクリート1mに対する費用」のことです。この単価は、地域によっておおよその値段が決まっています。しかし、業者によって技術料が違うため、ほぼ言い値になります。

 

ただ、言い値といっても、地域の単価をもとにした値段設定になっていることがほとんどです。

 

次に、見積もりを行うためには「数量」が必要になります。数量とは、先ほどの単価に掛け合わせる数量のことを指します。この数量と、先ほど説明した単価が分かればお見積りを以下のように算出することが可能です。

 

工事名称

単価

数量

単位

金額

駐車場コンクリート舗装

〇〇

〇〇

〇〇

フェンス工事

〇〇

〇〇

〇〇

このように見積書は出されます。単価と数量を掛け合わせた値段が金額になります。

 

単位とは単価の内訳のことを指します。例えば、フェンスの単価が100円の場合、単位が1mか50cmによって値段が2倍変わります。フェンス1m(単位)あたりに対して100円(単価)が単価だとすると、フェンス20m(数量)設けると2000円(金額)となります。これはあくまでも例なので、実際の金額ではありません。

 

また、業者によって材料を仕入れる値段が異なります。事業展開を大きく行っている業者を選ぶほど、工事単価は安くなる可能性があります。なぜなら、問屋さんと多くの取引を行っているため、商品一つ当たりの値段が安いからです。

 

外構工事の見積もりはシンプルです。ただ、工事を行う業者によって単価が大きく変動します。また、数量を水増しして架空請求をする悪徳な業者もいるので気をつけなければいけません。このようなことを避けるために、必ず3社以上へ見積りを出すようにしましょう。

 

 なぜ大手企業へ依頼する工事は高いのか

外構工事を行う場合、ほとんどの人がホームセンターや家を建てたついでに大手企業へ工事を依頼します。

 

しかし、これら大手企業は直接工事を行っていません。下請け業者へ工事を丸投げしてマージン(手数料)を抜いています。

 

もともと高額な外構工事に仲介手数料が上乗せされるため、さらに値段が跳ね上がります。

 

ここで差し引かれる仲介手数料は15〜20%と言われています。多いところだと30%も仲介手数料をとる業者もいます。つまり、100万円の工事を行ったら自動的に30万円は企業の儲けになるということです。

 

さらに、下請け業者は外構専門で工事を行っているわけではないため、工事内容から値段まで、外構専門業者の足元にも及びません。たとえ、新築の家を建てたとしても、外構工事は専門業者へ依頼するようにしてください。

 

このように、業者によってさまざまな料金体制をとっています。前述の通り、必ず3社以上へお見積りを出すようにしましょう。これを行うことで、外構工事で失敗する可能性が限りなくゼロに近づきます。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


新築外構工事の見積りは坪単価なく、数量と単価で求める 関連ページ

経験者が語る!新築外構工事の費用や相場、見積もりを公開
素人が知らない駐車場やコンクリートの外構工事の見積り項目
外構工事で行う駐車場の費用:見積りの価格・値段を読み取る
新築外構工事で水増し請求や手抜き工事などの失敗を防ぐ全知識
外構(エクステリア)工事の坪単価があてにならない理由
適正金額で外構(エクステリア)工事を行うには相見積もりが必須
駐車場が陥没するのは外構(エクステリア)の手抜き工事が原因
新築外構工事は相見積もりをしなければ費用が高額になり失敗する
見積りを行いオシャレな外構(エクステリア)を実現する方法
新築と同時に外構工事の計画もしないと予算がなくなり失敗する
メンテナンスフリーの外構工事を行い、出費を最低限に抑える
値段・価格を抑え低価格で外構(エクステリア)工事を行う方法
外構(エクステリア)で手抜き工事をしない優良業者の選び方
見積りを比較して優良な外構(エクステリア)工事業者の選び方
相見積もりで優良外構(エクステリア)業者の選び方:強みを比較
外構工事で行う相見積もりの注意点:安さの根拠を尋ねる
外構(エクステリア)工事の相見積もりで失敗しない業者の選び方
新築外構(エクステリア)工事の図面を他社に渡すと法律違反になる
外構工事で相見積りを行う際、予算を決めておかないと失敗する
外構工事の相見積もりで他社に提案を見せると業者の選び方で失敗する
外構工事の相見積りは一括見積り代行会社に頼んではいけない
外構工事の正確な見積りを行うには、現地調査が必要不可欠
外構工事の見積書に記載されている「諸経費」の正体
新築外構工事の見積書の読み方:工事費用・価格の内訳を学ぶ
インターネットのみで完結する外構工事の見積もりが危険な理由
外構(エクステリア)工事の見積書の作り方:金額の決め方を学ぶ
ハウスメーカーやホームセンターの外構工事の値段が高い理由
外構専門業者に工事を依頼しても、値段が安くなるとは限らない
外構(エクステリア)工事の値段設定:都道府県ごとに異なる施工単価