外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

メンテナンスフリーの外構工事を行い、出費を最小限に抑える

 

外構工事(エクステリア工事)を行う際、ほとんどの人が工事費用のみにフォーカスしがちです。しかし、費用の安い工事を選んでしまうと、すぐに壊れて作り直しをしなければならず、頻繁な整備によっても余計な費用がかさんでしまいます。特にメンテナンスを必要とする構造物は、管理費用が永続的に発生します。

 

例えば、工事費用が比較的安価な芝生を設ける工事の場合、こまめな手入れを行わなければいけません。芝刈りや水やり、あるいは肥料を与える必要があります。これが一生涯続くと考えると、工事費に対する費用が高額になることに気付きます。

 

たとえ一万円で工事を行うことができても、毎月のメンテナンス費用が5千円かかってしまうと、年間で6万円支払うことになります。これが何十年も続いてしまっては、家計を圧迫する出費になりかねません。

 

特に、工事費用が異常に安い業者は要注意です。なぜなら、手抜き工事を行い、すぐにボロボロになってしまうような工事を行うからです。安い代わりに保障がなく、修理や作り直しにかかるお金は実費で支払わなければいけません。これにメンテナンス費用が加わったら、家計は火の車です。

 

「本来は高額であるはずの工事費用が安い」ということには、裏があります。要は、外構工事は落とし穴だらけだということです。

 

そこで、工事費用が比較的安価な上に、管理費のかからない外構工事プランをいくつか紹介します。

 

 家計にやさしいメンテナンスフリー
前述の通り、何十年も管理費を払い続けることは、家計を圧迫する出費になりかねません。外構工事を賢く節約するには、「長い目で見る」ことが大切になります。長い目で見るというのは、メンテナンスフリーで同じ外観を保ち続けることを指します。

 

例えば、維持費がかからない工事の代表に、コンクリートを使用した工事が挙げられます。コンクリートは耐久性に優れている上に、草が生えたり形が変わったりしません。追加で料金が発生することもなく、非常にお勧めの工事です。

 

ただ、コンクリートは材料代が非常に高額なため、工事費用も必然的に高額になってしまいます。

 

そこで、二次製品を使用した工事をお勧めします。二次製品とは、既に加工されて商品になっているもののことを指します。

 

工事の規模にもよりますが、二次製品を使用すれば、工事費用を何十万円も安くすることができます。工場で作られているので、JIS規格(日本工業規格)を通過した高品質のものだけが使用されます。

 

また、化粧(色や柄がついたもの)を施したものを使用すれば、見栄えがある外観を演出することも可能です。

 

「コンクリートを使用した高額な工事であっても、少し工夫することで工事費用を抑えることができる」ということです。外構工事のプランに、二次製品を使用する工事を候補に入れておきましょう。

 

 質の高い人工構造物
メンテナンスフリーの外構は、コンクリートだけではありません。中でも、人工芝を使用した外構はとても経済的です。人工芝と聞くと、安っぽいイメージを思ってしまいがちですが、最近の人工芝はとても高い完成度をほこっています。

 

人工芝の中でも、「リアル人工芝」と呼ばれるものがあります。見た目は本物そっくりで、「一目見ただけでは人工芝だと気付く人はいないのでは?」と思ってしまうほど自然な作りをしています。

 

人工芝の下に、「防草シート」と呼ばれるシートを敷いておけば、雑草が生える心配もありません。さらに、本物の芝生ではないため、害虫が湧いたりメンテナンス費用がかかったりしないのが一番のメリットです。

 

また、人工的に作られた芝なので、業者に依頼しなくても自ら工事を行うことができます。きちんと水勾配(水はけを良くするための傾斜)を作り、下地作りに力を入れれば非常に少ない資金で作り上げることが可能です。

 

このように、はじめから形(商品)になっているものを使用することで、外構工事の費用を大幅に削減することが可能です。外構の内容を考える際は、値段や見た目だけでなく、メンテナンス費用も考慮してプランを立てるようにしましょう。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


メンテナンスフリーの外構工事を行い、出費を最低限に抑える 関連ページ

経験者が語る!新築外構工事の費用や相場、見積もりを公開
素人が知らない駐車場やコンクリートの外構工事の見積り項目
新築外構工事の見積りは坪単価なく、数量と単価で求める
外構工事で行う駐車場の費用:見積りの価格・値段を読み取る
新築外構工事で水増し請求や手抜き工事などの失敗を防ぐ全知識
外構(エクステリア)工事の坪単価があてにならない理由
適正金額で外構(エクステリア)工事を行うには相見積もりが必須
駐車場が陥没するのは外構(エクステリア)の手抜き工事が原因
新築外構工事は相見積もりをしなければ費用が高額になり失敗する
見積りを行いオシャレな外構(エクステリア)を実現する方法
新築と同時に外構工事の計画もしないと予算がなくなり失敗する
値段・価格を抑え低価格で外構(エクステリア)工事を行う方法
外構(エクステリア)で手抜き工事をしない優良業者の選び方
見積りを比較して優良な外構(エクステリア)工事業者の選び方
相見積もりで優良外構(エクステリア)業者の選び方:強みを比較
外構工事で行う相見積もりの注意点:安さの根拠を尋ねる
外構(エクステリア)工事の相見積もりで失敗しない業者の選び方
新築外構(エクステリア)工事の図面を他社に渡すと法律違反になる
外構工事で相見積りを行う際、予算を決めておかないと失敗する
外構工事の相見積もりで他社に提案を見せると業者の選び方で失敗する
外構工事の相見積りは一括見積り代行会社に頼んではいけない
外構工事の正確な見積りを行うには、現地調査が必要不可欠
外構工事の見積書に記載されている「諸経費」の正体
新築外構工事の見積書の読み方:工事費用・価格の内訳を学ぶ
インターネットのみで完結する外構工事の見積もりが危険な理由
外構(エクステリア)工事の見積書の作り方:金額の決め方を学ぶ
ハウスメーカーやホームセンターの外構工事の値段が高い理由
外構専門業者に工事を依頼しても、値段が安くなるとは限らない
外構(エクステリア)工事の値段設定:都道府県ごとに異なる施工単価