外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

外構(エクステリア)工事の坪単価があてにならない理由

 

外構工事(エクステリア工事)で失敗する大きな原因は、業者選びを間違えてしまうことです。無数に存在する業者の中で、優良業者と呼ばれる業者は一握りしかいません。残りの業者は、素人同様の業者や手抜き工事などを行って利益を上げている悪徳業者ばかりです。

 

そこで、優良な業者を見つけるために、複数の業者へ見積りを出すことをお勧めします。最低でも3社以上の業者へ見積りを依頼してください。

 

複数の会社へ見積もりを依頼すると、あることに気が付きます。それは、「同じ工事内容にも関わらず、工事費用が異なる」ということです。業者にはそれぞれ、工事内容ごとに決められた単価が存在します。この単価によって工事費用が大きく変わってきます。

 

 業者ごとに異なる単価
例えば、ブロック塀であれば、1mあたりに対する費用で計算します。高さ2m、長さ10mのブロック塀を設けるには20m分の料金が必要になります。1mあたりに8,000円が単価だとすると、ブロックを20m設けると16万円かかるということです。これを見積書にすると以下のようになります。

 

工事名称

単価

数量

単位

金額

ブロック積み

8,000円

20

 m

160,000円

8,000円という単価は例であり、実際の単価ではないのでご注意ください。

 

先の述べたように、同じ工事内容にも関わらず、工事費用が業者ごとに異なります。ブロック塀の工事であれば、単価5,000円の業者があれば、単価一万円の業者もあります。このとき、多くの方は「同じ工事内容なら安い業者がいいに決まっている」と考えます。価格はお客様から見ると、とても分かりやすい判断基準です。

 

しかし、値段が安いからといってそれだけで業者を決めてしまうと、外構工事で失敗をしてしまいます。5,000円の業者を選ぶのであれば、その業者が行う工事の品質を確かめる必要があります。ただ、外構工事はこの内容を確かめることがとても難しいです。

 

家電であれば、本やインターネットで調べればスペック(性能)をすぐに確認することができます。どの業者から購入してもまったく同じ商品を手に入れることができます。一方、外構工事の場合、使用している材料の質やブロックの中に入れなければならない鉄筋の量などで料金が大きく変動します。

 

また、建築基準法など、最低限の規定を満たす必要もあります。これらを考慮すると、工事費用を削減するには限界があります。ただ、これらを無視して工事を行えば、工事費用を大幅に値下げすることが可能です。ただ、「作り上げる構造物の品質まで著しく低下してしまう」ことを覚えておいてください。

 

 業者によって異なる工事のグレード 
業者によって技術力や、提供しているサービスが異なります。そのため、業者ごとに単価が大きく異なります。

 

例えば、住宅メーカーやホームセンターなどの大手企業に依頼する工事は高額です。なぜなら、仲介手数料を抜いたうえで下請け業者へ工事を丸投げしているからです。さらに、その下請け業者も利益を上乗せするので、業者へ2重払いしていることになります。

 

また、広告宣伝費を多く使用している業者は、工事費用からこれを回収しています。そのため、でかでかと営業している業者が行う工事単価は必然的に高額になります。

 

ただ、大手企業でもなく、営業を幅広く行っている業者でもないのに、単価が高額な業者が存在します。安い業者に比べると2倍前後の単価で工事を行っている業者です。このような業者は工事の腕に自信があり、作り上げるものは超一流です。

 

工事の品質がともて良いため、値段が高くても工事の依頼が殺到している業者です。アフターサポートもしっかりしていて、安心して工事を依頼することができます。ただ、このような業者にまぎれて、工事費用が高額にも関わらず、素人同様の工事を行う業者がいるので気をつけてください。

 

一方、安さを武器に営業している業者がいます。手際よく仕事をこなして工事を美しい工事を行う業者であれば、安い工事費用でも十分満足できます。しかし、このような業者は一握りしか存在しません。

 

ほとんどの業者が、手抜き工事や粗悪な素材を使って工事を行っています。例えば、30年以上メンテナンスフリーの資材を使わないえればいけないところを、10年でメンテナンスが必要な資材を使う業者がいます。工事費用を抑えることができても、後でメンテナンス費用がかかると家計を圧迫することになります。

 

また、見積もりでは材料代をしっかり請求しているにも関わらず、工事に必要な材料を使用せずに工事費用を浮かせる悪徳業者もいます。。このような事実を考慮すると、安い工事を行うことはお勧めできません。

 

とはいっても、予算の都合上高額な工事を行うことができない方が多数おられます。そこで、仕事の質が良くサービスも充実している上に、お手頃な値段で工事を行う外構専門業者(エクステリア業者)を見つける必要があります。

 

この業者を見つけるためには、先に述べたように、最低でも3社以上の業者へ見積りを依頼する必要があります。

 

業者ごとに単価が異なる理由はさまざまです。これを見積もりで比較することが可能です。無数に存在する業者の中に、あなたに合った優良業者が必ずいます。悪徳業者へ工事を依頼して後悔しないために、当サイトを熟読して正しい知識を身につけてください。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


外構(エクステリア)工事の坪単価があてにならない理由 関連ページ

経験者が語る!新築外構工事の費用や相場、見積もりを公開
素人が知らない駐車場やコンクリートの外構工事の見積り項目
新築外構工事の見積りは坪単価なく、数量と単価で求める
外構工事で行う駐車場の費用:見積りの価格・値段を読み取る
新築外構工事で水増し請求や手抜き工事などの失敗を防ぐ全知識
適正金額で外構(エクステリア)工事を行うには相見積もりが必須
駐車場が陥没するのは外構(エクステリア)の手抜き工事が原因
新築外構工事は相見積もりをしなければ費用が高額になり失敗する
見積りを行いオシャレな外構(エクステリア)を実現する方法
新築と同時に外構工事の計画もしないと予算がなくなり失敗する
メンテナンスフリーの外構工事を行い、出費を最低限に抑える
値段・価格を抑え低価格で外構(エクステリア)工事を行う方法
外構(エクステリア)で手抜き工事をしない優良業者の選び方
見積りを比較して優良な外構(エクステリア)工事業者の選び方
相見積もりで優良外構(エクステリア)業者の選び方:強みを比較
外構工事で行う相見積もりの注意点:安さの根拠を尋ねる
外構(エクステリア)工事の相見積もりで失敗しない業者の選び方
新築外構(エクステリア)工事の図面を他社に渡すと法律違反になる
外構工事で相見積りを行う際、予算を決めておかないと失敗する
外構工事の相見積もりで他社に提案を見せると業者の選び方で失敗する
外構工事の相見積りは一括見積り代行会社に頼んではいけない
外構工事の正確な見積りを行うには、現地調査が必要不可欠
外構工事の見積書に記載されている「諸経費」の正体
新築外構工事の見積書の読み方:工事費用・価格の内訳を学ぶ
インターネットのみで完結する外構工事の見積もりが危険な理由
外構(エクステリア)工事の見積書の作り方:金額の決め方を学ぶ
ハウスメーカーやホームセンターの外構工事の値段が高い理由
外構専門業者に工事を依頼しても、値段が安くなるとは限らない
外構(エクステリア)工事の値段設定:都道府県ごとに異なる施工単価