外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

一般住宅に日本庭園・和庭を取り入れる方法:和風の外構工事

 

建物の洋風化に従い、外構工事(エクステリア工事)を行う方の大半が洋庭を造ります。また、多くの人は予算がなく、安さを追求するため、どの家も同じようなエクステリアが完成してしまいます。

 

中には、庭全体をコンクリートにしてしまう人もいるため、味気ない庭になってしまう人はたくさんいます。

 

その一方で、今でも純和風住宅は日本のみならず、海外でも人気が絶えません。外構に和庭を採用するため、建物と庭を一つの作品として造り上げれば、風格のある佇まいになります。特に、単に和風の庭といっても、日本古来から伝わる日本庭園を好む人は多いです。

 

ただ、日本庭園と聞くと、大半の方は寺院などの庭園を思い浮かべます。しかし、日本庭園は一般住宅でも採用できます。

 

そこでこのページでは、一般住宅に日本庭園を取り入れる方法を紹介します。庭に日本庭園を採用している人は少ないので、他の家の外構に大きく差をつけることができます。

 

 日本庭園の魅力

日本庭園とは、和風の庭全般を指します。その中で、池やししおどしなどを採用している庭は風情があり、上品さが増すため、それを「風流」と呼びます。

 

また、日本庭園の最大の特徴は、曲線を描くような造型で左右非対称に構成されていることです。

 

例えば、洋風外構がコンクリートやブロックなどの人工で作られた材料を使用するのに対して、日本庭園は石や植栽などの自然のものを取り入れる技法です。

 

そのため、自然に近い状態で庭を造り上げていくと、結果的に直線部分が無くなっていきます。自然界では天然石や植物が左右対称に配置されていることはありません。

 

さらに、日本庭園は天然の素材を使用するため、年月の経過と共にコケや木々の成長などを楽しむことができます。

 

つまり、日本庭園は庭師の技術で構成され、時の流れが庭を造り上げていくということです。また、自然石は濡れると色に深みが増すため、天候の違いや季節の移り変わりを楽しむことができます。

 

また、日本庭園は天然の石や植物を使用して自然のままを表現する「イングリッシュガーデン(洋風の自然を意識した庭)」とは異なります。イングリッシュガーデンの場合、あえて自然に見えるように造り上げる手法のため、日本庭園の考え方とは異なるからです。

 

日本庭園の場合、自然にあるものを最大限に活用して、風情あるたたずまいの庭を作り上げることを目的としています。そのため、同じ天然の庭造りを行っていたとしても、見た目は大きく違ってきます。

 

また、単に日本庭園といっても、実はさまざまなスタイルが存在します。以下に、有名な日本庭園の手法をいくつか紹介します。

 

 日本庭園の様式:廻遊式庭園(かいゆうしきていえん)
日本庭園の中で、最もポピュラーな様式は「廻遊式庭園」です。あるいは、回遊式庭園と書くこともあります。廻遊式庭園とは、読んで字の如く、回遊して楽しむ庭のことです。全国にあるお寺や神社などは、これに該当します。

 

敷地に入ってから池や天然石が並べられている場所、または植栽が植えられているわきに通路が用意されています。回遊式庭園は、そこを歩きながら庭を観賞することができます。

 

ただ、一般住宅の庭は寺院のように広大ではないため、回遊式庭園を採用するには広い土地が必要になります。

 

もし、小さな庭で廻遊式庭園を採用したい場合、通路を長めに取ると良いです。例えば、敷地の入り口を玄関から遠ざるだけで、訪れた人に庭を見てもらうことができるようになります。

 

 

 ・枯山水庭園(かれさんすいていえん)

次に有名な日本庭園のスタイルは、「枯山水庭園」があります。

 

枯山水庭園とは、池水を用いずに石や砂などにより山水の風景を表現する手法です。水を使用しないことから、「枯」という文字が使用されています。

 

砂で描く模様は川の流れや水の波紋を表現しています。枯山水庭園を採用すれば、見ているだけで心が癒され、風情溢れる空間をいつまでも眺めることができます。

 

ただ、枯山水庭園は見て楽しむことしかできないため、実用性がありません。また、写真のように模様を描くことは難しく、雨や風で崩れても素人では見栄え良く直せません。

 

そのため、庭全体を枯山水庭園にするのではなく、一部に採用すると良いです。小さなスペースであれば、場所を取らないのはもちろんのこと、模様を直す際も手軽に行うことができます。

 

そもそも、枯山水庭園を採用している一般住宅自体が少ないです。そのため、外構の一角に枯山水庭園があるだけでも、他の家の庭と差別化できます。

 

 ・坪庭

最後に、日本庭園を小さく凝縮した「坪庭」があります。坪庭とは、中庭的な存在であり、建物や塀に囲まれた小規模な庭園のことを指します。

 

都心部や土地が小さな場所は、庭自体を作ることができないため、坪庭を設ける方は多いです。坪庭を設けることで、日光や風を取り入れることができます。

 

また、小さくてもプロの庭師が造れば日本庭園の味を出すことができます。そのため、機能性が良い上に、見て楽しむことも可能です。

 

ここで紹介した以外にも、日本庭園はさまざまな種類があります。もし、日本庭園の様式について詳しく知りたいのであれば、当サイトの他のページで詳しく述べているので、参考にしてください。

 

なお、日本庭園は技術力だけでなく、豊富な知識とセンスがなければ風格のある庭を造り上げることはできません誰もが見とれてしまうような日本庭園を、あなたの家の庭で再現したいのであれば、優良業者に施工してもらう以外に方法はありません。

 

ただし、優良業者と呼ばれる会社は一握りしか存在しません。まずは業者選びを慎重に行い、あなたが希望している庭を実現してくれる会社を探し出すことが先決です。その上で、唯一無二の日本庭園を、あなたの自宅で造り上げてもらいましょう。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。

エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子

電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

電話番号バナー

メールでの問い合わせ


ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


一般住宅に日本庭園・和庭を取り入れる方法:和風の外構工事 関連ページ

外構工事で選ばれる石積み:練積み、空積み
外構工事の石積みは工法で強度が変わる:積み方を学ぶ
石張りやタイルを採用して、ワンランク上の外構を実現させる
見栄えを華やかにする外構工事:石張り、タイル張りの種類
外構工事で行う乱張りは、職人の技術一つで見栄えが変わる
ナチュラルガーデンの造り方:枕木を活用した外構工事
イギリス式庭園:イングリッシュガーデンとは
冷たい印象の駐車場に緑を取り入れる方法:緑化ブロックとは
小説・源氏物語の中で出てくる日本庭園:「寝殿造庭園」とは
石や砂を活用して池や山水の風景を表現する枯山水庭園とは
極楽浄土を表現した日本庭園:浄土式庭園とは
室内から見た美観を意識した日本庭園:「書院造庭園」とは
庭の中を回遊しながら見て楽しむ日本庭園:廻遊式庭園とは
日本庭園に見られる茶室へ続く路:茶庭・露地とは
素人が行うDIYでは、職人と同じ品質は再現できない
雨の日が続いてしまうと当初の予定よりも工期が伸びてしまう
外構工事をDIYで行うときの心得:仕上がりをイメージする
分譲地の中には、庭のデザインを他の家と統一する必要がある
外構工事は、下請け以外の業者に仕事を依頼することがある
外構工事を行う際、機能性と見栄えを両立して考えると良い
雑貨で庭を飾り、見栄えの良い外構を低価格で造り上げる方法
外構工事のDIY入門:小規模な工事から始めてみる