外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

サツマイモの形をコントロールする方法:家庭菜園の裏ワザ

 

家庭菜園を行う方の中で、サツマイモを育てる方は多いです。サツマイモは、暖かい地域であれば誰でも簡単に栽培することができるからです。また、サツマイモにはビタミンやカルシウムなどの栄養がたくさん含まれているため、これも人気の理由の一つといえます。

 


ただ、家庭菜園で育てたサツマイモを収穫したとき、あることに気が付きます。

 

それは、「同じ品種・場所で栽培したにも関わらず、サツマイモの形が丸かったり長細かったりする」ということです。

 

実は、サツマイモは土質や植え方によって姿かたちが決まってしまいます。そのため、適当に植えてしまうと、望み通りの形状に育てることができません。

 

ただし、サツマイモは土壌環境や植栽方法を知った上で栽培すれば、あなた好みの形に成長させることができます。

 

そこでこのページでは、サツマイモの形を左右する「土質」と「植え付け方法」の2種類を紹介します。

 

 サツマイモが育ちやすい環境を作る
地上に実を付ける野菜とは異なり、サツマイモは植物の「根」となる部分を収穫します。これを、「塊根(かいこん)植物」と呼びます。

 

塊根とは、養分を蓄えて肥大(ひだい:大きく成長すること)して、塊状になった根のことを指します。野菜でいうと、サツマイモや大根、ニンジンなどがあります。

 

根っ子は地中に埋まっているため、土壌の状態によって塊根植物の形が変わります。中でも、サツマイモは土質の影響を受けやすい作物です。

 

例えば、土が固いと根を長く伸ばせないため、丸いサツマイモができます。逆に土質が柔らかい場合、根が伸びやすくなるため、長いサツマイモになる傾向があります。

 

地上に出ている花茎がどれだけ成長していても、地中に伸びている根(サツマイモ)が大きく育っているかどうかは分かりません。

 

そこで、サツマイモが育ちやすい環境を整えた上で、栽培を始めることをお勧めします。特に、土が硬くなっている畑の場合、しっかりと耕して根(サツマイモ)が張りやすい菜園にしておきましょう。

 

また、サツマイモは湿度を嫌うため、土を寄せて畝を作ると良いです。これにより、水はけや通気性が向上するため、おいしいサツマイモが育ちやすくなります。

 

ただし、堆肥や肥料を与えすぎないようにしてください。一般的な野菜と異なり、サツマイモは栄養分が少ない土の方が甘くおいしく成長するからです。

 

 サツマイモの植え方
次に、サツマイモの植え方を紹介します。サツマイモは種から栽培するのは難しいため、ほとんどの方は苗を購入してそれを使用します。このとき、苗を大きさで選ぶ人は多いのですが、でかいからといって巨大なサツマイモができるとは限りません。そのため、サイズが異なる苗が混じっていても問題ありません。

 

サツマイモの栽培方法は、苗を垂直に植えるのではなく、斜めに植栽するのが一般的です。丁寧に耕された地表は根を張りやすいため、大きなサツマイモを収穫することができるからです。

 

ただし、全ての苗が角度を付けて植え付けるのに適しているとは限りません。

 

例えば短い苗の場合、横にして植えてしまうと幹や葉が土に埋もれてしまう可能性があります。すると、枯れやすくなったり、病害虫に侵されやすくなったりしてしまいます。

 

そこで、比較的小さな苗は、垂直に植えることをお勧めします。こうすることで、サツマイモは健康に育つことができます。

 

このとき、サツマイモは植えた方向によって根が伸びていく進路が決まります。

 

例えば、サツマイモの苗を縦に植えた場合、垂直に根を張ります。また、土は下に行くほど硬くなるため、丸いサツマイモが出来上がります。

 

一方、サツマイモの苗を横にして植えた場合、水平に根っ子が伸びていきます。また、表層に近い土は土圧がかかっていないので土が柔らかく、存分に成長できます。その結果、長いサツマイモになります。

 

つまり、「縦(下)に根を伸ばすと丸くなり、横に根っ子を張れば長くなる」ということです。

 

 

そのため、丸みのあるサツマイモを育てたい場合、サツマイモの苗を垂直に植えると良いです。あるいは、長いサツマイモを収穫したい場合、地表に水平になるように浅めに植栽するようにしましょう。

 

このページで述べてきた通り、サツマイモは土質や植え方で形が変わります。好みの形状がある場合、土壌環境や栽培方法を工夫してみましょう。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


サツマイモの形をコントロールする方法:家庭菜園の裏ワザ 関連ページ

エクステリアの見栄えを華やかにするガーデニング:基礎知識
家庭菜園の基本:野菜の成長を促進させる畑の耕し方
肥料の効き目をコントロールする方法:家庭菜園の豆知識
土壌病害を防ぎ、畑の土質を改善させる方法:有機資材を活用
家庭菜園の野菜をアブラムシ・害虫から守るバンカープランツ
家庭菜園を行わない冬期は春に備えて栄養価の高い土壌を作る
ガーデニングや家庭菜園の基礎知識:肥料と堆肥の違い
ジャガイモを病害虫に強く育てる方法:家庭菜園の裏ワザ
茄子の収穫期間を延長させる方法:家庭菜園の裏ワザ
コンパニオンプランツを植えて、無農薬で家庭菜園を行う
キュウリの本来の栽培方法:地這い栽培
家庭菜園やガーデニングを楽しむには、良質な土が必要である
家庭菜園やガーデニングに適した土の見分け方:良い土の条件
サツマイモを甘く育てる「つる返し」とは:家庭菜園の裏ワザ
玉ねぎの収穫量を増やす方法:家庭菜園の裏ワザ
大根を甘く育てる方法:家庭菜園の裏ワザ
ニンジンを甘く真っ直ぐ育てる方法:生命力を引き出す栽培法
ホウレンソウを甘く育てる方法:家庭菜園の裏ワザ
DIYで簡単に花壇を作る方法:花壇用ブロックを活用する