外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

大根を甘く育てる方法:家庭菜園の裏ワザ

 

家庭菜園の中で、大根は人気の野菜です。栽培が簡単な上に、多くの料理に使えるほど万能だからです。

 

ただ、スーパーなどで売られている大根の中に、「辛い大根」と「甘みのある大根」があるのが分かるかと思います。実は、大根は畑の環境次第で甘く育てることができます。

 

そこでこのページでは、大根を甘く育てる方法を紹介します。これを学ぶことで、甘みのある大根を家庭菜園で栽培できるようになります。

 

 大根を甘くする方法
家庭菜園は、農地のように広い畑で野菜を育てるわけではありません。そのため、多くの種類の作物を育てることができません。

 

しかも、連作(れんさく:同一の種別の植物を同じ場所で育てること)しまうと、連作障害(れんさくしょうがい)を起こしてしまう可能性があります。連作障害とは、地中に連作した作物の天敵となる病害虫が集まり、育ちにくくなってしまうことを指します。

 

そのため、菜園では同一の種類の野菜を同じ場所で栽培してはいけません。育てる野菜の位置を少しずつずらして、毎回異なる場所で育てるようにしましょう。

 

しかし、大根の場合、連作をすればするほど甘みのあるおいしい大根に育ちます。初めて大根を栽培したときは辛くなるものの、同じ畑で連作し続ければ徐々に辛み成分が薄れていき、甘くなっていきます。

 

実際、大根を育てている農家は、春大根を栽培した畑で秋大根を連作します。これにより、生育が盛んになり、甘みのある大根が育ちます。

 

ただ、大根はきちんとした方法で育てなければ、甘く成長するどころか枯れてしまう可能性があります。

 

 大根の育て方
まず、大根の種から紹介します。実は、大根は種の撒き方次第で甘みがあるかどうかが分かれます。

 

大根の種は、一か所に一つだけではなく、一つの場所に5〜6個撒くと良いです。同じところに5〜6個植えることで、一粒しか植えない時に比べて発芽やその後の生育が良くなる傾向があります。さらに、味も甘くなります。

 

なお、何本も大根を育てる場合、20cmは間隔を空けて植えるようにしましょう。

 

一つ目の種が発芽すると、次々と芽を出していきます。このとき、生育が悪かったり周りに比べて形が悪かったりする株がある場合、それらは辛くなる可能性が高いので取り除きます。これを「間引き」と呼びます。

 

ただ、苗が小さいうちは健康な大根を見分けるのが難しいため、間引き作業を合計3回行うことをお勧めします。

 

一回目の間引き作業では、葉が1〜2枚ついた頃に成長具合が良いものを3本残します。次に、葉が3〜4枚程度の時に2本に残します。そして最後は、葉っぱが6〜7枚程度ついたころに最終的な一本を選別します。

 

あとはこれを育てていくだけで、甘くておいしい大根が出来上がります。

 

なお、ホームセンターや園芸センターなどに行けば、苗で販売されている大根もありますので、それを利用しても良いです。

 

ただし、単に大根といっても色々な種類があるため、事前に品種を調べておくことをお勧めします。

 

例えば、辛み大根やネズミ大根など、辛みを強調した大根は甘く育てることができません。そのため、甘い大根を作りたい場合は、種や苗を販売している店員さんに品種を尋ねるようにしましょう。

 

このページで述べてきた通り、大根は育て方で甘みのあるものを栽培することができます。手間暇をかけて、スーパーなどで売られている大根よりもおいしく育て上げてください。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


大根を甘く育てる方法:家庭菜園の裏ワザ 関連ページ

エクステリアの見栄えを華やかにするガーデニング:基礎知識
家庭菜園の基本:野菜の成長を促進させる畑の耕し方
肥料の効き目をコントロールする方法:家庭菜園の豆知識
土壌病害を防ぎ、畑の土質を改善させる方法:有機資材を活用
家庭菜園の野菜をアブラムシ・害虫から守るバンカープランツ
家庭菜園を行わない冬期は春に備えて栄養価の高い土壌を作る
ガーデニングや家庭菜園の基礎知識:肥料と堆肥の違い
ジャガイモを病害虫に強く育てる方法:家庭菜園の裏ワザ
茄子の収穫期間を延長させる方法:家庭菜園の裏ワザ
コンパニオンプランツを植えて、無農薬で家庭菜園を行う
キュウリの本来の栽培方法:地這い栽培
家庭菜園やガーデニングを楽しむには、良質な土が必要である
家庭菜園やガーデニングに適した土の見分け方:良い土の条件
サツマイモの形をコントロールする方法:家庭菜園の裏ワザ
サツマイモを甘く育てる「つる返し」とは:家庭菜園の裏ワザ
玉ねぎの収穫量を増やす方法:家庭菜園の裏ワザ
ニンジンを甘く真っ直ぐ育てる方法:生命力を引き出す栽培法
ホウレンソウを甘く育てる方法:家庭菜園の裏ワザ
DIYで簡単に花壇を作る方法:花壇用ブロックを活用する