外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

新築外構(エクステリア)工事で安い業者に依頼すると失敗する

 

外構工事をする際、一番初めに考えなければいけないこととして、予算の設定が挙げられます。この時、誰しもが考えることとして「安さ」を求めるはずです。

 

新築工事と同時に考えるのであれば、数千万もする家と外構を同時に考えなければなりません。そうなると、どうしても安い工事ばかりを求めてしまいます。外構のみの工事をする場合でも同じですが、安さばかりを求めてしまうと、確実に損をしてしまいます。

 

この内容について、以下の動画で詳しく解説しています。

 

 

 安さを求めると損をする理由
外構工事は安くありません。ブロックを並べるだけであっても、工事には何十万円という単位の高額な金額がかかってきます。なるべく金額を抑えたいという気持ちは痛いほど分かります。

 

全く同じ内容の工事であっても、数十万円単位で価格が違ってしまうことは多いです。そのため、「同じ内容の工事なら安い方がお得じゃないの?」と考えるのが普通です。

 

しかし、安い工事をすると言うことは質を落とさなければできないのです。いくつか例を挙げていきます。

 

最初に、駐車場の工事を行う場合についてです。材料や人工(作業員)にかかる経費を考えると、駐車場工事には最低でも100万円かかりますここでは、例えば「エクステリア業者A」は、最低100万円かかる工事に120万円の見積もりを出します。

 

一方、「エクステリア業者B」は全く同じ駐車場工事に見積もりを90万円で出してきました。A社とB社では30万円の差額が生じています。

 

この事例の場合、大半の人が「全く同じ工事で30万円も差額があるのであれば、「B社にしよう」と思うはずです。ただ、ここで今一度よく考え直してみなければいけません。

 

B社の場合、最低100万円かかる工事を10万円も安く請けています。B社の考え方としては「なんとか仕事をとって、質を落とせば問題ない」と考えています。仮に、3工程あるとすれば、2工程で済ませて利益を上げようとしています。要は手抜き工事です。

 

お客様の立場であれば、安さ以上の魅力は無いかもしれません。しかし、上記の事例の場合では最低価格以下の仕事を依頼しているということになります。

 

最低価格以下の工事の結末には、以下のような悲劇が待ち構えています。

 

 ・イメージしていたものと全く違った、みすぼらしい外観になってしまった
 ・作ってもらったばかりの駐車場のコンクリートがひび割れてしまった
 ・素人の目線で見ても、明らかに仕事が汚い
 

安い商品を買うと、すぐに壊れてしまうのと同じように、最低限の予算であれば安物しか作れません。

 

後悔してからでは遅いです。「値段が安い」と思って頼んだ工事に納得がいかなくても、外構工事自体がなため、すぐにやり直すことがなかなかできません。

 

例えエクステリア業者Bに文句を言っても「安い値段の工事なので仕方がありません」としか言いません。工事が安く済んだと思っていたのに、修復工事に数十万円も余分にかかってしまったら元も子もありません。

 


 安さを売りにしている業者は、値段を下げないと仕事がとれない
エクステリア業者だけでも数えきれないほどの会社が存在しています。その中でお客様に選んでもらうためには、特別な魅力がなければ判断基準に入ることさえできません。

 

そこで、ほとんどの業者が行うのは「値下げ」です。値段を下げて複数の工事をこなして利益をあげているのです。そのためには、工事自体の質を下げなければ不可能です。

 

値下げで勝負をしている業者の9割以上が自転車操業です。質より量を重視しているので、当然ながら、お客様の望むような工事ができません。

 

安いからと言ってそれだけで工事を決めてしまうと、後悔しか残りません。そもそもの工事費用が高額なのには、しっかりと理由があります。

 

言葉巧みにお客様を引き寄せて、工事の契約が済めば「はい、さようなら」となってしまいます。実際には、悪質な業者で溢れ返っていることを忘れてはいけません。

 

値段には質が関係していると思わなければいけません。本当に質のいい工事をしてもらいたいと思うのであれば、見合った予算を用意しましょう。

 

「安い工事=手抜き工事」

 

この方程式は9割以上の業者に当てはめることができるのです。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


新築外構(エクステリア)工事で安い業者に依頼すると失敗する 関連ページ

外構工事業者の選び方:悪徳業者を選択枠から排除する方法
エクステリア工事を依頼した業者が倒産すると工事がストップする
外構(エクステリア)工事とは、お庭の造園工事のことである
外構(エクステリア)工事を行う前に必ず学ぶべき5つのこと
安心して外構工事を依頼できる失敗しない外構業者の選び方
外構(エクステリア)工事は必ず各社に相見積もりを行うこと
おしゃれな外構工事(エクステリア工事)を行い隣家に差をつける
外構工事を行い、フェンスやブロック塀で目隠し設ける
新築外構工事を行う際、近隣の方に手土産をもって挨拶に行く
外構(エクステリア)工事の費用・価格で業者を選んではいけない
外構(エクステリア)のリフォームを行う際の業者選びの注意点
「外構専門業者」と「ホームセンター」と「住宅メーカー」の違い
外構(エクステリア)工事で設計通りに作るための現場合わせとは
新築や外構(エクステリア)の失敗は手抜き工事が9割以上
新築や外構(エクステリア)の失敗は基礎の手抜き工事が原因
外構(エクステリア)工事の費用を安くするたった一つの方法
あなたの外構(エクステリア)工事の見積りが高い理由
外構工事で工事費用を抑え、手抜き工事を未然に防ぐ成功法則
外構工事を行う理由を明確にしなければ、大きく損をする
外構(エクステリア)工事バリアフリーを検討する際の考え方
新築外構の予算は曖昧にせず50万・100万円と明確にする
新築外構の工期を依頼から完成・引き渡しまでの流れで把握する
新築外構工事のトラブルを未然に防ぐ方法:全て書面に残す