外構工事を行いたい方と優良業者を結ぶ「第三者機関」

見積り外構工事:優良なエクステリア業者を無料で紹介・提案のロゴと電話番号、営業時間案内

外構(エクステリア)工事の費用を安くするたった一つの方法

 

外構工事(エクステリア工事)を行おうと考えたとき、ほとんどの方は住宅メーカーやホームセンターなどの大手企業に依頼をします。

 

ただ、これら大資本の大手企業へ工事の依頼をしても、その企業は工事を行いません。

 

実際に工事を行うのは、「下請け業者」と呼ばれる人達です。大資本の大手企業が下請け業者に工事を依頼するため、このときにマージン(手数料)が発生します。これを確保しなければいけないので、工事費用が高くついてしまいます。

また、工事を行うのは外構専門業者(エクステリア業者)ではありません。工事全般を一通りできる職人さんが工事を行います。

 

そのため、自社でデザインを行うことがなければ、オシャレな外構を提案することもできません。下請け業者が行う工事は、元請け業者(工事を依頼された業者)が決めた一定のデザインを再現するだけの業者です。

 

一方、外構を専門で工事を行っている業者はデザイン性に優れている上に、工事費用をグッと抑えることが可能です。しかし、外構を専門で工事を行っている業者の中にも、無駄な工事を行う手際の悪い業者がいることも事実です。

 

そこで、工事の中でも「分野を絞って活躍している職人」に仕事をお願いすることで、工事費用を抑えることができます。専門業者を上手に選別できる業者こそ優良な外構専門業者といえます。専門業者が工事を行うメリットを以下にまとめました。

 

 専門業者には誰も勝てない
全ての業者に共通していえることですが、工事を自社で行う会社は極めて少ないです。なぜなら、「クオリティーの高い工事を行うことが難しい」からです。外構専門業者はデザインを主に行っており、依頼された工事に応じて専門業者へ仕事を依頼しています。

 

外構専門業者は同じ理念を持つ専門的技術を持つ業者を集め、業務提携を行い一つのグループを形成しています。そうすることで工事のクオリティーが上がり、仕事量が安定するため工事費用を安く済ませることができます。

 

例えば、ブロックを積み上げてブロック塀を設ける工事を行うとします。専門業者でない職人さんも工事を行うことができるのですが、ブロック積みを専門で行っているわけではありません。そのため、作業スピードが落ちる上に、ブロック積みを専門で行っている業者のクオリティーには足元にも及びません。

 

一方、ブロック積みやタイル張りを専門で行っている「左官屋さん」に工事を依頼すれば、スピーディーかつハイクオリティーな工事を期待することができます。

 

住宅メーカーやホームセンターなどの大手企業との最大の違いは、「共に仕事を行っていること」です。大手企業のように、工事を下請けに丸投げをしてマージンだけ抜き取っているだけの作業とは異なり、外構専門業者は臨機応変に業者を振り分けて質の高い工事を行います。

 

さらに、前述の通り、業務提携しているので工事費用も安く済ませることができるということです。

 

 専門業者を率先して利用する
また、工事の時間短縮を行ってくれる業者も多数あります。工事では人件費が一番高額なため、可能な限り人件費を浮かせ、工事費用を抑える必要があります。

 

例えば、コンクリートを使用する工事はとても重労働なため、どうしても人件費が必要になります。そこで、コンクリートポンプ(右の写真の機械)という機械を使用することで、人件費と作業時間を大幅に削減することができます。コンクリートは工場を出荷してから「90分以内に流し込まなければいけない」という決まりがあります。

 

外構工事で行う一般住宅の駐車場をコンクリート舗装する場合、手作業でコンクリートを流し込もうとすると、最低でも3人以上の職人さんが必要になります。3人以上の人件費をかけても、手で運ぶことができるコンクリートは限られているので、半日近くの作業時間が必要となります。

 

コンクリートを使用する工事で半日も時間を使用すると、人件費だけでなくコンクリートの品質も心配になってきます。

 

しかし、コンクリートポンプを使用すれば、現場で作業を行う職人さんは1人だけでも工事を行うことができます。さらに、一般住宅の駐車場程度の規模であれば、1時間程度でコンクリートを流し込むことが可能です。

 

このように、ブロックを並べるだけの業者やコンクリートを流し込むだけの業者が存在することから分かる通り、専門で工事を行っている業者は無数に存在します。これらの業者が専門で工事を行う理由は、前述の通り、質と速度の両方を兼ね備えた工事を期待できるからです。

 

なお、自社で設計やデザインから施工までを一貫して行っている業者も中にはいます。ただ、工事を行うのは職人のため、工事日数がかかってしまえば工事費用は高くついてしまいます。安易に業者を選んでしまうと、失敗してしまう可能性が高くなります。

 

外構工事を行う業者選びのポイントは、優良な専門業者と業務提携を多く結んでいる業者を選ぶことが大切です。また、デザインや設計から施工までを一貫して行っている業者を選ぶ場合、きちんとした実績がある業者を選ぶようにしましょう。

 

外構工事(エクステリア工事)に優れた専門業者を紹介します


疑問に全てお応えします

「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。 スタッフが丁寧にお答えします。

また、最良の工事を行うためには、最低限の知識が必要です。そこで今回、お問い合わせいただいた方に対して、エクステリア工事を行うために必要なエッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子には、一般の人では絶対に知らないような「業界の中だけで出回っている情報」まで載せています。エクステリア業界からの反発を覚悟の上で、「優良業者を見極める5つの判断基準」「エクステリア工事で損をしない価格決定法」「工事費用を抑えるための企業選別法」など、ありのままに公開しています。

外構工事で失敗しない小冊子


電話でお問い合わせしたい場合、通話無料の下記のフリーダイヤルにかけてください。メールでの資料請求の場合、下のボタンをクリックしてお進みください。

外構工事(エクステリア工事)の無料一括見積りのご依頼・ご相談

受付 電話番号

メールフォームからは24時間365日対応

ご利用者様からの「お喜びの声」がたくさん届いています


お客様インタビュー




ご利用者様の声


外構(エクステリア)工事の費用を安くするたった一つの方法 関連ページ

外構工事業者の選び方:悪徳業者を選択枠から排除する方法
エクステリア工事を依頼した業者が倒産すると工事がストップする
外構(エクステリア)工事とは、お庭の造園工事のことである
外構(エクステリア)工事を行う前に必ず学ぶべき5つのこと
新築外構(エクステリア)工事で安い業者に依頼すると失敗する
安心して外構工事を依頼できる失敗しない外構業者の選び方
外構(エクステリア)工事は必ず各社に相見積もりを行うこと
おしゃれな外構工事(エクステリア工事)を行い隣家に差をつける
外構工事を行い、フェンスやブロック塀で目隠し設ける
新築外構工事を行う際、近隣の方に手土産をもって挨拶に行く
外構(エクステリア)工事の費用・価格で業者を選んではいけない
外構(エクステリア)のリフォームを行う際の業者選びの注意点
「外構専門業者」と「ホームセンター」と「住宅メーカー」の違い
外構(エクステリア)工事で設計通りに作るための現場合わせとは
新築や外構(エクステリア)の失敗は手抜き工事が9割以上
新築や外構(エクステリア)の失敗は基礎の手抜き工事が原因
あなたの外構(エクステリア)工事の見積りが高い理由
外構工事で工事費用を抑え、手抜き工事を未然に防ぐ成功法則
外構工事を行う理由を明確にしなければ、大きく損をする
外構(エクステリア)工事バリアフリーを検討する際の考え方
新築外構の予算は曖昧にせず50万・100万円と明確にする
新築外構の工期を依頼から完成・引き渡しまでの流れで把握する
新築外構工事のトラブルを未然に防ぐ方法:全て書面に残す